広報たかさご5月号 No.842 平成27(2015)年

 

目次

人口と世帯(4月1日現在、外国籍人口を含む)

昭和56年5月以前に建てられた家にお住まいの人へ

住まいの耐震化を進めましょう!

播磨圏域7市8町による「連携中枢都市圏構想」

高砂西港再整備事業が進んでいます

6月1日(月曜) 10時から発売!「高砂あきんど○得券」プレミアム付き商品券を発売!2割お得な商品券!

高砂市行政手続条例を改正しました

美化センターからのお知らせ

国保医療課からのお知らせ

子育て支援室からのお知らせ

地域ミーティング 市長と話そう! ふれあい座談会

高砂市土地開発公社を解散しました

市民病院からのお知らせ

あけぼの

高砂市観光物産推奨品 推奨品・シールデザイン決定!

3月4月のスナップ

 

人口と世帯(4月1日現在、外国籍人口を含む)

人口/93,505(ひく100) 世帯/38,965 (たす76)

人口の内訳 男/45,692 (ひく67) 女/47,813 (ひく33)

 

<目次にもどる> 

 

昭和56年5月以前に建てられた家にお住まいの人へ 建築指導課 電話443-9035

 南海トラフ地震の危険が高まる中、地震による被害を最小限にするために住まいの耐震化は重要です。今すぐ住まいの耐震化を進めましょう。

  阪神・淡路大震災では、多くの建物が被害を受け、6‚434人もの尊い命が奪われました。

 特に、家屋・家具などの倒壊による人的被害が大きく、地震直後の犠牲者(約5‚500人)のうち8割強を占めました。

 大きな被害を受けた建物のほとんどは昭和56年5月以前に建築された旧耐震基準による木造住宅であったと指摘されています。

 

三木市にある独立行政法人防災科学技術研究所の実物大震動破壊実験施設で実施された比較実験などでは、耐震補強した住宅は、補強していない住宅と比べて、確実に地震に対する安全性が増していることが確認されています。

 

備えあれば憂いなし!住まいの地震対策まずは「簡易耐震診断」をご検討ください。

 簡易耐震診断員(建築士)による診断の上、住宅の耐震性の評価、改善のポイント、改修のアドバイスなどをまとめた診断報告書を作成します。

※ 条件により対象とならない住宅があります。

診断手数料

◇木造住宅 3,000円

◇非木造住宅 6,000円

申込方法 申込書に必要事項を記入の上、建築指導課まで

※ 申込書は建築指導課、各市民サービスコーナー・市民コーナーにあります。市ホームページからでも取り出せます。

 

「住まいの耐震化」をご検討ください。

 簡易耐震診断により耐震性が低いと診断された場合に、兵庫県と高砂市が工事などにかかる費用の一部を補助します。今年度から地震危険住宅の建替補助や防災ベッドなどの設置助成の制度を設けました。(住宅耐震化補助と部分耐震化補助は兵庫県の補助制度です。)

※ 条件により対象とならない住宅があります。

※ 申込前に工事などの契約はしないでください。

※ 申込方法など詳しくは、建築指導課にお問い合わせください。

 

1「簡易耐震診断」をご検討ください。

診断員が住宅の耐震性を評価

【木造戸建住宅の場合】

評点 1.0以上 やじるし 安全

評点 0.7未満 危険

評点 0.7以上1.0未満 やや危険

 

2「住まいの耐震化」をご検討ください。

 耐震性が低い住宅に対する各種補助制度

高砂市事業 建替補助 建替えによって安全性を確保 定額100万円

兵庫県事業 住宅耐震化補助 地震に対する十分な安全性を確保 限度額100万円 市上乗せ30万円

部分耐震化補助 安価で簡易な耐震化を実施 定額50万円

 

高額な耐震改修は困難…そんな場合は

防災ベッド等設置助成(高砂市事業) 耐震改修工事ではなく、命を守る最低限の対策として防災ベッドなどを設置する場合に補助します。 定額10万円

 

依頼先に悩んでいる人へ

◇悪質リフォーム業者に気を付けましょう

 「無料で診断をします」のことばに注意をしてください。工事費が高くつくことがあります。工事の見積は2から3社に依頼されることをお勧めします。また、第三者による工事監理をお勧めします。

◇住宅改修業者登録制度

 工事を誰に依頼したらよいかわからない場合は、兵庫県の住宅改修業者登録制度の登録リストをご参考にしてください。ひょうご住まいサポートセンターホームページからご覧いただけます。

問い合わせ先 ひょうご住まいサポートセンター 電話078-360-2536

 

<目次にもどる>

 

住まいの耐震化を進めましょう!  建築指導課 電話443-9035

 地震危険住宅建替工事費補助事業

(1)申込期間

 5月7日(木曜)から20日(水曜)

(2)募集戸数

 2戸程度

 ※ 申込多数の場合は抽選

 ※ 募集戸数は、都合により変更することがあります。

(3)対象となる人

 ◇市内に対象となる地震危険住宅を所有し、現地で建替工事を検討している人

 ※ 住宅の所有者が市外に居住していて、建て替え後の住宅に居住する場合に限ります。

 ◇所得が1,200万円(給与収入のみの場合は、給与収入が14‚421‚053円)以下の人

(4)対象となる住宅

 (1)除却する地震危険住宅

  ア 昭和56年5月31日以前に着工されたもの

  イ 違反建築物でないもの

  ウ 簡易耐震診断で、木造住宅の場合は評点0.7未満、非木造住宅の場合は安全性が低いと診断されたもの

  エ 所有者またはその2親等以内の親族が自己の居住の用に供するもの

 (2)新たに建築しようとする住宅

  ア 違反建築物でないもの

  イ 申請者が自己の居住の用に供するもの

  ウ 兵庫県住宅再建共済制度に加入していることまたは加入すること

(5)対象となる費用

 建替工事費補助の対象となる経費は、除却する住宅の除却費と新たに建築する住宅の建築工事費とします。

(6)補助金の額

 定額100万円

(7)注意事項

 (1)補助金の交付決定を受けるまでは除却工事の契約をしないでください。

 (2)補助金の交付は、新たに建築した住宅の居住後となります。

 

防災ベッド等設置助成事業

(1)申込期間

 5月7日(木曜)から20日(水曜)

(2)募集件数

 2件程度

 ※ 申込多数の場合は抽選

 ※ 募集件数は、都合により変更することがあります。

 

(3)対象となる人

 ◇対象となる住宅に居住している人

 ◇所得が1,200万円(給与収入のみの場合は、給与収入が14‚421‚053円)以下の人

(4)対象となる住宅

 (1)市内に所在する昭和56年5月31日以前に着工されたもの(賃貸住宅も含む)

 (2)違反建築物でないもの

 (3)簡易耐震診断で、木造住宅の場合は評点1.0未満、非木造住宅の場合は安全性が低いと診断されたもの

 (4)兵庫県住宅再建共済制度または兵庫県住宅家財共済制度に加入していることまたは加入すること

(5)対象となる費用

 防災ベッドなど設置助成の対象となる経費は、防災ベッドなどの設置に要する経費とします。

(6)補助金の額

 定額10万円

(7)補助対象となる防災ベッドなどの一覧

 

名称 ウッド・ラック(Wood-Luck)

会社名 新光産業株式会社

名称 安心防災ベッド枠B

会社名 フジワラ産業株式会社

 

名称 防災ベッドBB-002

会社名 株式会社ニッケン鋼機

名称 耐圧ベッドルーム型シェルター

会社名 株式会社エヌ・アイ・ピー

 

名称 介護ベッド用防災フレーム

会社名 株式会社ニッケン鋼機

名称 木質耐震シェルター

会社名 株式会社一条工務店

 

名称 安心防災ベッド枠A

会社名 フジワラ産業株式会社

名称 木造軸組耐震シェルター「剛健」

会社名 有限会社宮田鉄工

 

(8)注意事項

 補助金の交付決定を受けるまでは契約しないでください。

 

<目次にもどる>

 

 播磨圏域7市8町による「連携中枢都市圏構想」  経営企画室 電話443-9007

 高砂市と姫路市は、連携して播磨圏域全体の経済成長をけん引し、住民が安心して豊かな暮らしを営むことができる連携中枢都市圏の形成のため平成27年4月5日、播磨圏域連携中枢都市圏形成に係る連携協約合同調印式において、連携協約を締結しました。

「連携中枢都市圏構想」

 「連携中枢都市圏構想」とは、人口減少・少子高齢社会の危機に直面する中において、播磨圏域の7市8町が対等協力の立場で団結し、「播磨圏域の経済の活性化」、「圏域の魅力の向上」、「住民に安心・快適な圏域づくり」に取り組み、播磨圏域の「地方創生」を進める構想です。

※ 連携する7市8町

 高砂市、姫路市、相生市、加古川市、加西市、宍粟市、たつの市、稲美町、播磨町、市川町、福崎町、神河町、太子町、上郡町、佐用町

「連携中枢都市圏構想」の目的とは

 次の(1)から(3)の取り組みを通じて、雇用の創出、定住の促進、地域の活力向上を図ります。

(1)「播磨圏域の経済の活性化」として、圏域内の多様な資源・企業・人材を動員し、圏域の核となる姫路市が成長のエンジンとなり、産学金官民が連携して地方の経済をけん引する取り組みを行います。

(2)「圏域の魅力の向上」として、圏域全体に対する高度・専門的なサービスを提供し、グローバルな人材が集まってくる環境を構築する取り組みを行います。

(3)「住民に安心・快適な圏域づくり」として、圏域全体の利便性を向上し、住民のニーズにも対応する取り組みを行います。

※ 産学金官民とは

 産業界、大学、金融機関、地方公共団体、民間の総称

「連携中枢都市圏構想」の取り組み

(1)「播磨圏域の経済の活性化(圏域全体の経済成長のけん引)」に関する分野は、高砂市と姫路市および連携市町がともに取り組みます。

ア 産学金官民一体となった経済戦略の策定、国の成長戦略実施のための体制整備

イ 産業クラスターの形成、イノベーション実現、新規創業促進、地域の中堅企業等を核とした戦略産業の育成

ウ 地域資源を活用した地域経済の裾野拡大

エ 戦略的な観光施策

・主な事業

 「播磨圏域経済成長戦略の推進」、「企業誘致の推進」、「播磨地域ブランドの確立」、「広域観光連携事業」など

(2)「圏域の魅力の向上(高次の都市機能の集積・強化)」に関する分野は、姫路市が取り組みます。

ア 高度な医療サービスの提供

イ 高度な中心拠点の整備・広域的公共交通網の構築

ウ 高等教育・研究開発の環境整備

・主な事業

 「二次救急医療体制の確保」、「姫路駅周辺整備事業の推進」、「市内大学及び連携大学支援」など

(3)「住民に安心・快適な圏域づくり(圏域全体の生活関連機能サービスの向上)」に関する分野は、高砂市と姫路市および連携市町がともに取り組みます。

ア 生活機能の強化に係る政策分野

 (ア)地域医療

 (イ)福祉

 (ウ)教育・文化・スポーツ

 (エ)地域振興

 (オ)災害対策

 (カ)環境

・主な事業

 「新型インフルエンザ等の予防対策と医療機関受診に関する連携事業」、「障害福祉サービス等向上対策」、「博物館等相互利用促進事業」、「若年者等就労支援事業」、「自然災害等対策事業」、「再生可能エネルギー等の普及促進事業」など

イ 結びつきやネットワークの強化に係る政策分野

 (ア)地域公共交通

 (イ)道路等の交通インフラの整備・維持

 (ウ)地域内外の住民との交流・移住促進

・主な事業

 「広域連携バス路線網等の維持・形成事業」、「播磨臨海地域道路網の整備促進事業」、「移住・定住促進事業」など

ウ 圏域マネジメント能力の強化に係る政策分野

 (ア)圏域内市町の職員等の交流

・具体的な事業

 「関係市町との人材育成・交流事業」、「職員研修事業」

※ 各取り組み分野における事業内容は市ホームページをご覧ください。

 

<目次にもどる>

 

高砂西港再整備事業が進んでいます 東播磨県民局企画防災課 電話421-9016 市都市政策課 電話443-9033

第12回高砂西港再整備推進協議会が開催されました 

 将来にわたる住民の安全・安心のもと高砂市臨海部の活性化を目指した高砂西港再整備の推進は、平成21年4月に高砂西港再整備推進協議会で取りまとめられた報告書「未来に向けた高砂西港みなとづくり」の方向性に沿って進めてきました。

 

 3月17日(火曜)、第12回目の高砂西港再整備推進協議会が開催され、高砂西港再整備事業の進捗状況の報告および今後の予定を説明し、合意されましたので、概要をお知らせします。

 

 高砂西港再整備推進協議会、高砂西港再整備技術専門委員会などの内容は、兵庫県東播磨県民局のホームページをご覧ください。

 

進捗状況
港湾整備(平成23年4月着工)

 公共ふ頭は、港内の浚渫工事を平成25年8月に完了しました。

 専用ふ頭は、平成26年3月末に埋立が完了し、4月にジブクレーン(600トン吊)が設置され、5月に供用開始しました。

 

盛立地対策(平成24年2月着工)

平成26年5月末に完成しました。

◇遮水性地下土留め壁の施工

◇擁壁補強の施工

◇上部被覆の施工

◇押え盛土の施工

 

アクセス計画

 沖浜平津線(南端部)は、平成28年3月の完成を目指して工事を進めています。

 高砂西臨港線(臨港道路)は、平成28年3月の完成を目指して取り組んでいます。

 相生橋西詰交差点改良工事は、工事の実施に向け、用地買収などに取り組んでいます。

 

高砂西港みなと公園整備

 高砂西港みなと公園等検討ワーキンググループ(学識者、市民、土地所有者、行政で構成)でまとめられた親水空間の整備内容および管理手法を基にした公園整備の概要が報告されました。

 今後はそれぞれの事業者が平成28年3月の完成を目指して取り組んでいきます。

 

環境監視

 高砂西港再整備技術専門委員会で定められた環境監視計画に基づき、港湾整備と盛立地対策について環境調査(大気質、水質、騒音・振動)を行っており、全項目について環境保全目標を満足しているとの調査結果が報告されました。

 今後も環境監視計画に基づき、調査を行っていきます。

 

今後の予定

 高砂西港周辺の事業が終わる平成28年春の記念式典の開催や記録誌の編纂を予定しています。

 

<目次にもどる>

 

6月1日(月曜) 10時から発売!「高砂あきんど○得券」プレミアム付き商品券を発売!2割お得な商品券!

高砂市商店連合会 (高砂商工会議所内) 電話443-0500

 市内消費の拡大を促進し、地域商業の活性化を図るため市内の店舗(全業種)で利用できるプレミアム商品券を発売します。
高砂あきんど○得券

発行部数 40‚000冊

※ 1冊6‚000円(500円×12枚)の商品券を5‚000円で発売!

※ 購入は1人10冊まで

予約はできません!

−発売期間−

6月1日(月曜)から完売まで

※ 売り切れの際は、ご了承ください。

【次回は9月1日(火曜)発売】

※ 商品券購入後、返金はできません。

−利用期限−

11月30日(月曜)

※ 販売所など詳しくは、広報たかさご6月号をご覧ください。

『高砂あきんど○得券』取扱加盟店募集!

 高砂市商店連合会では、市内の「高砂あきんど○得券」取扱加盟店を募集しています。

対象 次のいずれかに該当する市内の店舗です。

◇市内に本社がある法人

◇市内で個人が経営する事業所

◇高砂市商店連合会の会員

◇高砂商工会議所の会員

※ 一部取り扱えない商品があります。

※ 詳しくは、高砂市商店連合会までお問い合わせください。

 

<目次にもどる>

 

高砂市行政手続条例を改正しました 経営企画室 電話443-9007

 行政手続法の改正に伴い、公正で透明性の高い行政運営を行い、市民の権利や利益を守るため、高砂市行政手続条例を改正し、4月1日から施行しました。

 

 行政手続法は、処分・行政指導などに関する手続を定めた法律で、本市が行う事務のうち、国の法律などに基づく処分は行政手続法の対象となり、行政指導と条例などに基づく処分は行政手続条例の対象となります。

 

主な改正内容

(1)行政指導の方法

 市が行政指導をするときに許認可などの処分ができることを示す場合は、根拠となる法令などを明示します。

(2)行政指導の中止などの求め

 市から法令違反行為を是正する行政指導を受けた場合に、行政指導の中止などを求めることができます。(図1)

(3)処分などの求め

 法令違反を発見した場合に、市に処分や行政指導を求めることができます。(図2)

 行政指導とは、行政機関がその任務や事務の範囲内で、行政目的を実現するため協力を求める指導、勧告、助言などの行為です。

 (2)(3)は、法律や条例に処分や行政指導ができる規定があり、市が権限を持つものに限ります。

 

<目次にもどる>

 

美化センターからのお知らせ

電動式生ごみ処理機の購入費を助成しています 問い合わせ先 計画管理課 電話448-5260

 電動式生ごみ処理機を使用すれば、生ごみの減量とリサイクル(生ごみを堆肥化し、プランターや家庭菜園の有機質肥料として活用できます。)に大変有効です。また、ごみ出しの手間が減るなど、次のような効果もあります。

(1) キッチンがいつも清潔。

(2) 生ごみの臭いが抑制できる。

(3) ごみ汁が垂れる心配がない。

(4) ごみの日までの生ごみの置き場所に困らない。

(5) ごみ置き場に持っていくのが楽。

対象者

◇市内在住で市税を滞納していない人

※ 事業者は対象外

対象機器

◇家庭用として市販されている電動式生ごみ処理機

※ ディスポーザは対象外

◇平成26年4月以降に購入したもの

助成金額 購入金額の半額

※ 税抜・千円未満の端数切捨て、上限3万円

助成台数 30台

申請期間 平成27年5月1日から平成28年3月31日

受付場所 計画管理課

必要書類 申請書兼請求書、領収書、保証書、住民票、市税の完納証明書

※ 申請書は、計画管理課、本庁受付、各市民サービスコーナー、市民コーナーにあります。

 

多量のごみは美化センターに自己搬入をお願いします! 問い合わせ先 業務施設課 電話448-5220
 庭木のせん定枝刈り草など多量のごみ

 できる限りごみステーションに出さずに、美化センターに直接自己搬入してください。

 やむを得ずごみステーションに出す場合は、次のことを必ず守って出してください。

※ 長さ50センチメートル、幹径が20センチメートル以内で、一束30センチメートル以内の大きさになるようにして、ひもでしばるか、透明か半透明の袋(45リットル程度)に入れて3袋以内の量で出してください。

家の片づけ引っ越し等の多量ごみ

 美化センターに直接自己搬入してください。

※ 家具類などの粗大ごみを直接自己搬入する場合は、現状の大きさで搬入できます。

【注意】

 ごみステーションに多量の引っ越しごみなどを出されると、道路上にごみが広がり、歩行者などの妨げになったり、ごみステーションに隣接する住宅や利用者の迷惑になります。また収集時間の遅れなどにもなります。

※ 自己搬入できない場合は、市の収集運搬許可業者に収集を依頼(有料)してください。市の収集運搬許可業者は美化センターにお問い合わせください。

 自己搬入の受付

とき 月曜日から金曜日 9時から11時30分、13時から15時30分

※ 祝日を含む

ごみ処理手数料

◇家庭系ごみ 100キログラム 500円

◇事業系ごみ 100キログラム 1,000円

ところ  美化センター

 

ごみ処理広域化Vol.22 域ごみ処理施設建設推進室 電話448-8766

 広域ごみ処理施設の設置に関する生活環境影響調査計画書(案)への意見募集の結果について

 広域ごみ処理施設稼働に向け、平成27年度から平成28年度の2カ年で実施する生活環境影響調査の計画書に対する意見募集を行いました。

 お寄せいただいた意見と回答を市ホームページに掲載しています。

 平成34年4月の稼働に向け、今後も市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

 

<目次にもどる>

 

国保医療課からのお知らせ 国保医療課医療係 電話443-9021

福祉医療費助成制度  
福祉医療費助成制度改正のお知らせ

 平成27年7月から、乳幼児等医療・こども医療(1歳児から中学3年生)の所得制限を撤廃し、医療費に係る一部負担金の自己負担額を完全無料化にします。

※ 0歳児の所得制限はありません。

 子育てにかかる負担の軽減と安心して子育てができる環境の充実を図るための見直しです。ご理解とご協力をお願いします。

※ 老人医療・母子家庭等医療・障害者医療・高齢重度障害者医療の制度改正はありません。

※ 対象者で、受給者証をお持ちでない人には、4月中旬に申請書を送付します。7月1日(水曜)からの受給資格になりますので、早めの申請をお願いします。

 

該当する人は国保医療課で申請してください

 福祉医療費助成制度は老人・障害者・高齢重度障害者・乳幼児等・こども・母子家庭等医療受給者が医療機関で受診したときの医療費のうち、保険診療の自己負担額(医療費の1から3割。ただし、各制度の一部負担金相当額を除く)を助成する制度です。

 医療機関にかかるときは、健康保険証と医療受給者証を必ず提示してください。

 

各種助成制度(平成27年7月からの基準)

老人医療

対象 65歳以上70歳未満の人(後期高齢者医療被保険者を除く)

◇所得制限あり

◇外来、入院とも一部負担金あり

 

障害者医療 高齢重度障害者医療

対象 身体障害者手帳1・2級および心臓機能障害3級、療育手帳A・B1判定または精神障害者保健福祉手帳1・2級の人

◇所得制限あり

◇外来、入院とも一部負担金あり

※ 療育手帳の人は次期判定月の末日まで、精神障害者保健福祉手帳の人は手帳の有効期限までが対象期間です。更新の場合は、手帳の再判定を受けてからの申請となります。

 

乳幼児等医療 こども医療

対象 0歳から中学3年生

◇所得制限なし

◇一部負担金なし

 

母子家庭等 医療

母子(父子)家庭医療

対象 18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童(高等学校などに在学中の児童は、20歳に達する日の属する月の末日までの間にある児童)を現に監護している母(父)とその児童

◇所得制限あり

◇外来、入院とも一部負担金あり

 

母子家庭等 医療

遺児医療

対象 死別、遺棄などにより、両親と離別している児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童または高等学校などに在学中の児童は20歳に達する日の属する月の末日までの間にある児童)

◇所得制限あり

◇外来、入院とも一部負担金あり

 

 平成22年度税制改正により、扶養控除が一部廃止されたため、市民税所得割額が増える世帯もありますが、福祉医療の所得判定にあたっては、国の制度(自立支援医療制度)に準拠し、この影響を生じさせないよう対応をとることとしています。

 

受給申請手続きに必要なもの

◇健康保険証または後期高齢者医療被保険者証

◇身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳(障害者医療、高齢重度障害者医療のみ)

◇戸籍謄本、住民票謄本(母子家庭等医療のみ)

◇児童扶養手当証書または遺族・障害年金証書(母子家庭等医療のうち該当者のみ)

◇印鑑(高齢重度障害者医療のみ)

※ いずれの受給申請手続きも受給者、配偶者、保護者、扶養義務者のいずれか(老人医療は受給者および同一世帯の人)が平成27年1月2日以降に転入しているとき、および配偶者、保護者、扶養義務者のいずれかが市外に在住しているときは所得(課税)証明書が必要となります。

 

国民健康保険および後期高齢者医療保険に係る所得申告のお願い

国保医療課賦課収納係 電話443-9072

 国民健康保険・後期高齢者医療保険に加入している人は、平成26年中に所得がなかった場合でも、所得の申告が必要です。未申告の場合、所得金額が少ない世帯または被保険者に適用される軽減を受けることができません。申告が必要な人には国保医療課から5月と6月に申告用紙を送付しますので、国保医療課賦課収納係に提出してください。

 

福祉医療費受給者証の更新

 現在交付している福祉医療費受給者証(老人、障害者、乳幼児等、こども、母子家庭等、高齢重度障害者)の有効期限は、6月30日(火曜)です。引き続き医療費助成を受けるためには更新手続きが必要です。更新手続きが必要な人には5月中旬に医療費助成更新申請書を送付します。

 市で受給資格(加入医療保険、所得、障害等級等)が確認できる人は更新手続きが不要です。

 所得判定の結果、助成対象者には6月末に新受給者証を送付します。

 

《更新手続きが必要な人》

対象 母子家庭等医療の受給者

※ 更新の手続きをしない場合は、6月30日(火曜)で資格を失うことになりますのでご注意ください。7月1日(水曜)からの資格認定を希望する人は必ず更新手続きをしてください。

受付 期間 5月29日(金曜)から6月4日(木曜) 9時から11時、14時から16時

※ 土曜日・日曜日を除く

ところ 国保医療課医療係 (本庁1階(11)番窓口)

※  受付期間中に更新手続きができない人は、必ず6月4日(木曜)までに国保医療課医療係に連絡してください。

持ち物

・医療費助成更新申請書(5月中旬に送付)

・医療費受給者証

・健康保険証

・所得(課税)証明書(必要な人のみ)

・児童扶養手当証書(支給停止の人は支給停止通知書)または遺族・障害等年金証書

 

対象 老人医療の受給者で

・受給者および同一世帯の人が平成27年1月2日以降に転入している場合

障害者、高齢重度障害者医療の受給者で

・受給者、配偶者、保護者、扶養義務者のいずれかが平成27年1月2日以降に転入している場合

・配偶者、保護者、扶養義務者のいずれかが市外に住んでいる場合 (乳幼児等、こども医療の受給者で扶養義務者が転入などの人は、所得証明書を提出していただく場合があります。)

受付 とき から6月5日(金曜)

※ 土曜日・日曜日、祝日を除く

ところ 国保医療課医療係 (本庁1階(11)番窓口)

※ 証明書発行の都合などで期限までに手続きができない場合は国保医療課医療係に連絡してください。

※ 6月8日(月曜)以降も受け付けしていますが、新受給者証の交付が7月1日(水曜)に間に合わない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

持ち物

・医療費助成更新申請書 (5月中旬に送付)

・医療費受給者証

・健康保険証または

 後期高齢者医療被保険者証

・所得(課税)証明書

・印鑑(高齢重度障害者医療の人のみ)

※ 障害者・高齢重度障害者医療の人は身体障害者手帳または療育手帳または精神障害者保健福祉手帳

 

《更新手続きが不要な人》

〇老人医療

〇障害者医療

〇乳幼児等医療

○こども医療

○高齢重度障害者医療

 

高砂市国民健康保険加入者または後期高齢者医療保険加入者

  市で受給資格(加入医療保険、所得、障害等級など)が確認できる人

社会保険加入者(国民健康保険組合加入者含む)

 市で受給資格(加入医療保険、所得、障害等級など)が確認できる人

※ 5月中旬に加入医療保険確認通知を送付しますので、保険内容に変更のある人のみ、6月5日(金曜)までに国保医療課医療係に届け出をしてください。

※ 所得を確認できない人は後日連絡します。

 

<目次にもどる>

 

子育て支援室からのお知らせのびのびすこやか

子どもの成長を応援、プロフィールファイルたかさごを配布 子育て支援室 電話443-9024

 高砂市では、生まれる全ての子どもの保護者に、子どもの育ちを応援するプロフィールファイルたかさごを配布しています。

 プロフィールファイルたかさごは、子どもが生まれてからのさまざまな情報を記録できるものです。子どもの成長過程で家族以外のまわりの人のサポートを必要としたときに、子どもの特性などを関係機関(保育所、幼稚園、小中学校等、医療機関、相談機関など)

に正しく伝え、子どものライフステージに応じたアドバイスやサポートをスムーズに受けられるようにするための道具として活用していただけます。

 

配布方法

◇こんにちは赤ちゃん訪問事業の対象となる家庭訪問スタッフが直接訪問し配布します。

 

◇上記以外で希望する人

 子育て支援室、子育て支援センター、保健センターで配布しています。

※ 詳しくは、子育て支援室までお問い合わせください。

 

ひとり親家庭のお母さん、お父さんなどを応援します! 子育て支援室 電話443-9024

 ひとり親家庭のお母さん、お父さんなどが自立し、安定した生活を送り、安心して子育てができる環境をつくれるよう、さまざまな自立支援事業を行っています。

※ 審査・条件などがありますので、事前相談が必要です。

 

■ひとり親家庭等家事支援事業

対象 ひとり親家庭の母や父、養育者で就業、修学などの自立促進のための活動、または疾病により日常生活に家事支援が必要な人

支援内容 食事の準備や調理、住居の掃除、買い物、洗濯など

利用回数 月10回以内

※ 1回1時間、30分までの延長可

利用時間 月曜日から土曜日 8時から21時

※ 祝日、年末年始を除く

負担額

◇市民税課税世帯

(1時間当たり) 8時から18時 700円

 18時から21時 800円

◇市民税非課税世帯

 8時から18時 350円

 18時から21時 400円

 

■高等職業訓練促進給付金・修了支援給付金

 看護師、准看護師、保育士、理学療法士、作業療法士などの養成機関で修業中の生活を支援します。

対象 児童扶養手当受給者、または同様の所得水準の母子家庭の母、父子家庭の父

 

●高等職業訓練促進給付金

支給期間 修業期間全期間(上限2年)

支給額

◇市民税課税世帯 月額70,500円

※ 同居している別世帯の人の所得も含む

◇市民税非課税世帯 月額100,000円

 

●修了支援給付金

支給額

◇市民税課税世帯 月額25,000円

※ 同居している別世帯の人の所得も含む

◇市民税非課税世帯 月額50,000円

支給 修了日を経過した日以降に支給

※ 修業開始日および修了日において要件を満たしていること

 

■自動車免許取得助成金

対象 道路交通法による指定自動車教習所で、普通自動車・大型・特殊免許などを受講し取得する人で、児童扶養手当の受給者または同様の所得水準のひとり親家庭の母や父、養育者

支給額 免許を取得するのに要した費用の40パーセント相当額(10万円を限度)

 

■ひとり親家庭相談

 母子・父子自立支援員が、母子・父子家庭などのみなさんが抱えている生活上の問題や就業のさまざまな悩み事の相談相手となり、問題解決のお手伝いやアドバイスを行います。

相談日 月曜日から金曜日 9時から17時

※ 祝日を除く

夜間相談日 月曜日から金曜日 17時から19時

※ 要予約

※ 祝日を除く

 

■自立支援教育訓練給付金

対象 雇用保険制度の教育訓練給付の指定教育訓練講座(ホームヘルパー、医療事務、簿記、パソコン講座など)を受講する児童扶養手当の受給者、または同様の所得水準のひとり親家庭の母や父、養育者

支給額 受講料の40パーセントまたは20パーセント相当額(4,001円以上20万円以下)

※ 雇用保険の教育訓練給付の受給資格があるひとり親家庭の母や父、養育者は受講料の20パーセント相当額(4,001円以上10万円以下)

 

■就労支援アドバイス

 ハローワークなど関係機関との連携によって、個々の実情に応じたアドバイスを行います。

 

児童福祉週間 子育て支援室 電話443-9024

5月5日(祝日)から11日(月曜)は児童福祉週間です。

児童福祉週間は子どもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考える週間です。

平成27年度児童福祉週間標語「世界には 君の輝く 場所がある」

 

子育て支援センターからのお知らせ 子育て支援センター 電話442-2242
つどいの広場

●5月の親子遊び

とき 月曜日・木曜日 10時から11時30分

ところ 子育て支援センター

対象 就園前の子と親

定員 15組

申込方法 電話で子育て支援センターまで

 

◇月曜日

11日 子育てホットタイム

18日 赤ちゃんわらべうた

25日 作って遊ぼう

◇木曜日

7日 リズムで遊ぼう

14日 集まれ!1歳児

21日 2歳からの集い

28日 お話し大好き

 

第1回サークル交流会

とき 5月13日(水曜) 10時から11時30分

ところ 青年の家

内容 サークル紹介、親子遊び、体操、ペープサート

対象 子育てサークル親子、サークルに関心のある人

持ち物 上靴、下靴入れ、お茶、タオル

※ 申込不要

 

ベビーマッサージ

とき 5月19日(火曜) 10時30分から11時30分

ところ 子育て支援センター

対象 3カ月以上12カ月以下の子と親(初めて参加の人)

定員 10組

※ 申込多数の場合は抽選

持ち物 バスタオル

受付日 5月12日(火曜)

申込方法 電話で子育て支援センターまで

 

5月生まれの誕生会

とき 5月27日(水曜) 10時から11時30分

ところ 子育て支援センター

対象 就園前の子と親

定員 15組

持ち物 お茶・タオルなど

申込方法 電話で子育て支援センターまで

 

ミニうんどうかい

とき 5月18日(月曜) 10時から11時30分

ところ 北部子育て支援センター

内容 体操、運動遊び

対象 就園前の子と親

定員 30組

受付期間 5月11日(月曜)・12日(火曜)

申込方法 電話で子育て支援センターまで

 

レッツゴー♪つどい

とき 5月27日(水曜) 10時から11時30分

ところ 米田公民館

内容 新聞紙で遊ぼう

対象 就園前の子と親

定員 15組

持ち物 お茶、汗拭きタオルなど

受付期間 5月20日(水曜)から22日(金曜)

申込方法 電話で子育て支援センターまで

 

北部子育て支援センターからのお知らせ 北部子育て支援センター 電話433-8866
つどいの広場

●5月の親子遊び

とき 火曜日・水曜日・金曜日 10時から11時30分、13時30分から15時

ところ 北部子育て支援センター

対象 就園前の子と親

定員 各15組

申込方法 電話で北部子育て支援センターまで

◇火曜日

12日 2歳からの集い

19日 子育てホットタイム

26日 集まれ!1歳児

◇水曜日

20日 食べるの大好き

◇金曜日

1日 ボールで遊ぼう

8日 わらべうたで遊ぼう

15日 リズムで遊ぼう

22日 赤ちゃんわらべうた

29日 作って遊ぼう

 

5月のおはなしルーム

とき

◇読み聞かせ会

14日(木曜) 10時から11時

◇おはなし会

25日(月曜) 10時から11時

ところ 北部子育て支援センター

定員 各15組

申込方法 電話で北部子育て支援センターまで

 

ファミリーサポートセンター ファミリーサポートセンター 電話442-0555
ファミリーサポートセンター入会説明会

とき 5月23日(土曜) 10時から11時30分

ところ ユーアイ帆っとセンター

対象 子育ての援助を受けたい市内在住・在勤の人で、おおむね6カ月から小学6年生の子どもがいる人

定員 20人

一時保育 5人(6カ月以上の子ども)

※ 要予約

しめ切り 5月21日(木曜)

申込方法 電話でファミリーサポートセンターまで

 

ファミサポミニミニ運動会(第1回交流会)

とき 5月30日(土曜) 10時から11時30分

ところ ユーアイ帆っとセンター

対象 ファミリーサポートセンター登録会員、子育て中の人

定員 30組

しめ切り 5月28日(木曜)

申込方法 電話でファミリーサポートセンターまで

 

<目次にもどる> 

 

地域ミーティング 市長と話そう! ふれあい座談会 秘書広報広聴室広報広聴担当 電話443-9001

  多数のご参加と貴重なご意見をいただきありがとうございました。

 平成27年度も引き続き行いますので、自治会単位でお申し込みください。

 

 平成24年10月から、小さな地域単位での座談会形式にスタイルを改め、多くの皆さんにご参加いただきました。

 このふれあい座談会では、市の実情を説明し、市政への理解を深めていただき、市政に対する率直な意見や地域の課題などを伺います。

 行政と市民が互いに情報を出し合い、理解し合うことが共助、参画と協働のまちづくりの基本です。市民の皆さんからいただいた声を市政運営に生かしたいと考えています。

 平成26年度の開催結果(概要)は情報公開コーナー(本庁舎1階)、各公民館、高砂地区コミュニティセンター、市ホームページでご覧いただけます。

 

<目次にもどる>

 

高砂市土地開発公社を解散しました 契約管財課 電話443-9028

 平成25年「広報たかさご5月号」、平成26年「広報たかさご5月号」でお知らせしたとおり、高砂市は「高砂市土地開発公社解散計画」に基づき、高砂市土地開発公社(以下「公社」)を平成26年12月18日に解散し、平成27年3月12日に清算結了しました。

 

 公社は、公有地の拡大の推進に関する法律に基づき平成4年に設立され、市の依頼を受けて公共用地の先行取得(左記事業一覧による)を行うほか、市内の住工混在状態の解消を図るために高砂工業公園整備事業を進めてきました。

 しかし、地価下落により先行取得の必要性が薄れたことに加え、長期間の景気停滞、市の財政状況の悪化などにより、借入金の利息負担に伴う簿価の上昇や資産価値の減少を招くなど、公社の経営状況が悪化しました。

 市は、平成25年度に第三セクター等改革推進債(以下「三セク債」)62億円を借入れ、公社借入金について代位弁済しました。公社は、高砂工業公園土地を代物弁済し、求償金額と代物弁済額との差額約30億円について、市からの債権放棄を受け、高砂工業公園整備事業を廃止しました。

 平成26年度には、6月の定例市議会で公社解散の議決を得て、残る公社が先行取得していた用地を全て市が買い戻し、兵庫県知事の解散認可により平成26年12月18日に公社を解散しました。

 その後、清算手続きを経て、平成27年3月12日に残余財産(現金7,590万6,790円)を市に帰属させて清算結了しました。

 

 公社の解散は、三セク債の償還と三セク債の金利も含め、市の財政にも多大な影響がありますが、長期的に考えた場合、早期に解散した方が、将来の安定的で堅実な市財政の構築につながると判断しました。

 

 今後は、三セク債の償還が市財政に与える影響をできるだけ軽減し行財政改革などへの取り組みを強化しながら、市が引き継いだ高砂工業公園の処分を適切に行っていきます。

 

▼公社が先行取得した事業一覧

区分 国鉄清算事業 団関連事業

事業名称 ユー・アイ・タウン整備事業

 

区分 国鉄清算事業 団関連事業

事業名称 貨物ヤード跡地整備事業

 

区分 国鉄清算事業 団関連事業

事業名称 高砂浄化センター雨水ポンプ施設整備事業

 

区分 国鉄清算事業 団関連事業

事業名称 市営松波住宅整備事業

 

区分 国鉄清算事業 団関連事業

事業名称 公共事業代替用地

 

区分 道路整備事業

事業名称 米田地内道路整備事業

 

区分 道路整備事業

事業名称 米田61・64号線整備事業

 

区分 道路整備事業

事業名称 沖浜平津線街路整備事業

 

区分 道路整備事業

事業名称 米田廃堤敷土地整備事業

 

区分 道路整備事業

事業名称 米田88号線整備事業

 

区分 道路整備事業

事業名称 米田79号線整備事業

 

区分 道路整備事業

事業名称 高須・松村線街路整備事業

 

区分 道路整備事業

事業名称 木曽町南北道路整備事業

 

区分 道路整備事業

事業名称 牛谷緑道整備事業

 

区分 道路整備事業

事業名称 北浜4・88号線整備事業

 

区分 道路整備事業

事業名称 高砂102号線整備事業

 

区分 道路整備事業

事業名称 高砂15号線整備事業

 

区分 公共用地 整備事業

事業名称 北浜公民館拡張事業

 

区分 公共用地 整備事業

事業名称 米田多目広場整備事業

 

区分 公共用地 整備事業

事業名称 図書館建設事業

 

区分 公共用地 整備事業

事業名称 北浜保育園整備事業

 

区分 公共用地 整備事業

事業名称 市ノ池公園整備事業

 

区分 公共用地 整備事業

事業名称 東宮町緑地整備事業

 

区分 公共用地 整備事業

事業名称 分団消防車庫整備事業

 

区分 公共用地 整備事業

事業名称 梅井保育園整備事業

 

区分 公共用地 整備事業

事業名称 北浜幼稚園整備事業

 

区分 公共用地 整備事業

事業名称 高砂分署移転事業

 

<目次にもどる>

 

希望のある医療をめざして 市民病院からのお知らせ 電話442-3981

市民病院では腹腔鏡手術を実施しています!

腹腔鏡手術の紹介(第2回/全4回)

盲腸(虫垂炎)

おなかの右下が痛い?

 右下腹部が痛くて、病院に来る方の半分は盲腸(虫垂炎)です。

 虫垂炎であれば、全身麻酔をして腹腔鏡で手術をします。以前のような下半身麻酔の手術と比べると手術中のストレスも少なくなります。虫垂炎の腹腔鏡手術では5ミリメートルの細いカメラ(腹腔鏡)を使って、少しでも傷が小さくなるようにしています。虫垂はおへその傷から取り出します。腹膜炎になっていなければ手術の後、数日で退院できます。

 

大きく切らないカラダに負担の少ない手術です

 

「看護の日」の催し

 フローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日(火曜)は「看護の日」に制定されています。

 今回は「看護の心をみんなの心に」をスローガンとし、心あたたまる看護が提供でき、身近な相談者として耳を傾けられるようにということをメッセージとして伝えています。受診以外の人もお気軽にお立ち寄りください。

 

とき 5月8日(金曜) 9時から13時

ところ 市民病院玄関ホール

 

内容

◇血圧・体脂肪の測定

◇健康相談(看護師・訪問看護師・栄養士・薬剤師・検査技師)

◇AEDの講習会

◇介護用品の展示

◇子どもの白衣体験

◇その他

※ ぼっくりんも来院します。写真撮影ご希望の人はカメラをご持参ください。

 

<目次にもどる>

 

あけぼの 2015.5.1 第156号 高砂市人権教育協議会 高砂市人権教育協議会事務局 電話443-9060

「人権文化のあふれるまちづくりをめざして」

高砂市人権教育協議会

 高砂市人権教育協議会(略称「市人協」)は、高砂市の人権文化の広がりとともに歩んできました。1970年結成以来、こころの豊かさと人権を尊重したまちづくりの推進に取り組んでいます。

 

専門部会の中から校区人権部会と企業部会の活動を紹介します

 校区人権部会は小学校区ごとに推進委員会を組織して、人権を尊重した地域づくりに取り組んでいます。これまで、“学習から実践へ”を合言葉に、一町一運動(心を育てる運動、オアシス運動など)を展開してきました。

 近年は、住民学習会と並行して校区ごとの人権講演会が定着しています。

 

<平成26年度の主な事業一覧>

高砂校区(講演会)

 アンニョンクレヨン 「歌とギターと共に・・・あかるく、じんわりと、みんなでいっしょに人権を考えよう!」

荒井校区(講演会)

 桂ぽんぽ娘 「なぜ、いじめはなくならないの?」~元いじめられっ子の落語家からのメッセージ~

伊保校区(講演会)

 村井敏郎 「今、あるがまま」

伊保南校区(講演会)

 アンニョンクレヨン「お化けと愛のお話」「平和コンサート」~まず隣を知ること~

中筋校区(講演会)

 エスペランサ 「明日は今日よりきっと幸せ」

曽根校区(講演会)

 アンニョンクレヨン 「人権友だちコンサート」

米田校区(講演会)

 はるまきちまき「あなたとわたし いまここにいるよ」~一人ひとりちがういのちのかがやき~

米田西校区(講演会)

 アマデウス大西 「心の豊かさが本物の笑顔になる」

阿弥陀校区(住民学習会)

 人権啓発DVD「生まれ来る子へ」視聴

北浜校区(講演会)

 中澤まゆみ 「高齢期の未来は、住民力で」

※ 敬称略

 

「じんけんワンポイント その3」

みんなで築こう 人権の世紀 ~ 考えよう 相手の気持ち 育てよう 思いやりの心 ~

(法務省人権擁護機関の平成27年度啓発活動重点目標から)

(1) 女性の人権を守ろう

(2) 子どもの人権を守ろう

(3) 高齢者を大切にする心を育てよう

(4) 障がいのある人の自立と社会参加を進めよう

(5) 同和問題に関する偏見や差別をなくそう

(6) アイヌの人々に対する理解を深めよう

(7) 外国人の人権を尊重しよう

(8) HIV感染者やハンセン病患者等に対する偏見や差別をなくそう

(9) 刑を終えて出所した人に対する偏見や差別をなくそう

(10) 犯罪被害者とその家族の人権に配慮しよう

(11) インターネットを悪用した人権侵害をなくそう

(12) 北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めよう

※ 以上の類型に該当しない人権問題として

(13) ホームレスに対する偏見や差別をなくそう

(14) 性的指向を理由とする偏見や差別をなくそう

(15) 性同一性障がいを理由とする偏見や差別をなくそう

(16) 人身取引をなくそう

(17) 東日本大震災に起因する偏見や差別をなくそう

 

専門部会の中から企業部会の活動を紹介します

 企業部会は市内83社が加盟し、人権が尊重される職場づくりを中心課題として、実践発表をもとに話し合う研究大会と、年2回の企業人権研修を行っています。

 これまで、杉本大士さん(太鼓屋六右衛門)、北尾真理子さん(ひょうご仕事と生活センター)、鈴木暁子さん(ダイバーシティ研究所)など、多彩な講師を招いて研修してきました。

 昨年度はパワー・ハラスメントについて、金井敬三さん(大阪企業人権協議会)と浅原俊彦さん(兵庫労働局の働き方・休み方改善コンサルタント)を講師に招きました。

 研究大会では、日新信用金庫宝殿支店の実践報告をもとに、分科会討議と取組交流を深めました。

 活動紹介した部会のほかに、保育園、認定こども園、幼稚園などが集う就学前教育部会や高等学校も加わった学校教育部会、白書運動を引き継ぐ人権教育連携部会が活動しています。広報「あけぼの」の学校園紹介は広報部会が担当しています。

 

 <目次にもどる>

 

高砂市観光物産推奨品推奨品・シールデザイン決定!! 高砂市観光協会 電話443-0500

 高砂市観光協会と高砂商工会議所では、高砂市の優れた物産品のさらなる販路拡大と品質向上による商業発展、観光振興を目的に高砂市観光物産推奨品事業を実施することになりました。そこでそのシンボルとなる推奨シールのデザインと推奨品の募集を行い、多数のご応募をいただきました。

 17商品の推奨品が認定され、シールのデザインは市内在住の宮下淳さんの作品が選ばれました。デザインのコンセプトはシンプルな丸(グッドをイメージ)の中に、高砂のイメージを納めて表現しています。

 今回認定された推奨品には支援活動として、PRするためのイベント案内、広報活動、販路コーディネーターなど専門家のセミナーを予定しています。

   高砂物産協会「高砂ラムネ」

下村商店「焼あなご」

名産神戸肉旭屋「高砂コロッケ」

Craftman龍「地球のかけら」「竜山石ペアアクセサリー」

福助堂「ぼっくりんと遊ぼ~」

福助堂「しょうゆ饅頭」

宇治園「高砂染数寄屋袋」「高砂染ポーチ」

カフェはま茶「高砂プリン」

キッコーマン食品(株)高砂工場「しぼりたて生しょうゆ」

シェ・エム・ナガツマ「しょうゆカステラ」

菓茶みきや「高砂産フレッシュブルーベリーのチーズケーキ」

現代竜山石器 石ころRi「歓杯・ぐい呑み」

柴田最正堂「野路菊の里」

柴田最正堂「尉姥相生千々里」

 

 <目次にもどる>

 

3・4月のスナップ

スプリングフェスタ鹿島川2015

▼4月4日(土曜)、鹿島川沿い(松陽高校グラウンド西側)で開催されました。ステージでは満開の桜の中、10団体がダンスや音楽などを披露し、多くの花見客でにぎわいました。

 

消防本部高砂分署開署式

▼4月1日(水曜)、高砂町朝日町に移転し、高砂東部地区の新たな防災拠点になる高砂分署で開署式が行われました。

 

第45回古典舞踊乃会

▼3月29日(日曜)、文化会館じょうとんばホールで行われ、約60人が出演しました。播州高砂天竺徳兵衛の創作舞踊などの、華麗な演技を披露しました。

 

市内中学校入学式

▼4月8日(水曜)、市内の各中学校で入学式が行われました。新入生は新しい学校生活への期待に胸を膨らませていました。

 

ぼっくりんに感謝状が贈られました

▼3月18日(水曜)、防犯教室や110番の日など市民生活の安全のために活動してきたぼっくりんに、高砂警察署長から感謝状が贈られました。

 

子育て支援センター土日オープニングコンサート

▼4月4日(土曜)、子育て支援センターで、土曜日・日曜日に利用できるオープンルームの開設を記念して、オープニングコンサートが行われました。

 

企画総務部 秘書広報広聴室 広報広聴担当

郵便番号:676-8501

住所:兵庫県高砂市荒井町千鳥1丁目1番1号

電話442-2101(代表) FAX442-3193

http://www.city.tAkAsAgo.hyogo.jp/

 

広報たかさごは再生紙を使用しています。

 

<目次にもどる>