広報たかさご3月号 No.840 平成27(2015)年

 高砂市制60周年

未来に帆っと高砂

表紙

第5回高砂浜風駅伝競走大会 (2月15日(日)高砂工業公園~あらい浜風公園))

 

目次

 4月1日オープン!「ユーアイ帆っとセンター(高砂市ユーアイ福祉交流センター)」・・・・2

 美化センターからのお知らせ・・・・・・・・・・・・・3

 のびのびすこやか 子育て支援室からのお知らせ・・・・4

 あけぼの(第155号)・・・・・・・・・・・・・・・6

 第21号高砂市消費費生活センターだより・・・・・・・・・8

 希望のある医療をめざして 市民病院からのお知らせ・・・・・・・・・・・・9

 北浜公民館登録グループを紹介します・・・・・・18

 マイタウン1・2月のスナップ・・・・・・・・・・・・・・19

 

 

人口と世帯(2月1日現在、外国籍人口を含む)

人口/93,714(マイナス42) 世帯/38,899 (マイナス10)

人口の内訳 男/45,815 (マイナス23) 女/47,899 (マイナス19)

 

 

4月1日オープン 「ユーアイ帆っとセンター(高砂市ユーアイ福祉交流センター)」

 この施設は、高齢者、障がい者、子育て家庭の交流を推進するとともに、さまざまな人がふれあい相互理解を深めるための活動の拠点となることを目的として誕生します。

 子育て支援センターがユーアイ帆っとセンターに移転し、子育てに関する相談やつどいの広場事業を実施するとともに、親子での遊びの場としてご利用いただけます。授乳室やこどもトイレもあります。

 また、高砂市社会福祉協議会の事務所もセンター内に移転します。

 なお、9室ある交流スペースは、貸館として利用できます。

 

 利用料金一覧(単位:円)
 平日

利用施設 交流スペース1

定員 約30人

午前9時から12時 800円

午後13時から17時 950円

夜間18時から22時 1,450円

午前・午後9時から17時 1,600円

午後・夜間13時から22時 2,300円

全日9時から22時 2,500円

 

利用施設 交流スペース2

定員 約30人

午前9時から12時 750円

午後13時から17時 900円

夜間18時から22時 1,350円

午前・午後9時から17時 1,550円

午後・夜間13時から22時 2,200円

全日9時から22時 2,400円

 

利用施設 交流スペース3

定員 約36人

午前9時から12時 900円

午後13時から17時 1,150円

夜間18時から22時 1,650円

午前・午後9時から17時 1,900円

午後・夜間13時から22時 2,700円

全日9時から22時 2,900円

 

利用施設 交流スペース4

定員 約30人

夜間18時から22時 1,200円

 

利用施設 交流スペース5

定員 約30人

夜間18時から22時 1,150円

 

利用施設 交流スペース6

定員 約30人

午前9時から12時 800円

午後13時から17時 950円

夜間18時から22時 1,450円

午前・午後9時から17時 1,600円

午後・夜間13時から22時 2,300円

全日9時から22時 2,500円

 

利用施設 交流スペース7

定員 約54人

午前9時から12時 1,250円

午後13時から17時 1,500円

夜間18時から22時 2,300円

午前・午後9時から17時 2,600円

午後・夜間13時から22時 2,750円

全日9時から22時 4,050円

 

利用施設 交流スペース8

定員 約27人

夜間18時から22時 1,250円

 

利用施設 交流スペース9

定員 約24人

夜間18時から22時 1,000円

 

土・日、祝日

利用施設 交流スペース1

定員 約30人

午前9時から12時 1‚000円

午後13時から17時 1,200円

夜間18時から22時 1,700円

午前・午後9時から17時 2,050円

午後・夜間13時から22時 2,950円

全日9時から22時 3,200円

 

利用施設 交流スペース2

定員 約30人

午前9時から12時 950円

午後13時から17時 1,150円

夜間18時から22時 1,650円

午前・午後9時から17時 2,000円

午後・夜間13時から22時 2,800円

全日9時から22時 3,050円

 

利用施設 交流スペース3

定員 約36人

午前9時から12時 1,200円

午後13時から17時 1,400円

夜間18時から22時 2,000円

午前・午後9時から17時 2,450円

午後・夜間13時から22時 3,450円

全日9時から22時 3,750円

 

利用施設 交流スペース4

定員 約30人

夜間18時から22時 1,450円

 

利用施設 交流スペース5

定員 約30人

夜間18時から22時 1,400円

 

利用施設 交流スペース6

定員 約30人

午前9時から12時 1,000円

午後13時から17時 1,200円

夜間18時から22時 1,700円

午前・午後9時から17時 2,050円

午後・夜間13時から22時 2,950円

全日9時から22時 3,200円

 

利用施設 交流スペース7

定員 約54人

午前9時から12時 1,650円

午後13時から17時 1,950円

夜間18時から22時 2,800円

午前・午後9時から17時 3,400円

午後・夜間13時から22時 4,800円

全日9時から22時 5,200円

 

利用施設 交流スペース8

定員 約27人

午前9時から12時 900円

午後13時から17時 1,050円

夜間18時から22時 1,500円

午前・午後9時から17時 1,800円

午後・夜間13時から22時 2,600円

全日9時から22時 2,800円

 

利用施設 交流スペース9

定員 約24人

午前9時から12時 700円

午後13時から17時 850円

夜間18時から22時 1,250円

午前・午後9時から17時 1,500円

午後・夜間13時から22時 2,100円

全日9時から22時 2,300円

 

※ 交流スペース123・45・67・89は仕切りを取れば1つの部屋になります。

※ 駐車料金は2時間を超える場合有料。

※ ユーアイ帆っとセンターのホームページを開設しています。

※ 斜線部分については、市の事業で使用するため利用できません。

 

【貸館の受付を開始します】

とき 3月5日(木曜) から

※ 3月31日(火曜)までは平日の9時から17時

ところ ユーアイ帆っとセンター ロビー

持ち物 印鑑

※ 4から6月分までの予約ができます。(7月以降は利用しようとする日の属する月の3カ月前の初日から受付)

※ 予約が重複した場合は抽選になります。

※ 詳しくは、ユーアイ帆っとセンターまでお問い合わせください。

 

【施設の内覧会】

とき 3月2日(月曜)・3日(火曜) 9時から16時

所在地 高砂町松波町440番地の35

電話441-8948

FAX441-8910

 

<目次にもどる> 

 

美化センターからのお知らせ

速やかなごみ収集にご協力を  計画管理課 電話448-5260

 引っ越し、家の片付け、庭木のせん定など一度に多量のごみが発生した場合は、美化センターまで直接搬入(有料)してください。紙類・布類(新聞、雑誌、ダンボール、衣類など)は無料で搬入できます。

 直接搬入できない場合は、高砂市収集運搬許可業者に収集を依頼(有料)してください。許可業者は美化センターにお問い合わせください。

 

※ ごみステーションに多量のごみを出すと、道路上にごみが溢れ、歩行者などの妨げになったり、ごみステーション隣接宅や利用者の迷惑になります。また、通常の収集にも影響し、収集時間の遅れなど支障をきたします。

 

自己搬入の受付

とき 月曜日から金曜日

9時から11時30分

13時から15時30分

※ 祝日を含む

ところ 美化センター

ごみ処理手数料

◇家庭系ごみ 100キログラム 500円

◇事業系ごみ 100キログラム 1,000円

 

 

ごみ処理広域化Vol.20 広域ごみ処理施設建設推進室 電話448-8766

 広域ごみ処理施設に関する事業の運営方式が決定しました

広域ごみ処理施設運営方式検討委員会の報告書(概要版)については、3月中旬に市ホームページに掲載します。

 

事業の運営方式 公設民営方式(DBO方式)

DBO方式とは

 設計(Design)、建設(Build)および長期間の運営(Operate)を一括して民間事業者に発注する方式です。施設の設計・建設時に将来の施設運営を十分に考慮することができます。

 

 東播2市2町(加古川市、高砂市、稲美町、播磨町)で構成する東播臨海広域行政協議会審議会(2月13日(金曜)開催)で、広域ごみ処理施設に関する事業の運営方式が次のとおり決定しました。

 

 事業の運営方式の選定にあたっては、2市2町の行政担当者を委員とした東播臨海広域行政協議会 広域ごみ処理施設運営方式検討委員会を5回開催し、5つの基本方針((1)環境負荷を低減する。(2)循環型社会の構築を目指す。(3)省エネルギーを推進する。(4)経営の効率化を目指す。(5)安全で安定した長寿命化施設を整備する。)に基づき、運営方式毎に評価、比較検討しました。

 

ごみ出しマナーを守ってください! 計画管理課 電話448-5260

 ごみは収集日の当日8時までに地域で指定されているごみステーションへ出してください。指定外のごみステーションに出さないでください。苦情が多発しています。ご協力をお願いします。

 

ごみ収集日程表(平成27年度版)の配布について 計画管理課 電話448-5260

 平成27年度版のごみ収集日程表(ごみの分け方・出し方冊子)は、各地区のごみ減量等推進員、協力員から3月中に各家庭に配布します。1年間大切に保存してご活用ください。

※ 市役所本庁舎正面玄関受付、各市民サービスコーナー・市民コーナーにもあります。(3月2日(月曜) から)

 

 

<目次にもどる>

 

のびのびすこやか  子育て支援室からのお知らせ

【子育て支援センター移転に伴うお知らせ】

 3月24日(火曜) から31日(火曜)の期間は、部屋の利用はできません。北部子育て支援センターをご利用ください。

 

子育て支援センター 電話442-2242

【共通】

ところ 子育て支援センター

対象 就園前の親子

申込方法 電話で子育て支援センターまで

つどいの広場

●3月の親子遊び

とき 月曜日・水曜日・木曜日 9時から12時、13時から15時

※ 都合の良い時間にお越しください。

定員 各15組

◇月曜日

2日 ひな祭りを楽しもう

9日 2歳からの集い

16日 新聞紙で遊ぼう

◇水曜日

4日 集まれ!1歳児

11日 赤ちゃんわらべうた

18日 リズムで運動

◇木曜日

5日 作って遊ぼう

12日 わらべうたで遊ぼう

19日 お話し大好き

 

ありがとう☆さようならの会

 支援センター移転に伴い感謝の気持ちを込めて遊びを楽しみましょう

とき 3月23日(月曜) 10時30分から12時

内容

◇パペット人形劇

◇コンサート

◇お絵かきコーナー

◇バルンアート

◇作って遊ぼう

定員 30組

持ち物 上靴、下靴入れ、水筒、手拭タオル

受付期間 3月16日(月曜) から18日(水曜)

 

ファミリーサポートセンター 電話442-0555

~第4回入会説明会~

とき 3月7日(土曜) 10時から11時30分

ところ 福祉保健センター

対象 子育ての援助を受けたい市内在住・在勤の人で、おおむね生後6カ月から小学6年生の子どもがいる人

定員 20人

一時保育 5人(6カ月以上の子ども)

※ 無料、要予約

しめ切り 3月5日(木曜)

申込方法 電話でファミリーサポートセンターまで

 

北部子育て支援センター 電話433-8866

【共通】

ところ 北部子育て支援センター

対象 就園前の親子

定員 各10組

申込方法 電話で北部子育て支援センターまで

つどいの広場

●3月の親子遊び

とき 火曜日・金曜日 9時から12時

※ 都合の良い時間にお越しください。

◇火曜日

3日 ひな祭りを楽しもう

10日 子育てホットタイム

17日 赤ちゃんわらべうた

24日 集まれ!1歳児

31日 リズムで遊ぼう

◇金曜日

6日 お話いっぱい

13日 運動遊び

20日 作って遊ぼう

27日 2歳からの集い

●3月のおはなしルーム

◇読み聞かせ会 12日(木曜)

◇おはなし会 20日(金曜)

※ いずれも10時30分から11時30分

 

児童発達支援センター高砂市立高砂児童学園 高砂児童学園 電話447-1167

※ 利用方法など詳しくは、高砂児童学園までお問い合わせください。

 ■高砂児童学園は、子ども達が、子どもらしく生活をしていく中で、互いに意識したり、関わろうとする姿を大切にしながら、子どもの「生きる力」を育てるため、言語・知的面に療育支援の必要な子どもたちを対象に一人ひとりの子どもの成長段階や特性に合わせた療育を行っています。

 主に「児童発達支援」として、就学前の子どもを対象に、基本的生活習慣(食事、排せつ、着替えなど)の自立と、遊びを積み重ねて生活経験を豊かにすることを目標とし、子どもたちに、自分自身の経験の中から社会のルールや友だちとのコミュニケーションの力を育み成長するように保育を行っています。

 4月からこの通所利用の「児童発達支援」に加え、新たに児童発達支援管理責任者、相談支援専門員、心理士、相談員を配置し、地域の中核的な療育支援施設である児童発達支援センターとして行政、保健センター、子育て支援センター、教育委員会、地域の保育所や事業所との連携を強化し、一人ひとりの子どもを支えていけるよう以下の事業を行っていきます。

 

例えば、

・子どもの発達のことで気になることがある

・子育てに不安がある

・保育所や小学校などでの集団生活について相談したいことがある

・福祉サービス(放課後等デイサービスなど)を利用したい

このような悩みがあれば、専門の職員が相談に応じますので、お気軽にご相談ください。

 

主な事業内容
 児童発達支援

 子どもの発達状況に応じて、個別にあるいは集団生活の中で発達を促すように支援します。

とき 月曜日から金曜日 10時から14時30分

※ 土曜日・日曜日、祝日を除く

対象 就学前の幼児

定員 30人

 

相談支援

《一般相談》

 言葉の遅れなどや、発達面で気がかりなところのある子どもや、みんなと一緒に遊べない子どものことで悩んでいる保護者の相談を受け付けます。

《計画相談》

 子どもや保護者の立場に立ち、子どもが自立した日常生活や社会生活を送れるよう、子どもの心身の状況やその置かれている環境に応じた計画の作成を一緒に考えます。

とき 月曜日から金曜日 9時から17時

※ 土曜日・日曜日、祝日を除く

対象 18歳未満の児童と保護者など

 

保育所等訪問支援

 保育所などの中で自分らしく過ごすことができるように、お子さんの発達の特性に配慮する点などについて保護者と担当保育士にアドバイスを行います。

とき 月曜日から金曜日 9時から17時

※ 土曜日・日曜日、祝日を除く

対象 保育所や集団生活を営む施設に通う子ども

訪問先 保育所、幼稚園、認定こども園、小学校、特別支援学校

 

親子通園《親子教室》

 親子で参加する保育体験教室。小集団の中で、子ども同士の遊びを通して関わりが持てるよう、遊びの場を提供します。

とき 毎月第2・4水曜日 9時30分から11時

対象 就学前の幼児

※ 臨床心理士などによる個別相談も行っています。

 

<目次にもどる>

 

あけぼの ( 第155号 )  問い合わせ先 高砂市人権教育協議会事務局 電話443-9060

自分と相手を大切にするには、人権に関する知識理解と人権感覚が大切になります。

子どもたちにそんな力を育むために、学校園の保育・教育活動は進められています。

 

給食・清掃活動・外遊びの交流を通して 曽根小学校

 本校では、異学年がペアになって一緒に給食を食べ、その後の清掃活動や昼休みの外遊びもともにする活動を、年間何回か取り入れています。

 低学年の児童は、高学年の人たちが手際よく配膳するのを見たり、特別教室の清掃をしているのを知ったりすることで、自分もこんな高学年になりたいという思いを持つようになります。

 高学年の児童は、低学年の人たちに清掃の仕方を教えたり、みんなで楽しめる遊びを考えたりすることで、高学年としての自覚や思いやりの心を身に付けていきます。

 給食や外遊びだけでなく、清掃活動を交流していることがこのような良い結果につながっていると考えています。

 

2年生の感想

 さいしょは、なかよしになれるかなって思っていました。けれど、とってもやさしいお姉ちゃんとお兄ちゃんがいたからほっとしました。お昼が終わってから音楽室のそうじをしました。音楽室は教室よりもたてに長かったから、みんなぐっだんぐっだんになりました。4年生はすごすぎると思いました。4年生はとってもとってもやさしかったです。わたしもそんないいお姉さんになりたいです。

 

4年生の感想

◇音楽室の掃除の仕方を説明するとき、すぐに私のところに集まってくれて、ちゃんと話を聞いてくれたのでスムーズに掃除が終わりました。2年生の子たちは最後にはハアハア言いながら雑巾がけをしていました。音楽の先生が4年生は毎日音楽室の掃除をしていると話すとすごくびっくりしていました。

◇給食の時はすごく静かでびっくりしました。掃除をいっしょにするころには話ができるようになっていました。昼休みには「タイヤおに」をしました。みんなタイヤが苦手で、すごくかわいらしかったです。とちゅうで2年生の子が足をひねったので保健室へ行ったけれどだいじょうぶでした。交流給食は終わったけれど、またいっしょに遊びたいので、声をかけようと思います。

 

心通う温かい人間関係づくり 荒井中学校

 本校では昨年11月に「心通う温かい人間関係を育むために」~自分の大切さとともに他の人の大切さを認め合う仲間づくり~をテーマに、高砂市教育委員会指定の人権教育研究発表会を行いました。

 公開授業では1年生は「ものの見方や心のもち方を変えてみよう(リフレーミング)」、2年生では「あなたなら、どうする(アサーション)」、3年生では「私、発見」と、それぞれ自尊感情、自己表現、自己実現についての学習を公開しました。

 研究発表では、体育大会での団編成による他学年交流、1.17集会を軸とした防災学習においての実地訓練など、特別活動を通じた人間関係の向上の取り組みを紹介しました。

 また、コミュニケーショントレーニング(金曜日の朝10分間)の取り組みを報告し、学校生活アンケートに独自に追加している自尊感情の推移を検証しました。

 講演会では三木市立別所中学校長・春川政信さんをお招きし、「自他ともに大切にする人権教育の実践~心通い合う人間関係づくり7つのキーワード~」について講演をいただきました。

 

「心が教えてくれること」 高砂南高等学校

 本校では創立以来、独自の福祉活動や奉仕活動、または各学年における人権ホームルームを通して、共に生きる社会の構築に取り組む意欲と他を思いやる心の育成に努めています。また、毎年10から11月には、人権教育の一環として「福祉人権講演会」を、全校生徒を対象に開催しています。

 今年度は、先天性骨形成不全症のため幼少より車いすで生活をされてきた小西達也さんに「心が教えてくれること」という演題で講演していただきました。

 ご自身の幼少時の辛い体験や、車いすでの生活の大変さ、家族や周りの人たちの“思いやり”のある対応への感謝の気持ちなどを、親しみやすいトークとギターの弾き語りでお話しいただきました。生徒たちの心に響く講演でした。「小西さんのお話により勇気をいただき、私たちも頑張らなければ」という生徒会長の謝辞に、生徒全員の気持ちが代弁されていました。

 

生徒の感想

 誰もが病気になる可能性はあるし、その人の家族になる可能性があるという言葉に心を打たれました。小西さんの講演を聴いて、障がいのある人を見かけたら助けてあげられるようにしたいと思いました。歌もすごく上手で優しい声が心に響きました。

 

「学校家庭クラブ活動を通して」 松陽高等学校

 「学校家庭クラブ」では、家庭科の授業で学んだ知識や技術を生かして地域社会の課題に取り組んでいます。本校生活文化科で行っている活動の一部をご紹介します。

 まず、4月に松村川河畔で開催されるスプリングフェスタに参加し、パウンドケーキやゼリー、トイレットペーパーホルダーなどの手作り品を販売しました。地域の皆さんと触れ合いながら本校の活動を理解していただきました。

 次に、東日本大震災支援として、県内の“家庭に関する学科”を設置する6校が合同で、シューズ用袋・コップ用袋などの「通園グッズ」のセットを製作して送りました。また、クリスマスには、宮城県の保育所などに手作りのおもちゃやマスコットをプレゼントする取り組みも続けています。

 さらに、12月には特別養護老人ホームの入所者に年賀状を書いています。高校生からのハガキを楽しみにしてくださる人も多いので、心をこめて手書きしています。

 一方、保育園児・幼稚園児・小学生との交流を持たせていただく授業も行っており、これらは、異年齢者への理解を深めたり、自分自身が成長してきた過程を振り返ったりするための良いきっかけになっています。今後もこのように、さまざまな活動を通して地域との交流を深めたり、支え合うことの大切さを考えたりしながら、人権意識を高める取り組みを進めていきたいと思います。

 

<目次にもどる>

 

第21号 高砂市消費生活センターだより 編集 高砂市消費生活センター 電話443-9078 FAX443-0009

 インターネットの普及に伴い、自宅で気軽に買物ができる通信販売の利用者が増加しています。このことにより、消費者がトラブルに巻き込まれるケースが目立っています。

 今年度の相談の中からいくつかの相談事例を紹介します。

 

事例1

 インターネットにブランド商品の財布が求めやすい価格で載っていたので注文をした。『注文を受け付けました。銀行口座に振り込んでください。』とメールが来たので指定の口座に振り込んだ。しかし財布は期日を過ぎても送られて来ないし、メールを送っても返事がない。広告画面を確認したら住所も電話番号もなかった。

《センター対応》

 業者の口座がある銀行と警察に申し出て、業者には『金融機関と警察に相談した』旨メールを送るように相談者に伝えました。業者の口座に残金があれば返金される場合がありますが、全額返金される可能性は少ないです。

 

事例2

《センター対応》

 カード会社から引き落としされる前に、相談者にはカード会社に事情を申し出るよう伝え、その後センターからも申し出ました。カード会社に相談者から今までの経緯を書いた書面を出すように言われ、相談者が送付したところ、カード会社の書類審査の結果、2カ月後にその請求は取り下げられました。

 

(アドバイス)

 ネット通販は商品も豊富で魅力的ですが、さまざまな事業者が参入しています。商品が届かなかったり、届いたとしても偽物だったりするトラブルが起きています。

 注文する前に信頼できる業者か、会社の概要や所在地、電話番号などが明示されているかを確認しましょう。また、振り込む口座が個人名になっていないか、注文した業者名になっているかどうかも確認しましょう。

 

事例3

《センター対応》

 ダイレクトメールを確認したところ、返品について記載(返品特約)がありませんでした。また、相談者が注文の電話をした時にも、返品の説明がなかったとのことでした。センターから業者に返品について書いた返品特約がないことを伝えると、相談者が送料を負担して商品を送り返した後に商品代金は返金され、解約ができました。

 

(アドバイス)

 通信販売は、訪問販売や電話勧誘販売と違いクーリング・オフ制度の適用がないため返品特約の表示を義務付けています。返品特約の記載がなければ、商品を受け取ってから8日以内なら送料負担で返品することができます。『開封後返品できない』と書いてあれば、商品が傷ついていたり、壊れていた場合を除き、『イメージと違った』『思っていた色と違う』といった消費者側の理由では基本的に解約できません。

 事前に返品の条件を確認するなど、信頼できる業者を選びましょう。また、代金の前払いは慎重にし、後払いを選ぶことが安全です。

 

<目次にもどる>

 

希望のある医療をめざして 市民病院からのお知らせ 電話442-3981

生活習慣を見直しませんか?

生活習慣病外来を開設しています

生活習慣病とは?

 生活習慣病とは、日常の乱れた生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気です。生活習慣病には糖尿病・高血圧・脂質異常症・肥満など、さまざまな病気があります。これらの病気を放っておくと徐々に腎臓に負担がかかり、慢性腎臓病へ移行します。

 慢性腎臓病の初期には自覚症状がほとんどありません。慢性腎臓病が進行して腎不全になると、体内から老廃物を除去できなくなり、最終的には透析や移植が必要になります。

 また、慢性腎臓病があると脳卒中や心筋梗塞などの心血管病発症のリスクも高まります。

 

生活習慣病外来の役割

 糖尿病・高血圧・腎臓病・脂質異常症など、生活習慣病全般において患者さまの生活指導相談をします。生活習慣病外来では、特に腎臓の機能が低下した患者さまとともに、生活習慣の改善・血圧のコントロール・食事療法・薬物療法・運動療法に取り組み、腎臓病の進行を遅らせることを目的としています。腎臓病の進行を遅らせることにより、透析・腎移植が必要になる末期腎不全にいたる時期を遅らせること、合併症を予防することが可能となります。

外来日 月曜日から金曜日

※ 完全予約制

外来場所 生活習慣病外来室・栄養相談室・看護相談室ほか

相談時間 約30分

 

お勧めします年に1回のドック

申込方法 電話で市民病院人間ドック担当(内線5150)まで

※ 事業所などに勤務している人は、事前に各事業所に受検の相談をしてください。

検査結果 2から3週間後

人間ドック

 生活習慣病の多くは自覚症状もないまま進行しています。人間ドックは、生活習慣病の予防や病気の早期発見、早期治療に役立ちます。

1日コース

実施日 金曜日、第1、3木曜日(女性のみ)

検査時間 8時25分から16時

基本検査項目 内科診察、身体測定、血圧測定、肺活量測定、便潜血、採尿、採血、心電図検査、胸部エックス線検査、胃透視または胃カメラ、腹部超音波検査、甲状腺超音波検査、血圧脈波検査、眼底写真、眼圧測定

検査費用 43,200円

※ 男女共通

1泊2日コース

実施日 月曜日・火曜日

検査時間 8時25分から翌日12時

※ 脳MRI、MRA検査を受診する人は翌日15時ごろに終わります。

基本検査項目 1日コースの項目に加えて、糖負荷試験、婦人科検査

検査費用

◇男性 64,800円

◇女性 66,960円

オプション検査

全コース共通

◇骨塩定量検査 3,240円

◇胸腹部CT 14,040円

1泊2日コース

◇乳がん検査(マンモグラフィ、乳腺エコー、視触診) 8,100円

◇脳MRI、MRA検査 21,600円

1日コース

◇子宮頸がん検査 2,160円

◇乳がん検査(マンモグラフィ、乳腺エコー) 7,776円

脳ドック(1日)

 脳の病気(脳梗塞、脳出血、脳動脈瘤、脳腫瘍)は、時に生命を直接脅かしたり、たとえ生命を取り止めても運動障害や言語障害など重大な後遺症を残すことがあります。

 脳ドックは、これらの脳の病気を事前に安全かつ苦痛がない検査方法で発見し、早期治療に結び付けます。

実施日 金曜日

検査時間 12時45分から16時

検査項目 MRI、MRA検査、頚椎レントゲン検査、頚動脈超音波検査、心電図、血液検査、尿検査、神経学的検査、診察

検査費用 49,680円

 

正規理学療法士、正規看護師募集(4月1日採用)

【共通】

とき 3月8日(日曜)

科目 論文、面接

受付期間 3月2日(月曜) から6日(金曜)

募集人員 若干名

※ 採用試験案内は、市民病院総務課にあります。市民病院ホームページからでも取り出せます。

正規看護師

受験資格 看護師免許を有する人

※ 今春の国家試験で免許取得見込みの人を含む

勤務時間<病棟> 

 8時30分から17時、16時から0時15分、0時から8時45分

※ 2交替と3交替制勤務を選択できます。

正規理学療法士

受験資格 昭和55年4月2日以降生まれの理学療法士免許を有する人

※ 今春の国家試験で免許取得見込みの人を含む

 

<目次にもどる>

 

北浜公民館登録グループを紹介します。問い合わせ先 北浜公民館 電話079-254-5212

北浜公民館登録グループ 会長 岩見寛子

 市の最も西に位置する北浜公民館は、姫路市と隣接しているため講座生には姫路市民も多数参加し、地域コミュニティの輪を広げています。

 グループ生は2から3歳の幼児から90歳代の高齢者まで幅広く、現在28グループ280人のグループ生(老若男女)が楽しく勉強やお稽古ごとをしています。なかでも歌謡教室は市内で一番最初に始まったグループと聞いており活発な活動が続いています。また、今年度に新登録の空手クラブも、今年2月の公民館まつりに参加して子どもたちが演武を披露しました。その他、北浜公民館には珍しい講座もいろいろありますので、ぜひ、のぞいて見てください。一緒に楽しく学びましょう。

 

つくしんぼ(卓球)

 卓球を通じて一緒に楽しく親睦を図っています。週に一度のリフレッシュ。ぜひ、ご参加ください。待ってます!

コスモス(ヨガ)

 癒しの音楽が流れる中、身体への負荷が強すぎないゆっくり無理なく心と体を調和させます。柔軟体操も加え、心も身体もリフレッシュ。

プレイボックス(幼児教育)

 0歳児から就園前までの子どもを対象に、制作遊び、お誕生会、公園遊び、工場見学などアットホームな雰囲気で楽しく活動しています。

花栄会(新舞踊)

 毎週水曜日、踊り好きのメンバーが集まって、楽しくお稽古しています。みんな気さくで楽しい仲間です。一緒にお稽古しませんか。

ひまわり・蕣会(銭太鼓・傘踊)

 私たちグループは全国の民謡を取り入れ、傘おどり、銭太鼓を楽しんでいます。また、地域の交流の場としてボランティアにも積極的に参加しています。老若男女は問いません。一度見学に来てください。

 

北浜公民館 登録グループ一覧表

学習分野 生け花

グループ名 フラワーフレンド

活動日 2・4週火曜日

時間 9時から12時

会費(円) 月1,500円

 

 

学習分野 囲碁

グループ名 榧の木

活動日 毎週月曜日

時間 13時から16時

会費(円) 年2,000円

 

学習分野 エアロビクス

グループ名 ソフトエアロビクス

活動日 毎週火曜日

時間 10時から12時

会費(円) 月2,000円

 

学習分野 絵手紙

グループ名 楽々絵

活動日 2・4週水曜日

時間 13時から16時

会費(円) 年2,000円

 

学習分野 歌謡

グループ名 こばと

活動日 毎週金曜日

時間 9時から12時

会費(円) 月2,000円

 

学習分野 歌謡

グループ名 月美

活動日 毎週月曜日

時間 9時から12時

会費(円) 月1,000円

 

学習分野 歌謡

グループ名 雀の会

活動日 毎週月曜日

時間 19時から21時30分

会費(円) 月2,000円

 

学習分野 歌謡

グループ名 バラ

活動日 2・4週木曜日

時間 9時から12時

会費(円) 年15,000円

 

学習分野 空手

グループ名 四葉会

活動日 毎週土曜日

時間 18時30分から21時30分

会費(円) 年3,500円

 

学習分野 郷土史

グループ名 史友会

活動日 2・4週水曜日

時間 19時から21時

会費(円) 月1,500円

 

学習分野 健康フラダンス

グループ名 プナアロハ

活動日 毎週金曜日

時間 13時から16時

会費(円) 月1,300円

 

学習分野 コーラス

グループ名 浜っ子コーラス

活動日 毎週土曜日

時間 9時30分から12時

会費(円) 月3,000円

 

学習分野 詩吟

グループ名 くすの木

活動日 毎週火曜日

時間 13時30分から16時

会費(円) 月3,000円

 

学習分野 社交ダンス

グループ名 しらゆり

活動日 毎週火曜日

時間 19時から21時30分

会費(円) 月2,000円

 

学習分野 食生活改善

グループ名 いずみ会

活動日 2・4週水曜日

時間 9時から12時

会費(円) 年2,000円

 

学習分野 新舞踊

グループ名 あゆみ会

活動日 毎週金曜日

時間 13時から16時

会費(円) 月3,000円

 

学習分野 新舞踊

グループ名 花栄会

活動日 1・2・3週水曜日

時間 13時30分から16時30分

会費(円) 月2,000円

 

学習分野 3B体操

グループ名 ダリア

活動日 1・3週木曜日

時間 13時から16時

会費(円) 月1,500円

 

学習分野 銭太鼓・傘踊

グループ名 蕣会

活動日 毎週金曜日

時間 19時30分から21時30分

会費(円) 月2,000円

 

学習分野 銭太鼓・傘踊

グループ名 ひまわり

活動日 毎週木曜日

時間 10時から12時

会費(円) 月1,000円

 

学習分野 大正琴

グループ名 ひなげし

活動日 1・2・3週火曜日

時間 13時30分から15時30分

会費(円) 月2,000円

 

学習分野 卓球

グループ名 つくしんぼ

活動日 毎週水曜日

時間 9時から12時

会費(円) 月1,000円

 

学習分野 卓球

グループ名 のじぎく

活動日 毎週金曜日

時間 19時から21時30分

会費(円) 年2,000円

 

学習分野 ちぎり絵

グループ名 くるみ

活動日 2・4週木曜日

時間 13時から16時

会費(円) 月500円

 

学習分野 民謡

グループ名 秀峰会

活動日 毎週火曜日

時間 18時から21時

会費(円) 月2,000円

 

学習分野 幼児教育

グループ名 プレイボックス

活動日 毎週木曜日

時間 10時から12時

会費(円) 月500円

 

学習分野 ヨガ

グループ名 コスモス

活動日 毎週水曜日

時間 13時30分から15時

会費(円) 月2,500円

 

<目次にもどる>

 

マイタウン1・2月のスナップ

地域合同防災訓練

▼1月16日(金曜)、阪神・淡路大震災発生から20年を前に、北浜こども園、北浜小学校、西浜自治会合同で防災訓練が行われました。地震や津波に備えて、園児や児童、地域住民が互いの生命を守るための避難・誘導訓練などに取り組みました。

 

新型インフルエンザ対応訓練

▼1月24日(土曜)、市民病院で東播磨圏域の医師会、医療機関、関係団体、行政機関などが集まり、合同訓練が行われました。市内で新型インフルエンザ患者が発見された想定で、対応時のさまざまな問題や課題を確認し合い、実際に発生した場合に備え検証を行いました。

 

労働文化講演会

▼2月1日(日曜)、生石研修センターで、タレント・作家の遙 洋子さんを招き「自分らしく輝いて生きる」をテーマに講演会が開催され、約500人が参加。講演会では、遙さんの身の上話や芸能界の裏話などをおもしろおかしく語ってくれました。

 

凧揚げまつり

▼2月11日(祝曜)、総合運動公園サブグラウンドで行われ、市内外から約100人が参加。尉と姥やぼっくりんなどが描かれ、さまざまな形や大きさをした多くの凧が高砂の冬空に元気よく舞いあがりました。

 

第35回小学校区対抗駅伝競走大会

▼2月14日(土曜)、総合運動公園内陸上競技場で行われ、市内各小学校1から6年生男女12人で構成する16チームが参加。会場には多くの家族や友だちなどが応援に詰め掛け、選手は声援を励みに、必死になってタスキをつないでいきました。

 

 

<目次にもどる>

 

企画総務部 秘書広報広聴室 広報広聴担当

郵便番号:676-8501

住所:兵庫県高砂市荒井町千鳥1丁目1番1号

電話442-2101(代表) FAX442-3193

http://www.city.tAkAsAgo.hyogo.jp/

 

広報たかさごは再生紙を使用しています。