高砂市では、平成20年に「文化財総合的把握モデル事業」の採択を受け、地域の文化財調査を実施し、その成果報告として、平成23年3月に『文化財総合的把握モデル事業文化財調査報告書』を発行しました。

 文化財調査に際しては、文化財調査専門部会を設置し、大学等専門機関の支援と市民参加の調査体制により、史跡・建造物・石造物・墓石・民俗・文献・岩石の7分野にわたる文化財調査を実施しました。 

全文

『文化財総合的把握モデル事業文化財調査報告書』 [52693KB pdfファイル]  

各章ごと

表紙・序文・例言・凡例・目次 [10381KB pdfファイル] 

第1章 概要 [774KB pdfファイル]  

第2章 史跡・景観調査 [7664KB pdfファイル]  

第3章 建造物・まちなみ調査 [13866KB pdfファイル]  

第4章 石造物調査 [38752KB pdfファイル]  

第5章 墓石調査 [6312KB pdfファイル]  

第6章 民俗調査 [2912KB pdfファイル]  

第7章 文献調査 [1717KB pdfファイル]  

第8章 岩石調査 [2426KB pdfファイル]  

第9章 まとめ・奥付 [184KB pdfファイル]  

添付資料 文化財調査対象文化財分布図 [8989KB pdfファイル] 

 その他

歴史文化基本構想の策定についてはこちら。

文化財の紹介はこちら。

文化財総合的把握モデル事業の取組みはこちら。