広報たかさご12月号 No.837 平成26(2014)年

 表紙

第18回 高砂観月能 こども仕舞教室(11月8日(土曜) 高砂神社能舞台)

 

目次

平成25年度決算の状況・・・・・2

こんにちは農業委員会です・・・4

ごみ処理広域化・・・4

美化センターからのお知らせ・・・5

のびのびすこやか 子育て支援センターからのお知らせ ・・・6

曽根公民館登録グループを紹介します・・・7

市民病院からのお知らせ・・・・・8

マイタウン10・11月のスナップ・・・・・18

 

<目次にもどる>

 

人口と世帯(11月1日現在、外国籍人口を含む)

人口/93,896(マイナス31) 世帯/38,937 (プラス26)

人口の内訳 男/45,919 (マイナス27) 女/47,977 (マイナス4)

 

 <目次にもどる>

 

平成25年度 決算

一般会計

 歳入総額は410億8‚645万円、歳出総額は405億7‚839万円で、差額は5億807万円でしたが、ここから翌年度に繰り越した事業に充てられる財源6‚112万円を差し引き、4億4‚695万円の黒字となりました。また、財政調整基金取り崩し額などを反映した実質単年度収支は4億3‚127万円の赤字となりました。

 

歳入 410億8,645万円
市税 167億649万円

構成比 40.7パーセント

 固定資産税 89億7,390万円

 市民税 55億8,543万円

 都市計画税 13億4,293万円

 市たばこ税 6億5,102万円

 軽自動車税 1億5,321万円

 

市債 98億4,913万円

構成比 24.0パーセント

 

国・県支出金 73億9,442万円

構成比 18.0パーセント

 

地方消費税交付金、地方交付税、地方特例交付金など 30億9,438万円

構成比 7.5パーセント

 

諸収入、繰入金、財産収入、寄附金 22億9,516万円

構成比 5.6パーセント

 

繰越金 5億5,120万円

構成比 1.3パーセント

 

使用料および手数料 5億4,316万円

構成比 1.3パーセント

 

分担金および負担金 4億4,703万円

構成比 1.1パーセント

 

地方譲与税 2億548万円

構成比 0.5パーセント

 

歳出 405億7,839万円
民生費 113億8,870万円

高齢者や障がい者、子どものための福祉の費用

構成比 28.0パーセント

市民1人当たり 120,760円

主な事業 高砂市ユーアイ福祉交流センターの建設(2億4,704万円)

 

諸支出金 64億4,893万円

他の支出科目に含まれない費用

構成比 15.9パーセント

市民1人当たり 68,381円

主な事業 工業公園の代位弁済(62億円)など

 

衛生費 47億3,773万円

ごみ、し尿処理や保健衛生などの費用

構成比 11.7パーセント

市民1人当たり 50,236円

主な事業 がん検診の推進(1,513万円)など

 

教育費 40億5,126万円

小・中学校、幼稚園、生涯学習などの費用

構成比 10.0パーセント

市民1人当たり 42,957円

主な事業 北浜幼稚園の改築(1億4,503万円)など

 

総務費 38億4,527万円

財産管理や企画・税務事務などの費用

構成比 9.5パーセント

市民1人当たり 40,773円

主な事業 コミュニティバスの運行(2,907万円)など

 

土木費・都市計画費 35億4,633万円

道路や公園などの整備の費用

構成比 8.7パーセント

市民1人当たり 37,603円

主な事業 木曽町南北道路新設用地の買収(1億4,056万円)など

 

公債費 32億5,921万円

国や金融機関から借り入れたお金の返済

構成比 8.0パーセント

市民1人当たり 34,559円

 

その他 33億96万円

商工費、労働費、議会費、農林水産業費など

構成比 8.2パーセント

市民1人当たり 35,002円

主な事業 阿弥陀地区ため池の改修(1,300万円)など

 

特別会計

一般会計のほかに特別な事業を行うための特別会計が4会計あります。

事業 国民健康保険事業

歳入 106億2,647万円(2.1パーセント増)

歳出 104億2,887万円(2.7パーセント増)

 

事業 下水道事業

歳入 57億7,156万円(1.9パーセント増)

歳出 57億3,346万円(1.9パーセント増)

 

事業 後期高齢者医療事業

歳入 9億6,549万円(3.0パーセント増)

歳出 9億4,569万円(3.3パーセント増)

 

事業 介護保険事業

歳入 60億135万円(4.3パーセント増)

歳出 59億6,389万円(3.9パーセント増)

 

合計 

歳入 233億6,487万円(2.6パーセント増)

歳出 230億7,191万円(2.8パーセント増)

 ※ ( )は対前年度比

 

企業会計

地方公営企業法の全部または一部の適用を受ける企業会計が3会計あります。

収益的収支とは日々の営業活動に伴って発生する収入と支出をいい、資本的収支とは企業債の元金償還などの費用とその財源となる収入、建物・施設の建設といった支出の効果が次年度以降に及ぶものをいいます。

事業 水道事業

収益的収入 12億8,728万円

収益的支出 13億2,794万円

資本的収入 4億553万円

資本的支出 7億2,883万円

 

事業 工業用水道事業

収益的収入 2億5,927万円

収益的支出 2億5,927万円

資本的収入 0円

資本的支出 0円

 

事業 病院事業

収益的収入 59億1,569万円

収益的支出 55億6,754万円

資本的収入 5億8,135万円

資本的支出 10億7,467万円

 

財政健全化の指標

 次のいずれかの比率が早期健全化基準を超えると自主的な改善が義務付けられる「財政健全化団体」に、それより悪い財政再生基準を超えると、国の管理のもと確実な再生が求められる「財政再生団体」となります。

 

高砂市はいずれの指標も基準を下回っています。

実質赤字比率

財政運営の深刻度

福祉、教育、まちづくりなどの一般会計の赤字

赤字なし

早期健全化基準 12.50パーセント

財政再生基準 20.00パーセント

 

連結実質赤字比率

全体の運営の深刻度

すべての会計の赤字や黒字を合算し、市全体としての赤字

赤字なし

早期健全化基準 17.50パーセント

財政再生基準 30.00パーセント

 

実質公債費比率

資金繰りの危険度

借入金の返済およびこれに準じる額の大きさ

9.1パーセント

早期健全化基準 25.0パーセント

財政再生基準 35.00パーセント

 

将来負担比率

将来財政を圧迫する可能性

借入金(地方債)や将来支払っていく可能性のある負担など

86.0パーセント

早期健全化基準 350.0パーセント

財政再生基準 設定なし

 

資金不足比率

公営企業の経営状況の深刻度

公営企業の資金不足額が事業規模に占める割合

不足なし

早期健全化基準 20.0パーセント

(経営健全化基準)

財政再生基準 設定なし

 

たかさご未来寄附金

平成25年度

265件 4,662,000円

ありがとうございました。

 

 高砂市に興味を持っていただいている人や将来高砂市に住みたいとお考えの人、高砂市で過ごされたことのある人、高砂市で結婚式を挙げられた人など、さまざまな人のご支援ご助力をお願いしています。

 市外でお住まいのご家族、ご親戚、ご友人にも声をかけていただき、ふるさと「高砂」の応援をよろしくお願いします。

 

<目次にもどる>

 

こんにちは農業委員会です 農業委員会事務局 電話443-9059

農業委員会へ申請・届け出を

 次の場合は農業委員会へ申請や届け出が必要です。

◇相続などにより農地を取得した

◇農地を売買・貸借したい

◇農地を宅地や駐車場などに転用したい

◇農業用倉庫を建てたい

◇田を地上げして畑にしたい

◇賃借権(小作)を解約したい

※ 手続きをしなかった場合は農地法違反となり罰則が適用されることがありますので、ご注意ください。

 また、農業委員会では、次のような証明書の発行も行っています。

◇非農地証明

◇農業者(営農)証明

◇耕作証明

◇小作地証明

◇相続税等の納税猶予に関する証明

※ 申請方法など詳しくは、農業委員会事務局までお問い合わせください。

 

相続した農地は適正管理を

 農地を相続した人が、耕作せずに放置すれば、遊休農地(荒れ地)となってしまう恐れがあります。遊休農地になると、草木が生い茂り、病害虫や獣害が発生したり、日照の妨げになったり周囲に多大な迷惑を引き起こします。一度荒廃すると、きれいな農地に復元するには莫大な労力や経費がかかってしまいます。

 また、相続税・贈与税の納税猶予を受けている農地を荒らしてしまうと、猶予が打ち切られ相続税がかかることになります。

 遊休農地にならないように草刈りをしたり、自分で耕作できない場合は農地を使ってくれる農業者に借りてもらうなどして管理するよう努めましょう。

 

農業者年金に加入しましょう

 農業者年金は農業者の老後への備えです。60歳未満の国民年金第1号被保険者であって年間60日以上農業に従事している人は誰でも(配偶者や後継者も)加入できます。

 終身年金で80歳までの保証付きです。社会保険料控除の対象ですので、節税になります。

※ 詳しくは、農業委員会までお問い合わせください。

 

農業委員選挙人名簿の登載申請

 農業委員選挙人名簿は毎年1月1日現在で、農業者からの登載申請に基づいて作成することになっています。選挙人となるのは次の要件をすべて満たす人です。

◇10アール以上の農地につき耕作の業務を営む人およびその同居の親族または配偶者で、年間約60日以上耕作に従事した人

◇20歳以上の人(平成27年4月1日現在)

◇市内在住の人(平成27年1月1日現在)

※ 登載申請は、毎年11月下旬から12月に地区の農会長を通じて行っていますので、期限内に必ず提出してください。

 

 農地に関することは、農業委員会事務局または各農業委員にご相談ください。

 

 <目次にもどる>

 

 

ごみ処理広域化Vol.18 

広域ごみ処理施設整備事業についてよくある質問(パート1)

広域ごみ処理施設建設推進室 電話448-8766

 現在、東播2市2町(高砂市、加古川市、稲美町、播磨町)では、平成34年4月の施設稼働に向け、広域ごみ処理施設整備事業を進めています。事業を進めていくなかで、市民の皆さんから、さまざまなご質問をいただいています。今回は、その中からよくある質問について、お答えします。

 

質問 広域(2市2町)でごみ処理することによって、どのような効果がありますか。

回答 平成25年4月に行ったごみ処理広域化に関する市民説明会資料より、広域化による削減効果は次の通りです。

 

施設建設費(事業費ベース)

全体事業費 221億円

市単独設置の時 (1) 63億円

広域で行った時の高砂市の負担 (2) 49.5億円

削減分(1)-(2) 13.5億円

 

維持管理費(※)

全体事業費 15億円/年

市単独設置の時 (1) 9.1億円/年

広域で行った時の高砂市の負担 (2) 3.35億円/年

削減分(1)-(2) 5.75億円/年

 

※ 現在の高砂市美化センターでは年間11億円以上の維持管理費がかかっています。現状と比較すれば広域化の場合は、年間約7億円を上回る経費削減が見込めます。(金額はすべて試算であり、建設費が高騰しており、今後精査を行っていきます。)

 

 また、既設(旧ごみ処理施設・旧粗大・不燃ごみ処理施設・現処理施設)の解体費用についても、2市2町で負担することにより、市単独で解体する場合の負担額11億円に比べ約8.5億円の経費節減となります。以上のように経費に係る効果は十分認められますが、環境面ではごみ搬入車両の増加などによる環境負荷の増加が見込まれますので、周辺環境に配慮した対策を講じていきます。

 

質問 もっとごみの減量化をした上で、小さい規模の施設を設置すれば良いのでないか。

回答 計画中の施設は、稼働する平成34年度までに、平成22年度と比較して2市2町全体で可燃ごみを約18パーセント(市は約22パーセント)減量することを見込んで、規模を決定しており、過大な施設計画ではありません。なお市では、市民の皆さんのご協力のもと、ごみ減量化に取り組み、可燃ごみ量は減少していますが、さらに平成25年度の可燃ごみ量から13.5パーセントの減量が必要です。なお一層のごみ減量化のご協力をお願いします。

 

 

<目次にもどる>

 

 

美化センターからのお知らせ

年末年始は、たくさんのごみが出ます。 ■ごみに関すること 業務施設課業務第1係 電話448-5220 ■し尿に関すること 業務施設課業務第2係 電話447-1157

ごみ出しマナー、ごみの分別を守って速やかな収集にご協力をお願いします。

◇家庭ごみは、必ず分別し、当日の朝8時までに出してください。分け方・出し方は「平成26年版家庭ごみの分け方・出し方」を参考にしてください。

◇ごみ収集車の火災事故などの原因となりますので、カセットボンベ、スプレー缶は、必ず穴を開けてから空き缶の日に出してください。

◇大掃除などで発生した多量の片付けごみ、引っ越しごみ、庭木の剪定くず、刈り草などは、美化センターに直接自己搬入(有料)するか、収集運搬許可業者に収集を依頼(有料)してください。

◇油などの液状物は、収集時に中身が飛び散り、歩行者や収集作業員、通行車両などにかかるため、布などに染み込ませるか凝固剤などで固めて、他の燃えるごみと混ぜて出してください。

◇新聞、雑誌(雑紙)、ダンボールなどは、燃えるごみの日に出さずに、地域の資源ごみ集団回収を活用するか、紙類・布類の分別収集の日に出してください。

  ごみの再資源化と減量化にご協力をお願いします。

 

年末年始の美化センター

12月31日(水曜) から1月4日(日曜)は休業します

◆年末年始の燃えるごみ収集日程

 年末最後の収集日

 ◇月・木曜日収集地区 12月29日(月曜)

 ◇火・金曜日収集地区 12月30日(火曜)

 年始最初の収集日

 ◇月・木曜日収集地区 1月5日(月曜)

 ◇火・金曜日収集地区 1月6日(火曜)

 

◆年末年始のごみの自己搬入

 年末の受付 12月30日(火曜) 9時から11時30分 13時から15時30分

 年始の受付 1月5日(月曜) 9時から11時30分 13時から15時30分

 ※ 年末年始は、混雑が予想されます。ご了承ください。

 ※ 土・日曜は休業

 

◆年末年始のし尿の収集

 年末最後の収集日 12月30日(火曜)

 年始最初の収集日 1月5日(月曜)

 ※ 年末のし尿の収集受付は、12月25日(木曜)までに業務施設課業務第2係までお申し込みください。

 

電動式生ごみ処理機の購入費を助成しています! 美化センター計画管理課 電話448-5260

 電動式生ごみ処理機を使用すれば、生ごみを堆肥化し、プランターや家庭菜園の有機質肥料として活用できるため、生ごみの減量とリサイクルに大変有効です。

 また、ごみ出しの手間が減るなど次のような効果もあります。

◇キッチンはいつも清潔

◇生ごみの臭いを抑制

◇ごみ汁が垂れる心配がない

◇生ごみの置き場所に困らない

受付期間 から平成27年3月31日(火曜)

対象者 市内在住で市税を滞納していない人

※ 事業者は対象外

対象機器

◇家庭用として市販されている電動式生ごみ処理機

※ ディスポーザは対象外

◇平成24年4月以降に購入したもの

助成金額・台数

◇購入金額の半額

※ 税抜・千円未満切り捨て、上限3万円

◇50台

※ 助成残り台数41台(10月末現在)

必要書類

 申請書兼請求書、領収書、保証書、住民票、市税の完納証明書

受付場所

 美化センター計画管理課

※ 申請書は、美化センター計画管理課、本庁受付、各市民サービスコーナー・市民コーナーにあります。

 

 

<目次にもどる>

 

のびのびすこやか 子育て支援室からのお知らせ  

子育て支援センター 電話442-2242

申込方法 電話で子育て支援センターまで

つどいの広場

【共通】

対象 就園前の親子

定員 各15組

●12月の親子遊び

とき 月・水・木曜日 9時から12時、13時から15時

※ 都合の良い時間にお越しください。

ところ 子育て支援センター

◇月曜日

1日 布を使って遊ぼう

8日 わらべうたで遊ぼう

15日 フープで遊ぼう

22日 2歳からの集い

◇水曜日

3日 集まれ!1歳児

24日 クリスマスで遊ぼう

◇木曜日

4日 作って遊ぼう

11日 赤ちゃんわらべうた

18日 お話し大好き

●レッツゴー♪つどい

とき 12月17日(水曜) 10時30分から11時30分

ところ 阿弥陀公民館

内容 わくわくクリスマス

受付日 12月11日(木曜)・12日(金曜)

 

子育て講座Ⅰ 子育てホットタイム

とき 12月19日(金曜) 10時から11時30分

ところ 南庁舎5階大会議室

内容

◇楽しい子育て~トーク&ハッピーアドバイス~

◇お楽しみクリスマス会

対象 就園前の親子

定員 30組

※ 託児有

受付日 12月8日(月曜)・9日(火曜)

 

きらきらクリスマス

とき 12月10日(水曜) 10時から11時30分

ところ 生石研修センター

内容 サンタと遊ぼうトーンチャイム演奏

対象 就園前親子

定員 50組

受付期間 12月3日(水曜) から5日(金曜)

 

北部子育て支援センター 電話433-8866

【共通】

ところ 北部子育て支援センター

対象 就園前の親子

定員 各10組

申込方法 電話で北部子育て支援センターまで

 

つどいの広場

●12月の親子遊び

とき 火・金曜日 9時から12時

※ 都合の良い時間にお越しください。

◇火曜日

2日 ポンポンで遊ぼう

9日 お話し大好き

16日 作って遊ぼう

◇金曜日

5日 赤ちゃんわらべうた

12日 集まれ!1歳児

26日 リズムで遊ぼう

 

12月のおはなしルーム

◇読み聞かせ会 11日(木曜)

◇おはなし会 15日(月曜)

※ いずれも10時30分から11時30分

 

休日保育のご利用を! みどり丘保育園 電話442-1020

 日曜日、国民の祝日に保護者の勤務などにより家庭で保育ができない人のために、休日保育事業を実施しています。

ところ みどり丘保育園

対象 現在、保育園に通園している児童で、休日に家庭で保育ができない市内在住の児童

※ 0歳児を除く

定員 10人

持ち物 着替え、弁当、水筒、帽子

※ 申込方法など詳しくは、みどり丘保育園まで

 

ファミリーサポートセンター 電話442-0555

【共通】

とき 12月10日(水曜)

ところ 福祉保健センター

しめ切り 12月8日(月曜)

申込方法 電話でファミリーサポートセンターまで

 

クリスマス交流会 10時から11時

内容 人形劇団『がらがらどん』と遊ぼう

対象 ファミリーサポートセンター会員、ファミリーサポートセンターに関心のある人

定員 30組

 

第3回入会説明会 11時から12時

対象 おおむね生後6カ月から小学校6年生の子どもがいる市内在住または在勤の子育て援助を受けたい人

定員 30人

一時保育 5人

※ 6カ月以上の子ども

 

<目次にもどる>

 

曽根公民館登録グループを紹介します。 曽根公民館 電話448-4798

 曽根公民館は、20グループ約250人が、心の豊かさや生きがいを求め、趣味の向上や健康の維持増進にむけて、自分たちに合ったスタイルで楽しく活動しています。

 公民館で学んできたことは、毎年3月第1土・日曜日の「曽根公民館まつり」で発表します。芸能発表会や手芸、絵画、書道など作品の展示会、そして体育系のグループごとに喫茶室を設けて、地域の人たちに親しんでいただいています。

 各グループ内でのコミュニケーションはもちろん、それぞれのグループの枠を超えて全体のレクリエーションとしてバス旅行などを行い、楽しく交流しています。このような活動を通じて友達の輪も広がっています。

 興味のある人は、遠慮なくご相談ください。新しい分野の新設活動もOKです。皆さんの「学びたい、上達したい」を応援します。

曽根公民館 登録グループ連絡会 会長 秋田 秦輔

 

曽根公民館登録グループ一覧表

学習分野 ヨガ

グループ名 コスモス

活動日 毎週金曜日

時間 10時から11時30分

会費(円) 月1,500

 

学習分野 歌謡

グループ名 カッコー

活動日 毎週火曜日

時間 10時から12時

会費(円) 月3,000

 

学習分野 歌謡

グループ名 ビューテフル・エコー

活動日 毎週金曜日

時間 13時30分から15時30分

会費(円) 月2,000

 

学習分野 太極拳

グループ名 若葉

活動日 毎週土曜日

時間 13時から17時

会費(円) 月2,000

 

学習分野 子育てサークル

グループ名 くれよんクラブ

活動日 1・3週火曜日

時間 10時から12時

会費(円) 月300

 

学習分野 ちぎり絵

グループ名 にじの会

活動日 3週木曜日

時間 9時から12時

会費(円) 月500

 

学習分野 着物着付け

グループ名 装道

活動日 2・4週水曜日

時間 9時30分から11時30分

会費(円) 月500

 

学習分野 日本画

グループ名 花筏

活動日 1・3週土曜日

時間 9時から12時

会費(円) 月2,000

 

学習分野 英会話

グループ名 ピース

活動日 1・3週火曜日

時間 19時から20時30分

会費(円) 月2,000

 

学習分野 民舞

グループ名 勝布美会

活動日 毎週水曜日

時間 9時30分から12時

会費(円) 月1,500

 

学習分野 新舞踊

グループ名 藤乃会

活動日 毎週火曜日

時間 13時から16時30分

会費(円) 月2,500

 

学習分野 民舞

グループ名 第一藤美会

活動日 毎週金曜日

時間 13時から16時

会費(円) 月2,500

 

学習分野 民謡・三味線

グループ名 高砂民謡研究会

活動日 1・3週月曜日

時間 13時から15時30分

会費(円) 月1,000

 

学習分野 3Bらくらく体操

グループ名 さくらそう

活動日 毎週火曜日

時間 9時30分から12時

会費(円) 月2,300

 

学習分野 卓球

グループ名 シクラメン

活動日 毎週水曜日

時間 9時30分から12時

会費(円)  年3,000

 

学習分野 卓球

グループ名 すばる

活動日 毎週水曜日

時間 13時から16時

会費(円)  年2,000

 

学習分野 ストリートダンス

グループ名 ぴよんこダンス

活動日 毎週火曜日

時間 19時から22時

会費(円) 月3,000

 

学習分野 ヨガ

グループ名 スマイル

活動日 毎週木曜日

時間 10時から11時30分

会費(円) 月2,100

 

学習分野 書道

グループ名 書道教室

活動日 1・2・4週土曜日

時間 13時から17時

会費(円) 月3,000

 

学習分野 オカリナ

グループ名 わかば・オカリナ

活動日 1・3週月曜日

時間 9時から12時

会費(円) 月200

 

<目次にもどる>

 

 

希望のある医療をめざして 市民病院からのお知らせ 電話442-3981

急募!内科医師を募集しています

知人、友人、親戚に内科医師がいらっしゃれば、ぜひ、市民病院総務課にご紹介ください!!

 全国的な医師不足が続く中、市民病院も医師不足が解消されていません。

 特に内科の医師不足は非常に深刻な状況となっており、診療制限を行わざるを得ない状況まで医師が減少しています。

 つきましては市民の皆さんの人脈を通じた紹介により、医師確保を図りたいと考えています。

 なお、内科医師が過酷な勤務状況となっている中で、しばらくの間、内科診療は、次のとおりとさせていただきますので、ご理解とご協力をお願いします。

 内科医師の負担軽減のため、初診で内科受診する際は、できる限り開業医など他院からの紹介状を持参してください。

 腹痛、便潜血の症状は外科受診となります。(外科・内科が協力して、診断・治療に当たります)

 

休診のお知らせ

 12月27日(土曜) から1月4日(日曜)は休診します。

 

臨時看護補助員募集

勤務体系

◇7時45分から16時

◇11時45分から20時

◇12時45分から21時

※ 週休2日制、休憩時間45分

募集人員 2人

※ ヘルパー資格者および介護職員初任者研修修了者優遇

選考方法 書類、面接

必要書類 履歴書

※ 上記資格者および修了者は証書の写し

賃金 時給 950円

※ 上記資格者および修了者は1,000円

※ 昇給あり、通勤手当支給 

保険 雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険

 

第7回 高砂市民病院健康まつり

 10月25日(土曜)に健康まつりを開催し、たくさんの人で賑わいました。ありがとうございました。

 

 

 <目次にもどる>

 

 

マイタウン10・11月のスナップ
第37回高砂市民音楽祭

▼11月3日(祝日)、文化会館で行われました。出演した各グループは日ごろの成果を発揮し、楽しくステージで歌いました。今年は市制60周年を記念して、関西学院グリークラブの皆さんに特別ゲストとしてお越しいただき会場は大変盛り上がりました。

 

さつまいもほり

▼10月27日(月曜)、カネカ公園東側で行われました。株カネカ高砂営業所のご好意で、幼稚園・保育園児・小学生などが参加しました。

 

浜のかあちゃん料理教室

▼10月8日(水曜)、真浄寺きくなみ保育園で行われました。園児は魚のさばき方や料理の方法を学び、自分たちで作ったお昼ご飯をおいしそうに食べていました。

 

第17回あつまろか「東はりまマダン」

▼10月5日(日曜)、文化会館・福祉保健センターで行われました。中ホールでは各国の民族舞踊や音楽などが披露され文化交流を深めました。

 

総合防災訓練

▼11月2日(日曜)、荒井小学校で行われました。地域住民と各関係機関が連携して避難訓練やAED訓練などを実施し、減災意識の啓発と災害対応能力の向上を図りました。

 

協定調印式

▼11月5日(水曜)、災害時に、高齢者や障がい者など、避難所生活に特別の配慮を要する人のために、市内の特別養護老人ホームや障害者支援施設などを福祉避難所として使用させてもらうための協定を締結しました。

 

旧入江家住宅一般公開

▼11月1日(土曜)、兵庫県指定有形重要文化財に指定されている旧入江家住宅(曽根町)が一般公開され、入江家の嫁入り道具などが住宅内で展示されました。

 

Sea Sonic2014

▼10月25日(土曜)、あらい浜風公園で行われました。バンドステージやダンスステージなどがあり、爽やかな秋空のもと屋外音楽を堪能しました。

 

 

<目次にもどる>

 

企画総務部 秘書広報広聴室 広報広聴担当

郵便番号:676-8501

住所:兵庫県高砂市荒井町千鳥1丁目1番1号

電話442-2101(代表) FAX442-3193

http://www.city.tAkAsAgo.hyogo.jp/

 

広報たかさごは再生紙を使用しています

 

 

<目次にもどる>