広報たかさご10月号 No.847 平成27(2015)年

表紙

ナイトファンタジーイリュージョン 音と光が織り成すシンフォニー 9月5日土曜日

 

目次

マイナンバー制度がはじまります

特定健診

のびのびすこやか

美化センターからのお知らせ

あけぼの

市民病院からのお知らせ

がん予防啓発

インターンシップ

高砂市文化連盟

マイタウン8・9月のスナップ

 

人口と世帯(9月1日現在、外国籍人口を含む)

人口 93,440(マイナス61) 世帯 39,112 (マイナス5)
人口の内訳 男 45,744(マイナス38) 女 47,696(マイナス23)

 

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)がはじまりますVol.5

「通知カード」って何?
「通知カード」は、個人番号(マイナンバー)をお知らせするための紙製カードです。個人番号のほか、住所、氏名、生年月日、性別が記載されます。

「通知カード」ってどんなことに使うの?
今後、さまざまな行政手続きで個人番号の記入が求められます。そのときに、自身の個人番号確認のため「通知カード」を使用していただきます。また、『個人番号カード』交付のときに「通知カード」が必要になります。

「通知カード」は身分証明書になるの?
「通知カード」には顔写真が付いていないので、身分証明書にはなりません。本人確認のときには、原則として運転免許証などの身分証明書が必要になります。

「通知カード」と『個人番号カード』の違いは?
「通知カード」は個人番号をお知らせするためのカードです。世帯ごとに10月から順次送付され、11月末までに届きます。『個人番号カード』は顔写真付きのICカードで、申請すれば希望者に交付され、身分証明書としても利用できます。

『個人番号カード』はどうやって申請するの?
「通知カード」とあわせて『個人番号カード』の申請書が、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)から送付されます。『個人番号カード』交付希望の人は、申請書に必要事項を記入の上、自身の証明写真と一緒にJ-LISに郵送してください。

住民基本台帳カード(住基カード)はどうなるの?
現在の住基カードは、有効期間満了日まで使用可能です。ただし、『個人番号カード』を交付するときには、お持ちの住基カードを回収します。
※ 住基カードの新規申請および更新受付は平成27年11月30日で終了し、交付は平成27年12月28日をもって終了します。

『個人番号カード』の交付方法は?
平成28年1月から順次交付を開始する予定です。(初回は無料交付)申請した人に交付通知書を送付しますので、届いた人は必要書類を持参のうえ、市役所へお越しください。
※ 市役所に来られない人は、J-LISに申請書を郵送する前にご相談ください。

10月中旬から順次「通知カード」が送付されます
※ 11月末までにお手元に届きます

(1) あなたのマイナンバー(個人番号)です。
・マイナンバーの提示
 平成28年1月以降、職場や行政手続きなどの際に、マイナンバーの提示を求められます。

(2) 左のカードは、あなたにマイナンバーを通知するための「通知カード」です。
・「マイナンバーを証明する書類」として利用することができます。
・注意
「本人確認の際の身分証明書」として利用することはできません。

(3) もし、記載されている氏名、住所などに誤りや引っ越しなどによる変更がある場合には
市民課(電話443-9019)までご連絡ください。
通知カードは、大切に保管してください。

【マイナンバー制度・個人番号カードに関するお問い合わせ】
◇高砂市
・マイナンバー制度に関すること 経営企画室 電話443-9007
・個人番号カード、通知カードに関すること 市民課 電話443-9019
・総合ナビダイヤル 電話0570-02-2178
※ 10月13日(火曜)以降は、総合ナビダイヤルにお問い合わせください。
(受付時間) 9時から17時
※ 土曜日・日曜日、祝日、年末年始を除く
◇国
・日本語窓口 電話0570-20-0178
・外国語窓口(English) 電話0570-20-0291
※ 対応言語 English,Chinese,Korean,Spanish,Portuguese
 (受付時間) 9時30分から17時30分
※ 土曜日・日曜日、祝日、年末年始を除く

 

 <目次にもどる>

 

お済みですか?!あなたの健康チェック 
特定健診
病気の予防、早期発見のために1年1回特定健診を必ず受診しましょう!

特定健診
 対象者には、特定健診の案内を送付しています。
対象 40から74歳の国保加入者(平成27年4月1日現在)
受診期限 平成28年2月29日(月曜)
健診内容(基本項目) 問診、身体計測(身長・体重・腹囲・体格指数)、血圧測定、尿、血液検査(血糖値・コレステロール・中性脂肪・肝機能・腎機能)

【個別健診】
 市内指定医療機関での受診になります。
申込方法 直接電話で市内指定医療機関まで
※ 事前予約が必要
※ 市内指定医療機関は受診案内または市ホームページでご確認ください。

【集団健診】
ところ 保健センター
申込方法 直接電話で保健センター(電話443-3936)まで
◇集団A
とき 11月12日(木曜)、12月8日(火曜)、平成28年1月14日(木曜)、2月26日(金曜)
内容 特定健診(基本項目)たす各種がん検診等(有料)
◇集団B
とき 11月10日(火曜)、12月14日(月曜)、平成28年1月24日(日曜)・29日(金曜)、2月10日(水曜)・29日(月曜)
※ 11月10日(火曜)、平成28年1月29日(金曜)は総合体育館
※ 12月14日(月曜)は午前のみ無料託児あり
内容 特定健診(基本項目)たす詳細項目(有料)たす各種がん検診等(有料)
※ 集団Bは、詳細項目(心電図、眼底検査、血液検査の内容が充実)とセットで料金は2‚000円。
国保医療課国保給付係 電話443-9020

特定健診(基本項目)の健診料は無料です
(1)受付
(2)支払
※ 追加項目、各種がん検診等を受診した場合のみ
(3)血圧測定
脳卒中や心臓病などの危険度を調べます
(4)尿検査
腎臓、尿路の状態や糖尿病などを調べます
(5)身長・体重
肥満度を判定します
(6)血液検査
血糖値、コレステロール、中性脂肪、肝機能、腎機能を調べます
(7)腹囲
肥満度を判定します
(8)問診
健康状態や生活習慣を聞き取り、検査の参考にします
眼底(有料) 糖尿病による目の病気や動脈硬化の状態などを調べます
心電図(有料) 不整脈や狭心症などの心臓に関わる病気を調べます
胸部レントゲン検査(有料) 肺がん、肺結核、肺炎、気管支炎などの肺の病気を調べます
受診終了
結果通知 自宅に健診結果を郵送
特定保健指導 対象者のみ

 

<目次にもどる>

 

子育て支援室からのお知らせ のびのびすこやか
保育所、認定こども園(保育所部分)平成28年度の新入園児を募集します!!
子育て支援室 電話443-9025

対象 保護者が保育を必要とする事由に該当する0から5歳児
【保育を必要とする事由】
 次のいずれかに該当することが必要です。
◇1カ月に48時間以上労働することを常態としている場合
◇妊娠中または出産後、間がない場合
◇疾病若しくは負傷、または精神若しくは身体に障がいを有している場合
◇同居の親族を常時介護または看護している場合
◇震災、風水害、火災その他の復旧にあたっている場合
◇求職活動を継続的に行っている場合
◇就学している場合
◇その他、保育が必要な状態にあると認められる場合
入所・入園の可否 実態調査により決定
受付期間 10月19日(月曜)から30日(金曜) 8時30分から17時15分
※ 土曜日・日曜日を除く
申込書交付 10月5日(月曜)から子育て支援室で配布
申込方法 申込書に必要事項を記入の上、保育が必要な証明書(勤務証明書など)を添え、子育て支援室まで
※ しめ切り後は、子育て支援室までご相談ください。
※ 平成27年度途中入所・入園の申込者も、改めて申し込みが必要です。
※ 市外の保育施設に入所の希望者も、子育て支援室へお申し込みください。
その他
◇発達状況など気になることがある場合は、申込時にご相談ください。
◇産休・育休明け保育など、年度途中からの入所・入園の希望者も受け付けします。
保育の必要量
 保育を必要とする事由や就労時間により保育所、認定こども園(保育所部分)の利用時間を決定。

就労時間 月に120時間以上
利用時間 保育標準時間 最長11時間(例7時から18時)

就労時間 月に48時間以上
利用時間 保育短時間 最長8時間(例8時30分から16時30分)

【入所・入園手続きの流れ】
保育所、認定こども園(保育所部分)の利用を希望する場合

(1)市に申込書を提出・認定の申請

(2)市から認定証を交付

市が保育の必要性に応じて利用施設を調整

(3)市から利用調整の結果を通知

入所・入園

利用施設一覧

市立 保育所

施設名 荒井保育園
所在地 荒井町紙町
連絡先 電話443-6701

施設名 梅井保育園
所在地 梅井4丁目
連絡先 電話447-1055

施設名 曽根保育園
所在地 曽根町
連絡先 電話447-0489

施設名 米田保育園
所在地 米田町米田
連絡先 電話432-3593

市立 認定こども園

施設名 高砂こども園※1
所在地 西畑1丁目
連絡先 電話442-0041

施設名 中筋こども園※1
所在地 中筋1丁目
連絡先 電話447-5578

施設名 阿弥陀こども園※1
所在地 阿弥陀町阿弥陀
連絡先 電話447-5775

施設名 北浜こども園※1
所在地 北浜町北脇
連絡先 電話079-254-1558

私立 保育所

施設名 白兎愛育園
所在地 荒井町千鳥2丁目
連絡先 電話442-8900

施設名 中筋保育園
所在地 中筋2丁目
連絡先 電話447-2640

施設名 子供の園保育園
所在地 曽根町
連絡先 電話447-1641

施設名 真浄寺きくなみ保育園
所在地 高砂町松波町
連絡先 電話442-4416

施設名 米田西保育園
所在地 米田町米田
連絡先 電話431-1471

私立 認定こども園※2

施設名 認定こども園 真浄寺保育園※1
所在地 伊保3丁目
連絡先 電話447-0018

施設名 認定こども園 さいしゅうじこども園
所在地 伊保崎5丁目
連絡先 電話447-5209

施設名 美保里こども園※1
所在地 美保里
連絡先 電話442-0088

施設名 認定こども園 正蓮寺保育園
所在地 阿弥陀町魚橋
連絡先 電話448-2333

施設名 聖パウロこども園※1
所在地 阿弥陀町魚橋
連絡先 電話448-1101

施設名 みどり丘こども園※1
所在地 緑丘1丁目
連絡先 電話442-1020

※1 平成28年4月1日より認定こども園に移行予定です。
※2 1号認定(幼稚園部分)の募集については各園にお問い合わせください。

 市立幼稚園・認定こども園(幼稚園部分)の新入園児募集については、広報たかさご11月号でお知らせします。

子育て支援センター 電話442-2242
申し込み・問い合わせは、電話で子育て支援センターまで

つどいの広場
●10月の親子遊び
とき 月曜日・木曜日 10時から11時30分
ところ 子育て支援センター
対象 就園前の親子
定員 各15組
◇月曜日
5日 集まれ!1歳児
19日 作って遊ぼう
26日 子育てホットタイム
◇木曜日
1日 2歳からの集い
15日 赤ちゃんわらべうた
22日 お話し大好き
29日 ハロウィンで遊ぼう

●10月生まれの誕生会
とき 10月28日(水曜) 10時から11時30分
ところ ユーアイ帆っとセンター交流スペース4
対象 就園前の親子
定員 15組
持ち物 お茶、タオルなど
申込日 10月14日(水曜)から16日(金曜)

●レッツゴー♪つどい
とき 10月7日(水曜) 10時から11時30分
ところ 北浜小学校西棟(旧北浜幼稚園)
内容 お祭りごっこ
対象 就園前の親子
定員 15組
持ち物 お茶、汗拭きタオルなど
申込日 10月1日(木曜)・2日(金曜)

●ミュージックケア
とき 10月5日(月曜) 10時から11時30分
ところ 北部子育て支援センター
内容 音楽に合わせ快い刺激を受けながら情緒の回復や安定を図る
対象 就園前の親子
定員 15組
持ち物 上靴・下靴入れ、お茶、汗拭きタオルなど
申込日 10月1日(木曜)から3日(土曜)

●親子ふれあい球技大会
とき 10月31日(土曜) 10時から12時
ところ 生石体育センター
内容 親子で遊び思い切り体を動かそう!
1部 親子遊び
2部 球技大会(ソフトバレーボール)
対象 就園前の親子
定員 30組
持ち物 上靴・下靴入れ、お茶、着替え、タオルなど
申込日 10月5日(月曜)から9日(金曜)

●歯科健康教室
とき 10月8日(木曜) 10時から11時30分
ところ ユーアイ帆っとセンター交流スペース2・3
内容 乳幼児期に守る健康な歯について(ペープサート・お弁当作り・講話)
対象 就園前の親子
定員 30組
持ち物 手鏡、スタイ、手拭タオルなど
申込日 10月5日(月曜)・6日(火曜)

北部子育て支援センター
北部子育て支援センター 電話433-8866
申し込み・問い合わせは、電話で北部子育て支援センターまで

つどいの広場
●10月の親子遊び
とき 火曜日・水曜日・金曜日 10時から11時30分 13時30分から15時
ところ 北部子育て支援センター
対象 就園前の親子
定員 各15組
◇火曜日
6日 赤ちゃんわらべうた
13日 子育てホットタイム
20日 2歳からの集い
27日 タオルで遊ぼう
◇水曜日
14日 エプロンシアター
21日 ミニミニミニ運動会
28日 作って遊ぼう
◇金曜日
2日 わらべうたで遊ぼう
9日 パフリングで遊ぼう
16日 傘袋で遊ぼう
23日 集まれ!1歳児
30日 リズムで遊ぼう

●10月のおはなしルーム
◇読み聞かせ
8日(木曜) 10時から11時
◇おはなし会
19日(月曜) 10時から11時
※ いずれも定員15組

児童扶養手当・特別児童扶養手当の現況届・所得状況届の提出はお忘れなく
 児童扶養手当の認定を受けている人に現況届、特別児童扶養手当の認定を受けている人に所得状況届を郵送しています。
 8月以降の手当支給審査のために必要ですので、必ず提出してください。
問い合わせ先 子育て支援室 電話443-9024

今月は児童手当10月期(6月から9月分)の支払月です。10月15日(木曜)に振り込みます。

 

<目次にもどる>

 

美化センターからのお知らせ
広域ごみ処理施設の稼働に向けて、ごみ焼却量の削減が必要です!
問い合わせ先 計画管理課 電話448-5260

現在、平成34年4月の施設稼働に向けて、東播2市2町(高砂市、加古川市、稲美町、播磨町)で広域ごみ処理施設整備事業を進めています。現在の美化センター敷地が新しい施設の建設予定地であることから、現在の施設の解体期間および新しい施設の建設期間は、高砂市のごみを加古川市などの施設に搬入することになります。
加古川市などの施設には処理能力の関係上、焼却量に制限があり、高砂市の年間焼却量を26,500トンまでにする必要があります。また、新しい処理施設では、高砂市の計画焼却量が年間25,724トンですので、焼却量のさらなる削減が必要となります。(※ 図1参照)
皆さん一人ひとりの小さな取り組みが、ごみの減量化・再資源化、環境負荷の低減に大きくつながります。
ごみの減量化・再資源化に一層のご理解とご協力をよろしくお願いします。


あなたは何点?
ごみ減量化・再資源化チェックシートでチェックしてみましょう!
ごみ減量・再資源化チェック(50点満点)
□生ごみは十分に水を切ってから捨てている(5点)
□食べ残しはしない(3点)
□食材は余らせないように使い切っている(3点)
□冷蔵庫の在庫リスト表を作っている(3点)
□買い物はマイバッグを持参している(3点)
□過剰包装は断っている(3点)
□詰め替え商品を選んでいる(3点)
□野菜などはバラ売り商品を選んで購入している(2点)
□資源物はきちんと分別している(5点)
□食品トレイは店頭回収に持って行く(3点)
□エコマーク商品を購入している(3点)
□使い捨て商品はなるべく購入しない(3点)
□生ごみの堆肥化を行っている(3点)
□不用品などはリサイクルショップやフリーマーケットを活用している(3点)
□物を大事にして、修理や部品交換で長持ちさせている(5点)

50点から44点 すばらしい!あなたは「ごみ減量・再資源化マスター」です。
43点から34点 惜しい!ごみ減量・再資源化マスターまでもう少しです。
33点から20点 努力されていますね!この調子で頑張ってください!
19点から10点 まだまだチャレンジできますね!チェックシートを参考にチャレンジしてみてください!
9点から0点 市民一人ひとりが主役です。頑張ってください!


生活環境影響調査に係る現況調査を実施しています
問い合わせ先 広域ごみ処理施設建設推進室 電話448-8766

 現在、高砂市では、広域ごみ処理施設の建設に関する事業を進めており、法律で定められている生活環境影響調査(※1)に係る現況調査を実施しています。
 現況調査は、大気質、騒音・振動・交通関係、悪臭、水質の各調査項目のバックグラウンド濃度(※2)を把握することを目的に実施します。これに本事業による環境影響を加えて、広域ごみ処理施設による環境影響を予測、評価します。
 下記の写真は、もくせい公園(曽根町)で大気質のバックグラウンド濃度を測定している様子です。
 今後も、各家庭に配布している「東播臨海広域市町村圏における広域ごみ処理施設生活環境影響調査実施計画(概要)」に沿って引き続き調査を進めていきますので、ご理解とご協力をお願いします。

※1 生活環境影響調査…廃棄物処理施設を設置するにあたり、周辺地域の生活環境に及ぼす影響をあらかじめ調査し、その結果に基づき、地域ごとの生活環境に配慮した対策を検討するために行う調査のことです。
※2 バックグラウンド濃度…本事業に由来するもの以外の影響による濃度のことで、生活環境影響調査の現況調査の結果で得られる測定データのことです。


電動式生ごみ処理機の購入費を助成しています!

 電動式生ごみ処理機を使用すれば、『生ごみの減量』と『リサイクル(生ごみの堆肥化で、家庭菜園などの有機質肥料)』に大変有効です。
 また、ごみ出しの手間が減るなど、次のような効果もあります。

(1) キッチンがいつも清潔
(2) 生ごみの臭いが抑制できる
(3) ごみ汁が垂れる心配がない
(4) ごみの日までの生ごみの置き場所に困らない
(5) ごみ置き場に持っていくのが楽

対象者
◇市内在住で市税を滞納していない人
※ 事業者は対象外
対象機器
◇家庭用として市販されている電動式生ごみ処理機
※ ディスポーザは対象外
◇平成26年4月以降に購入したもの
助成金額 購入金額の半額
※ 税抜・千円未満の端数切捨て・上限3万円
助成台数 数に限りがあります。
申請期間 5月1日(金曜)から平成28年3月31日(木曜)
受付場所 計画管理課
必要書類 申請書兼請求書、領収書、保証書、住民票、市税の完納証明書
※ 申請書は、計画管理課、本庁受付、各市民サービスコーナー、市民コーナーにあります。
問い合わせ先 計画管理課 電話448-5260

 

<目次にもどる>

 

あけぼの 第157号
問い合わせ先 高砂市人権教育協議会事務局 電話443-9060

心の豊かさと人権を尊重したまちづくりに向けて
~高砂市人権教育研究大会~
 7月28日(火曜)、文化会館を主会場に、第42回高砂市人権教育研究大会を開催しました。
【全体会】
 427人が参加した全体会では、「力によらない子どもの指導と子育て」と題して森田ゆりさん(エンパワメント・センター主宰)の講演がありました。「体罰や威圧的な言動だけでは、子どもは何も成長しないと思います。子どもの事を1番に考えての指導が必要だと感じました。」など共感的な感想が寄せられました。
【分科会】
 午後には3会場10分科会に275人の参加がありました。

1就学前教育関係
 (感想)何よりも職員間の連携が園の保育力の要となることを実感しました。
2学校教育関係
 (感想)発表をもとに、小中高の交流ができて大変有意義でした。
3社会教育関係
 (感想)むかし、学んだ同和問題の歴史とは違ってきていることに驚きました。正しく理解することが重要だと思いました。
4森田ゆりさん

10月は食育月間!
Q.朝食の役割、知ってる?
A.体温を上昇させて、活発に活動できるリン♪
A.胃腸の働きがよくなり、排便を促すリン♪
A.脳のエネルギー源のブドウ糖が、集中力を高めるリン♪

 

人権教育、節目の50年
高砂市人権教育協議会 会長 船田昭信
 今年は、同対審答申から50年という人権教育にとって節目の年です。
 同和教育から人権教育へ、脈々とその活動が続いています。お互いの違いを認め合い差別やいじめのない社会をつくっていこう、優しい心を育む教育を進めていこうと活動してきました。
 この度、高砂市社会福祉協議会を構成団体として迎え、障がい者福祉や高齢者福祉での人権教育の充実に取り組んでいこうと思っております。私たちがもっと早く取り組めていたら、虐待などの事件は起きなかったのではないか、と残念な思いでおります。今後の対策を急がねばなりません。高砂市が人権文化豊かなまちに発展しますように、皆さま方とともに頑張って活動を進めていくということを誓い合って、あいさつとさせていただきます。

 

曽根幼稚園
親子で幸せ体験
 毎年、人権教育の一環として「子育て講演会」を行っています。今年度は、石堂美紀代さん(NPO法人子育てサポート☆きらりing顧問)に「いい親になるより、幸せな親になろう」という演題で講演していただきました。

 前半は、親子で参加して「おすしをつくろう」「グ・チョキ・パ野菜バージョン」などの遊びを通して、親子のふれあいやスキンシップの大切さを実感しました。
 後半は、自身の子育て話や保護者が日常生活の中で「幸せ感」がもてるようになると、その姿を見て子どもも幸せ感がもてるようになるという話をしていただきました。
 保護者が子どもをギュッと抱きしめると子どもの嬉しい顔が見られたり、目と目を合わせてアイコンタクトをとったりしている姿がほほえましく感じられました。子どもとのふれあい遊びを通して親子とも「幸せ感」が感じられる体験になっていたように思いました。
 これからも、保護者と子どもが幸せ感をもつことで、自尊感情を育んでいきたいと思います。
保護者の感想
◇講演会で「幸せ感」の話を聞いて、自分でも幸せ感を見つけて前向きに過ごしていきたいと思いました。
◇親子遊びでは、親子共に笑顔になれてとても楽しかったです。家でも「キャベツがキャー」と言って今でも一緒にしています。
◇人の心に寄り添うこと、その人の気持ちになって一緒にうなずき共感しあえることが大切だと強く感じました。

松陽中学校
子どもが作る「弁当の日」
 平成23年から「子どもが作る『弁当の日』」を学期に一回行っています。「食べる」側から「作る」側へと立場が変わると、料理に興味をもち、親への感謝の気持ちを再認識する機会となっています。

 方針は「子どもだけで作る。食材の買い物からご飯炊き、おかず作り、後片付けまで全て子どもだけで行う。」としていますが、家庭の事情も考えて次の3つのコースを設定しています。
◇【完璧コース】 全部ひとりで作る
◇【1品コース】 1品だけ作る
◇【盛り付けだけコース】 盛り付けだけをする
 今年度の第1回目の「弁当の日」は7月6日(月曜)でした。「完璧コース」「1品コース」「盛り付けだけコース」それぞれ約3分の1という結果でした。
子どもの感想
 今日は6時25分に起きました。お弁当を作るときに気をつけたことは、台所の隣で寝ているお母さんたちを起こさないようにしたことです。あと、もう夏で暑いので、腐ってしまわないようにおかずを冷ましてからつめたり、しっかり火を通したりしました。ごはんもお弁当箱の下を保冷剤で冷やしました。栄養バランスにも気をつけました。
 妹が今日は給食じゃないので、妹の分も作りました。妹が野菜でも美味しく食べられるように工夫しました。妹の分のおにぎりにはのりでキャラ弁にしました。冷凍食品には添加物がたくさん入って体に悪いと習ったので、使わないように頑張りました。
 朝は時間との勝負なので、早くスムーズに作業ができて良かったです。卵焼きは得意なので、ふわふわでおいしいのが作れました。
保護者の感想
 初めて自分でお弁当を作るということで、本人がヤキソバを作ると提案し、今朝はいつもより30分早起きしました。キャベツをどれくらい使うのか、どの大きさに切るのかひとつひとつ聞きながらではありましたが、無事に完成しました。私とお父さんの分もお弁当につめて持っていき、職場の人に「今日は息子が作ったお弁当なんよ。」と話し、味もおいしく、とてもうれしい時間でした。

人権コラム
障がいのある人の自立と社会参加を進めよう
 障がいのある人が職場で差別を受ける、店舗でのサービスを拒否されるなどの人権問題が発生しています。「障がいを理由とする差別の解消の推進に関する法律」の施行も間近に控え、障がいのある人が障がいのない人と同じように生活し、活動することのできる社会にするため、この問題についての関心と理解を深めていくことが必要です。
(法務省人権擁護局の啓発活動年間強調事項より)

「障がいを理由とする差別の解消の推進に関する法律」
 平成18年に国連で「障がい者の権利に関する条約」が採択され、日本においても、平成23年に障がい者基本法の改正が行われました。基本原則「差別の禁止」が規定され、これを具体化する法律として平成25年に制定されました。来年度より施行。
(略称 障がい者差別解消法)

 

<目次にもどる>

 

希望のある医療をめざして
市民病院からのお知らせ 電話442-3981

わくわく健康まつり~笑顔で広がる地域のWA~
第8回「高砂市民病院健康まつり」を開催します!
とき 10月24日(土曜) 12時から15時
ところ 市民病院1階ロビー・2階講義室 ほか
内容
◇計測コーナー(頸動脈エコー・血糖・血圧・BMI・骨評価・体組成計・視力検査(眼圧))
※ 頸動脈エコーのみ定員100人
◇キッズコーナー(スーパーボールすくい・輪投げ・お菓子つかみ)
◇院内探検(手術室見学・体験ツアー)
◇体験コーナー(フットケア・除菌スプレー・パステルアート・運動機能測定、AED・心肺蘇生、いきいき百歳体操)
◇公開講座(麻酔科・緩和ケア)
◇バザー
◇ぼっくりんとの撮影会 ほか
※ 駐車場には限りがありますので、ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。

緩和ケア
~リンパドレナージュセラピストが2名体制に~
リンパ浮腫でお困りではありませんか
 緩和ケア病棟は、緩和ケア内科医師ががんの痛みなどの症状を専門的に緩和する病棟です。緩和ケア認定看護師をはじめ、リンパドレナージュセラピストなど専門スタッフが、患者さまとご家族のつらさが和らぐように、家庭的な雰囲気の中でその人らしく生きる大切な日々を支援しています。
 そんな緩和ケア病棟に、リンパドレナージュセラピストが新たに1名誕生し、2名体制になりました。
 リンパドレナージュセラピストは、腕や脚の浮腫に関して複合理学療法を基にしたセルフケア指導を中心に行ないます。お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。
<リンパ浮腫外来>
とき 毎週木曜日 9時から16時(要予約)
※ 初回 60分(面談を含む) 2回目以降 約50分
ところ 6階緩和ケア病棟多目的室

臨時看護補助員募集
採用人数 若干名
資格 特に必要なし
※ ヘルパー資格、介護職員初任者研修修了者優遇
勤務時間 3交替
(1)7時45分から16時
(2)11時45分から20時
(3)12時45分から21時
休日 週休2日制
時給 950円
※ ヘルパー資格者、介護職員初任者研修修了者は1‚000円
保険 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
選考方法 書類選考、面接
必要書類 履歴書
※ 資格がある人は資格者証の写し

 

<目次にもどる>

 

“大腸がん”で 命 を落とさないために…
~大腸がんは早期発見・早期治療で90パーセント以上が完治します~

大腸がんは・・・
 食生活の欧米化により、近年は大腸がんにかかる人が急速に増えています。その数は、ここ30年で約6倍となり、一生のうちに男性で約11人にひとり、女性で約14人にひとりが大腸がんと診断されています。
 大腸がんでの死亡数は、全国で約4万7千人に上り、部位別がん死亡数では女性で第1位、男性で肺がん、胃がんに次いで第3位になっています。

40歳になったら、1年に1回大腸がん検診を!
 大腸がんは40歳を過ぎると増え始め、60から70歳代の高齢者に発症しやすい病気です。病気の進行が比較的遅く、早期ではほとんど自覚症状がありません。早期発見、早期治療であれば、負担の少ない内視鏡手術で90パーセント以上が治癒します。
 しかし、病気が進行して他臓器への転移後に発見すると、生存率は大きく下がり、治療費の負担も大きくなります。そのため、症状がない間に検診で発見することが重要です。

40歳を過ぎたら、自覚症状がなくても、年1回の大腸がん検診を受診しましょう!

安心・簡単!大腸がんの検査
 市の大腸がん検診(便潜血反応検査2日法)は、自宅で便をとって提出するだけの食事制限がない簡単な検査です。
 受診方法は右の2通りです。

受診方法 集団検診
年齢 集団A 40歳以上
料金 700円
※75歳以上は無料
申込方法 電話で保健センターへ

受診方法 集団検診
年齢 集団B 40から74歳
料金 700円
※75歳以上は無料
申込方法 電話で保健センターへ

受診方法 個別検診
年齢 40歳以上
料金 700円
※75歳以上は無料
申込方法 大腸がん個別検診実施医療機関へ

すでに自覚症状がある場合には、検診ではなく医師の診察を受けましょう!

精密検査は必ず受診を!
 平成26年度に大腸がん検診を受診した3‚696人のうち272人が「要精密検査」と判定されました。
 そのうち、12人(約4パーセント)に大腸がん、126人(約46パーセント)に他の大腸の病気が見つかりました。
 「自覚症状がない」「痔だから」などと自己判断せずに、精密検査を受けましょう!
問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

  

<目次にもどる> 

 

インターンシップ

8月26日(水曜)から28日(金曜)、高砂南高校2年生の川田伊代さん、京谷心愛さんが広報広聴担当で職業体験を行いました。

-緊張と期待(1日目)-
 ひたすらパソコンに向かって、黙々と作業をしている堅く厳かなイメージがあった市役所。緊張で肩に力が入りすぎていたのですが、そんな私たちをとても温かく迎えてくれた市役所の皆さんのおかげで、少し緊張も解けて期待の多い1日の始まりとなりました。
 私たちは市役所の中でも、広報広聴担当という主に広報誌をつくっている部署で職業体験をすることになりました。庁内は部署が多く、初めて聞くような名前や、普段見ることができない場所も見学することができ、とても刺激的でした。
 次に、白兎愛育園に行き運動会の練習を撮影。一眼レフカメラで写真を撮るのは初めてで、カメラは重い。やっぱり携帯のカメラで撮るのとは違ったので、なかなか上手く撮れず苦労しました。

-カメラとの闘い(2日目)-
 2日目はカメラの練習も兼ねて風景の写真を撮りに曽根神社に行きました。納得のいく写真はあまり撮れなかったけど、1日目よりはカメラの扱いにも少し慣れ、楽しく撮影することが出来ました。
 次に、高齢者大学でグラウンドゴルフをしている様子を撮らせていただきました。人を撮るのはもっと難しくて、どうすればいきいきとした表情や楽しんでいる様子が伝わる写真が撮れるのか、とても悪戦苦闘しました。
 その他、BAN-BANテレビの収録にも参加しました。今年の4月1日から新しくなった消防本部高砂分署をテレビ撮影している様子を撮らせていただきました。分署を訪れたのは初めてのことで、仮眠室や事務所、会議室、トレーニングルームなどたくさんの部屋を見せていただきました。そこには女性用の仮眠室もあり、女性消防士も積極的に受け入れられる態勢がしっかり整っていることに驚きました。そして収録が始まると部屋にはたくさんの機材がおかれ、本番になりキャスターの方が話し始めると見ているだけの私たちがなぜか緊張してしまいました。貴重な体験をさせていただくことができてとてもありがたかったです。

-文章とにらめっこ(3日目)-
 最終日のこの日は、広報誌づくりをしました。文章を考えるのが思ったより難しく、1ページ分の文章を考えるだけで1日かかってしまいました。何気なく読んでいた広報誌だったけど、これを何十ページも作るのがどれだけ大変なことかわかった気がします。

-インターンシップを終えて-
◇貴重な3日間(川田さん)
 私は市役所に堅いイメージを持っていましたが、職員のみなさんはとても優しく丁寧に接してくれたし、取材するときなど市民の方々に直接接する機会も多くあって3日間とても楽しく過ごすことができ、市役所に親しみを持てた感じがします。将来、市役所に勤めたいと考えている私にとってこのような機会はとてもありがたく、迎えてくださった市役所職員の方々やサポートしてくれた学校の先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。3日間ありがとうございました。

◇初めて!!!(京谷さん)
 この3日間でたくさんの経験をさせていただきました。まず始めに庁内案内をしていただいたのですが市役所の中にはたくさんの部署があってすごく驚きました。
 今まで使ったことのない大きいカメラを持って、いろいろなところへ行って撮影をしました。この3日間貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

 

<目次にもどる>

 

高砂市文化連盟

 昭和52年4月1日に設立され、現在は市内の古典芸能、合唱、吹奏楽、美術などの各種文化団体の16団体が加盟。各種団体間の密接な連絡協調をはかり、文化を育て豊かな郷土をつくることを目的として活動しています。
※ 各団体では、随時会員を募集しています。興味のある人は直接、各団体にお問い合わせください。

はじめまして「高砂市合唱連盟」です!
【主な活動紹介】
 13の団体、356人の会員で構成しています。
 市内の各公民館などで歌を通して親睦を深め、美しいハーモニーを響かせようと練習を重ねています。
 最近では「月の沙漠」などの作曲で著名な佐々木すぐる氏の生誕120周年を機に、新しく創設した「佐々木すぐる生誕120周年記念混声合唱団」と「青い鳥児童合唱団」が加わりました。
 この高砂の地が、楽しい音楽で溢れ、文化の薫り高い町としてますます活気に満ちたものになるよう、市民の「合唱の輪」を広げていきたいと思います。

【高砂市民音楽祭】
 今年で38回目となる「高砂市民音楽祭」は、毎年11月3日の文化の日に文化会館じょうとんばホールで開催しています。市民音楽祭は、市内で活動している連盟所属の合唱団のほか、市内保育園・幼稚園、中学校などの賛助団体が一堂に集い、日ごろの練習の成果を披露する合唱の祭典です。
 数年前から、県内で活躍しているセミプロ合唱団をゲストとして招き、特別演奏のコーナーを設けています。昨年は高砂市制60周年を記念し、全国的に有名な「関西学院グリークラブ」が、ダイナミックで軽妙な男声合唱を披露し、会場を大いに盛り上げてくれました。毎年、市民音楽祭を機に、会員一人ひとりの音楽に向き合う姿勢が大きく引き上げられています。
【市民音楽祭へのお誘い】
 みなさんも一緒に、心豊かなひとときを過ごしませんか。
とき 11月3日(祝日) 13時から(開場12時30分)
ところ 文化会館じょうとんばホール
【問い合わせ先】
高砂市合唱連盟 会長 上畠幸代 電話442-5667

高砂市茶華道協会
【主な活動紹介】
 茶道3流派、華道17流派の会員が所属しています。
 日本の伝統文化である華道や茶道を通して、会員同士の親睦を図りながら、文化教養の向上を目指しています。
 各会員は各々で、感性を磨き、日々修練に努めながら、市内各公民館で指導も行っています。
 また、茶華道協会の会員の中には、ボランティア活動として、市内の保育園や小中学校で、茶道・華道の指導を行い、次世代への伝統文化の継承に努めています。

【兵庫県いけばな展】
 昨年12月には、高砂市制60周年記念事業の一つとして兵庫県いけばな展を文化保健センターで開催しました。
 市・県と共に高砂市茶華道協会も実行委員会のメンバーとして、主催し、県下在住の各流派の家元も出品、見どころの多いものになりました。
 2日間の会期中市内外約1,800人の来場者があり、優れた文化・芸術に触れる機会を提供できました。
 また、各協会間の交流、親睦、意見の交換なども行われ、市の伝統文化の向上に寄与しました。

【今年度の活動】
◇高砂市文化まつり協賛 第52回高砂市いけばな展
 約100瓶の作品を展示し、一年の修練を発表します。秋のいけばなの各流派による表現方法が見どころです。
とき 10月31日(土曜)・11月1日(日曜) 10時から17時
※ 1日(日曜)は16時まで
ところ 文化保健センター・中ホール
◇いけばな展
とき 12月5日(土曜)から7日(日曜) 10時から17時
※ 7日(日曜)は16時まで
ところ アスパ高砂
入場料 無料
【問い合わせ先】
高砂市茶華道協会 会長 位田好男 電話447-3200

 

<目次にもどる>

 

マイタウン8・9月のスナップ

第3回ユニバーサルスポーツTAKASAGO ~ユニバーサルへの風~
▼8月30日(日曜)、総合体育館で車いすバスケットボールの体験会や元車椅子バスケットボール日本代表・是友京介氏による講演会が開催されました。

少年消防クラブ一日入署
▼8月20日(木曜)・21日(金曜)、消防本部消防救助訓練場で行われ、市内の小学5・6年生93人が参加しました。子どもたちは、救助訓練のロープを渡ったり、消火栓を使った放水などの消防訓練を体験しました。

市長表敬訪問
▼8月24日(月曜)、第42回日独スポーツ少年団同時交流事業で40年ぶりに高砂市からドイツへ派遣された河野琴音さんが帰国の報告に訪れました。

▼8月27日(木曜)、高砂相撲教室の子ども力士たちが、第31回兵庫県ちびっ子相撲大会で団体戦2連覇を飾り、その報告に訪れました。

兵庫県・播磨広域合同防災訓練
▼8月30日(日曜)、兵庫県・播磨広域合同防災訓練実行委員会主催の合同防災訓練が実施され、災害ボランティアセンターから派遣された大学生や市民が、高砂西港で救援物資搬送訓練などを行いました。

シーソニック2015
▼9月12日(土曜)、あらい浜風公園で行われました。訪れた人は、バンドステージでの様々なパフォーマンスや32ブースの模擬店で「海辺の文化祭」を楽しみました。

第31回小学校夏休み理科・生活科作品展
▼9月12日(土曜)・13日(日曜)、児童が夏休み中に研究
・制作した作品約400点を文化保健センターで展示しました。

 

<目次にもどる>