広報たかさご1月号 No.850 平成28(2016)年

 

表紙

第29回高砂マラソン 12月6日(日曜日)

 

人口と世帯(12月1日現在、外国籍人口を含む)

人口/93,391(マイナス22)

世帯/39,118 (プラス12)

人口の内訳 男/45,682 (マイナス35) 女/47,709 (プラス13)

 

目次

新年を迎えて

高砂市の給与・定員などを公表します

税などに関するお知らせ

マイナンバー制度

のびのびすこやか

あけぼの

美化センターからのお知らせ

消費生活センターだより

高砂市文化連盟

マイタウン11・12月のスナップ 

 
 
新年を迎えて

明けましておめでとうございます市民の皆さまには 健やかで輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます

 

「誇り」がもてる生活文化都市へ

  昨年は市制61年目として、新たなステージの幕開けと位置づけ「興」をテーマに、夢と希望を興し、安心感あふれるまちづくりを推進してきました。浸水・治水対策事業を中心とした災害に強いまちづくり、こども医療費の助成制度や幼保一体型こども園の推進、新図書館の建設、福祉交流の場である「ユーアイ帆っとセンター」のオープン、地域包括ケアシステムの整備など、防災、子ども・子育て、福祉に重点を置いたさまざまな安心づくり施策を進めました。

 人口減少社会の進展など社会経済情勢の変化や新たな課題に対応するため、これまで以上に計画的、戦略的にまちづくりを進めることが求められています。

 

 地域活性化を目指した地方創生においては、高砂の特徴を生かした「高砂市人口ビジョン」と「たかさご未来総合戦略」を、市民の皆さまとの協働により県内で最も早く策定できました。今後は、総合戦略アクションプランをはじめさまざまな計画と合わせて、第4次高砂市総合計画の後期基本計画(から平成32年)の見直しを行い、市民が互いに「絆」で結ばれ、自然や歴史・文化、産業に恵まれた環境で、住んでいることに「誇り」がもてる生活文化都市をめざす計画を策定します。

 

今年のキーワードは「悠(ゆう)」。「悠」は、時間的・空間的に、豊かさが続くさまを表します。まちに笑顔と活力があふれ、いつまでも元気な高砂市。

市民の皆さまがふるさとの魅力を感じ、愛着を持ち、高砂に住んでよかったと実感できる、そんな高砂市がはるか未来まで続く道筋をつくってまいりたいと思います。

市民の皆さまの今年一年が、ご健勝でご多幸でありますよう心からお祈り申し上げます。

高砂市長 登 幸人

 

今後の取組

福祉・教育対策

▷保育園・学童保育の待機児童ゼロの維持

▷3歳児教育の推進

▷梅井保育園の改修

▷保育時間の延長

▷幼保一体型こども園の拡充

▷保育料の見直し

▷小中一貫教育の推進

▷中学校給食の早期実現

▷学力・体力の向上

▷小・中学校の大規模改修

▷子ども・若者対策の推進

▷新図書館の完成(米田町)

▷教育センターの移転(生石研修センター跡地)

 

浸水・治水対策

▷間の川ポンプ場の建設

▷中島ポンプ場の建設

▷島の川ポンプ場の建設

▷松村川高潮ポンプ場の建設

▷鹿島・松村川の松陽橋架け替え

▷ため池の改修

 

生活環境整備

▷沖浜平津線(小松原工区)の全線開通

▷広域ごみ処理施設の建設

▷明姫幹線南地区の地区計画の策定

▷曽根教育センター跡地周辺整備

▷今津町周辺の文化観光拠点の整備

▷小松原地区区画整理事業

▷中筋市営住宅の建設

▷狭あい道路の解消

▷谷川橋の改修・再開

▷市庁舎の整備

▷まちづくり条例の制定

▷空き家条例の制定

 

今年実施する計画など

▷第4次高砂市総合計画の後期基本計画

▷総合戦略アクションプラン

▷公共施設等総合管理計画

▷人権教育及び啓発に関する総合推進指針行動計画

▷第3期地域福祉計画

▷環境基本計画

▷一般廃棄物処理基本計画

▷地域公共交通網再編計画

▷緑の基本計画

▷市史保存管理計画

▷上下水道事業中期経営計画

▷市民病院新改革プラン

▷今津町周辺整備計画

▷入江家保存基本計画

▷市庁舎整備の基本構想

▷子ども読書活動推進計画

 

<目次にもどる>

 

高砂市の給与・定員などを公表します 人事課 電話443-9005
 1 職員の給与

(1) 人件費

(平成26年度普通会計決算)

住民基本台帳人口 93,769人

歳出額A 34,716,751千円

実質収支 1,152,931千円

人件費B 6,315,725千円

人件費率B/A 18.2パーセント

(参考)平成25年度の人件費率 15.2パーセント

 

※ 住民基本台帳人口は、平成27年1月1日現在

※ 人件費には、特別職(市長・副市長・市議会議員など)に支給される給料、報酬などを含む

 

(2) 職員給与費

会計 一般会計

職員数A 648人

給与費 給料 2,604,938千円

給与費 職員手当 549,116千円

給与費 期末勤勉手当 979,760千円

給与費 計B 4,133,814千円

1人当たりの給与費B/A 6,379千円

 

会計 特別会計

職員数A 68人

給与費 給料 284,472千円

給与費 職員手当 50,026千円

給与費 期末勤勉手当 103,867千円

給与費 計B 438,365千円

1人当たりの給与費B/A 6,447千円

 

会計 水道・工業用事業会計

職員数A 28人

給与費 給料 129,892千円

給与費 職員手当 19,065千円

給与費 期末勤勉手当 50,310千円

給与費 計B 199,267千円

1人当たりの給与費B/A 7,117千円

 

会計 病院事業会計

職員数A 308人

給与費 給料 1,187,823千円

給与費 職員手当 575,137千円

給与費 期末勤勉手当 446,391千円

給与費 計B 2,209,351千円

1人当たりの給与費B/A 7,173千円

 

※ 職員数は、平成26年4月1日現在で、特別職(市長・副市長・市議会議員)を除く

※ 給与費は、平成26年度決算の額

※ 職員手当は、児童手当、退職手当を除く

※ 特別会計とは、下水道・国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療の各事業を合わせた会計

 

2 職員の平均給与月額、初任給などの状況

(平成27年4月1日現在)

(1) 職員の平均給料月額および平均年齢

(1) 一般行政職

区分 高砂市

平均年齢 43.9歳

平均給料月額 331,711円

平均給与月額※1 414,785円

平均給与月額(国ベース)※2 372,911円

 

区分 国

平均年齢 43.5歳

平均給料月額 334,283円

平均給与月額※1 ―

平均給与月額(国ベース)※2 408,996円

 

※ 一般行政職とは、税務職、福祉職、消防職、企業職、教育職、医療職および技能労務職以外のもの

 

(2) 技能労務職

区分 高砂市

平均年齢 53.4歳

平均給料月額 362,792円

平均給与月額※1 413,568円

平均給与月額(国ベース)※2 384,764円

 

区分 国

平均年齢 50.2歳

平均給料月額 289,141円

平均給与月額※1 ―

平均給与月額(国ベース)※2 328,318円

 

※ 平均年齢・平均給料は、企業会計職員(病院・水道・工業用水道事業職員)を除く

※1 平均給与月額とは、給料月額と毎月支払われる諸手当の額を合計した給与月額の平均を表す

※2 平均給与月額(国ベース)とは、毎月の諸手当のうち、時間外勤務手当、特殊勤務手当、通勤手当などを除いた手当額と給料月額を合計した給与月額の平均を表す

 

(2) 職員の初任給

区分 一般行政職 大学卒

高砂市 182,600円

国 174,200円

 

区分 一般行政職 高校卒

高砂市 147,900円

国 142,100円

 

区分 技能労務職 高校卒

高砂市 147,900円

国 139,500円

 

(3) 職員の経験年数別、学歴別平均給料月額

区分 一般行政職 大学卒

平均給料月額平均年齢 経験年数10年 260,125円 35歳7月

平均給料月額平均年齢 経験年数15年 316,933円 38歳7月

平均給料月額平均年齢 経験年数20年 355,800円 42歳7月

 

区分 一般行政職 高校卒

平均給料月額平均年齢 経験年数10年 該当職員なし

平均給料月額平均年齢 経験年数15年 該当職員なし

平均給料月額平均年齢 経験年数20年 305,200円 41歳3月

 

区分 技能労務職 高校卒

平均給料月額平均年齢 経験年数10年 該当職員なし

平均給料月額平均年齢 経験年数15年 該当職員なし

平均給料月額平均年齢 経験年数20年 327,100円 47歳7月

 

区分 技能労務職 中学卒

平均給料月額平均年齢 経験年数10年 該当職員なし

平均給料月額平均年齢 経験年数15年 該当職員なし

平均給料月額平均年齢 経験年数20年 該当職員なし

 

3 一般行政職の級別職員数など

(平成27年4月1日現在)

(1) 一般行政職の級別職員数

区分 標準的な職務内容

7級 部長 室長 局長

6級 室長 次長 局長

5級 課長 主幹 副課長

4級 係長 主任

3級 事務・技術吏員

2級 事務・技術吏員

1級 事務員 技術員

 

区分 職員数

7級 13人

6級 24人

5級 68人

4級 171人

3級 44人

2級 39人

1級 18人

計 377人

 

区分 構成比

7級 3.4パーセント

6級 6.4パーセント

5級 18.0パーセント

4級 45.4パーセント

3級 11.7パーセント

2級 10.3パーセント

1級 4.8パーセント

計 100パーセント

 

区分 参考 1年前

7級 3.1パーセント

6級 6.5パーセント

5級 18.3パーセント

4級 48.8パーセント

3級 9.7パーセント

2級 8.1パーセント

1級 5.5パーセント

計 100パーセント

 

区分 参考 5年前

7級 2.8パーセント

6級 7.1パーセント

5級 18.3パーセント

4級 55.5パーセント

3級 6.9パーセント

2級 7.6パーセント

1級 1.8パーセント

計 100パーセント

 

※ 市の給与条例に基づく給料表の級区分による職員数

※ 標準的な職務内容とは、それぞれの級に該当する代表的な職務

※ 一般行政職とは、税務職、福祉職、消防職、企業職、教育職、医療職および技能労務職以外のもの

 

4 職員の手当

(平成27年4月1日現在)

(1) 平成26年度の期末勤勉手当

高砂市

(支給割合) 期末手当 勤勉手当

6月期 1.225月分 0.675月分

12月期 1.375月分 0.825月分

計 2.60月分 1.50月分

1人当たりの平均支給額(期末・勤勉手当) 1,488千円

加算措置の状況 職制上の段階、職務の級等による加算措置あり

 

国 同

 

(2) 平成26年度の退職手当

高砂市

(支給率) 自己都合 勧奨・定年

勤続20年 21.62月分 27.025月分

勤続25年 30.82月分 36.57月分

勤続35年 43.7月分 52.44月分

最高限度額 52.44月分 52.44月分

1人当たりの平均支給額(定年退職手当) 24,092千円

その他加算措置

定年前早期退職特例措置

2パーセントから20パーセント加算

 

国 同

 

(3) 平成26年度の地域手当

支給率 3.0パーセント

支給対象職員数 715人

支給実績(普通会計・特別会計) 93,170千円

支給職員1人当たり平均支給年額 130,308円

 

※ 上記の職員数は、企業会計職員(病院・水道・工業用水道事業)を除く

※ 職員の給与における地域手当などの計算について

(1)例月給与では

地域手当イコール(給料たす扶養手当たす管理職手当)かける支給率

(2)期末手当の基礎額

イコール 給料たす扶養手当たす地域手当(※1)たす役職加算額(※3)

勤勉手当の基礎額

イコール 給料たす地域手当(※2)たす役職加算額(※3)

※1(給料たす扶養手当)かける支給率

※2(給料)かける支給率

※3(給料たす(給料かける支給率))かける役職加算率(0パーセントから15パーセント)

 

(4) 平成26年度の特殊勤務手当

支給実績(普通会計・特別会計) 13,791千円

支給対象職員1人当たり平均支給年額 95,110円

職員全体に占める手当支給職員の割合 20.3パーセント

手当の種類(手当数) 22

代表的な手当 支出額の多い手当 清掃業務手当、年末年始手当、交替勤務手当

代表的な手当 多くの職員に支給されている手当 清掃業務手当、年末年始手当、交替勤務手当

 

(5) 平成26年度の時間外勤務手当

(普通会計・特別会計)

平成26年度

支給総額 197,410千円

職員1人当たり支給年額 345千円

 

平成25年度

支給総額 167,624千円

職員1人当たり支給年額 291千円

 

(6) 平成26年度のその他の手当

区分 扶養手当

内容、支給単価(月額) 配偶者 13,000円

配偶者以外の扶養親族 6,500円

配偶者がない場合の扶養親族のうち1人 11,000円

扶養親族のうち満16歳の年度初めから満22歳の年度末までの子がいる場合 1人につき5,000円加算

支給実績普通会計・特別会計 85,495千円

 

区分 住居手当

内容、支給単価(月額) 借家に居住している者(家賃に応じて支給) 最高支給限度額 27,000円

支給実績普通会計・特別会計 19,791千円

 

区分 通勤手当

内容、支給単価(月額) 交通機関等利用者

運賃相当額(6カ月定期券などの価額を支給)

最高支給限度額 55,000円

自動車等利用者通勤距離 2キロメートル以上から  2,000円から

60キロメートル以上 最高限度額 31,600円

支給実績普通会計・特別会計 37,121千円

 

区分 管理職手当

内容、支給単価(月額) 部長級 103,000円

参事(部長級) 79,000円

室長級 75,000円

課長級 57,000円

副課長級 39,000円

※ 55歳超の職員の手当額は上記金額の1.5パーセントを減じて支給

支給実績普通会計・特別会計 105,443千円

 

5 特別職の報酬など

(平成27年4月1日現在)

区分 給料 市長

給料月額等 1,012,000円

 

区分 給料 副市長

給料月額等 832,000円

 

区分 報酬 議長

給料月額等 629,000円

 

区分 報酬 副議長

給料月額等 575,000円

 

区分 報酬 議員

給料月額等 522,000円

 

区分 期末手当 市長 副市長

給料月額等 (平成26年度支給割合)

6月期 1.875月分 12月期 2.175月分 計 4.05月分

 

区分 期末手当 議長 副議長 議員

給料月額等 (平成26年度支給割合)

6月期 1.875月分 12月期 2.175月分 計 4.05月分

 

区分 退職手当 市長

給料月額等 1,012,000円かける48月かける0.41イコール19,916,160円

 

区分 退職手当 副市長

給料月額等  832,000円かける48月かける0.25イコール9,984,000円

※ 算定方式 退職時給料かける在職月数かける支給率

※ 任期ごとに支給

 

※ 退職手当は、1期(4年イコール48月)勤めた場合において、4月1日現在の給料月額と支給率に基づく退職手当の見込額

 

6 職員数

(1) 部門別職員数の状況と主な増減理由

(各年4月1日現在、単位:人)

一般行政

部門 議会

職員数(人) 平成26年 10

職員数(人) 平成27年 9

対前年増減数 △1

主な増減理由 議会事務局業務の見直し

 

部門 総務

職員数(人) 平成26年 120

職員数(人) 平成27年 119

対前年増減数 △1

主な増減理由 市史編さん課の廃止など

 

部門 税務

職員数(人) 平成26年 38

職員数(人) 平成27年 38

対前年増減数 0

 

部門 民生

職員数(人) 平成26年 131

職員数(人) 平成27年 127

対前年増減数 △4

主な増減理由 保育所業務の見直しなど

 

部門 衛生

職員数(人) 平成26年 90

職員数(人) 平成27年 87

対前年増減数 △3

主な増減理由 ごみ処理業務の見直しなど

 

 

部門 労働

職員数(人) 平成26年 1

職員数(人) 平成27年 1

対前年増減数 0

 

部門 農林水産

職員数(人) 平成26年 15

職員数(人) 平成27年 16

対前年増減数 1

主な増減理由 産業振興課業務増による

 

部門 商工

職員数(人) 平成26年 2

職員数(人) 平成27年 2

対前年増減数 0

 

部門 土木

職員数(人) 平成26年 60

職員数(人) 平成27年 60

対前年増減数 0

 

部門 小計

職員数(人) 平成26年 467

職員数(人) 平成27年 459

対前年増減数 △8

 

特別行政

部門 教育

職員数(人) 平成26年 86

職員数(人) 平成27年 86

対前年増減数 0

 

部門 消防

職員数(人) 平成26年 95

職員数(人) 平成27年 95

対前年増減数 0

 

部門 小計

職員数(人) 平成26年 181

職員数(人) 平成27年 181

対前年増減数 0

 

公営企業等

部門 病院

職員数(人) 平成26年 308

職員数(人) 平成27年 302

対前年増減数 △6

主な増減理由 看護師の減員

 

部門 水道

職員数(人) 平成26年 28

職員数(人) 平成27年 28

対前年増減数 0

 

部門 下水道

職員数(人) 平成26年 39

職員数(人) 平成27年 39

対前年増減数 0

 

部門 

職員数(人) 平成26年 その他

職員数(人) 平成27年 29

対前年増減数 1

主な増減理由 高年介護課業務増による

 

部門 小計

職員数(人) 平成26年 404

職員数(人) 平成27年 399

対前年増減数 △5

 

部門 合計

職員数(人) 平成26年 1,052

職員数(人) 平成27年 1,039

対前年増減数 △13

主な増減理由 <参考>人口1,000人当たり職員数11.08人

 

※ 上記の職員数は、教育長を含む

 

(2) 年齢別職員構成

(平成27年4月1日現在、単位:人)

 

区分 平成27年職員数

20歳未満 1

20から23歳 43

24から27歳 90

28から31歳 81

32から35歳 76

36から39歳 85

40から43歳 134

44から47歳 137

48から51歳 113

52から55歳 116

56から59歳 148

60歳以上 15

計 1,039

 

区分 5年前の職員数

20歳未満 2

20から23歳 26

24から27歳 55

28から31歳 70

32から35歳 112

36から39歳 139

40から43歳 136

44から47歳 131

48から51歳 143

52から55歳 169

56から59歳 146

60歳以上 2

計 1,131

 

※ 上記の職員数は、教育長を含む

 

(3) 職員数の推移

(平成27年4月1日現在、単位:人)

 

部門別 一般行政

22年 487

23年 477

24年 466

25年 463

26年 467

27年 459

過去5年間の増減数(率) △28(△ 5.7パーセント)

 

部門別 教育

22年 116

23年 105

24年 98

25年 94

26年 86

27年 86

過去5年間の増減数(率) △30(△25.9パーセント)

 

部門別 消防

22年 92

23年 93

24年 95

25年 95

26年 95

27年 95

過去5年間の増減数(率) 3(3.3パーセント)

 

部門別 普通会計計

22年 695

23年 675

24年 659

25年 652

26年 648

27年 640

過去5年間の増減数(率) △55(△7.9パーセント)

 

部門別 公営企業等会計計

22年 436

23年 420

24年 426

25年 402

26年 404

27年 399

過去5年間の増減数(率) △37(△8.5パーセント)

 

部門別 総合計

22年 1,131

23年 1,095

24年 1,085

25年 1,054

26年 1,052

27年 1,039

過去5年間の増減数(率) △92(△8.1パーセント)

 

※ 上記の職員数は、教育長を含む

 

<目次にもどる>

 

税などに関するお知らせ 
加古川税務署からのお知らせ 加古川税務署 電話421-2951

申告と納税は期限内に

所得税および復興特別所得税、贈与税は 3月15日(火曜)まで

消費税および地方消費税(個人事業主)は 3月31日(木曜)まで

 

確定申告会場のお知らせ

とき 2月2日(火曜)から3月15日(火曜) 9時から17時(受付から16時)

※ 土曜日・日曜日、祝日を除く

※ 2月21日(日曜)、28日(日曜)は開場

※ 申告会場へは、添付書類や昨年の申告書類の控えを必ず持参してください。また、医療費などの計算を済ませておくとスムーズに申告が行えます。

※ 混雑の状況により早めに受け付けを終了させていただく場合があります。

ところ ニッケパークタウン本館センタープラザ(加古川市加古川町寺家町173-1)

※ 開設期間中は、加古川税務署に確定申告会場は設けておりません。

 

法定調書の作成、提出はe-TAXで

 法定調書(合計表)の提出期限は2月1日(月曜)です。

 給与所得の源泉徴収票をはじめ、すべての法定調書が提出できるほか、各種法定調書合計表も提出できます。

 

市・県民税、国民健康保険料などの申告相談 市民税課 電話443-9015

受付 9時から11時、13時から16時

※ 各会場での受け付けは、混雑状況などにより早めに終了させていただく場合があります。

※ 各会場への自動車での来場はご遠慮ください。また、各自上履きなどを用意してください。

 

とき 2月16日(火曜)

ところ 阿弥陀公民館

 

とき 2月17日(水曜)・18日(木曜)

ところ 総合体育館

 

とき 2月19日(金曜)

ところ 北浜公民館

 

とき 2月22日(月曜)・23日(火曜)

ところ 高砂シルバー人材センター

 

とき 2月24日(水曜)・25日(木曜)

ところ 文化会館

 

とき 2月26日(金曜)から3月15日(火曜)

ところ 市役所南庁舎

 

※ 土曜日・日曜日を除く

 

eLTAX(エルタックス) 市民税課 電話443-9015 資産税課 電話443-9016

 地方税に関する書類の作成や提出などをインターネットで行うことができます。市税の電子申告なども受け付けています。

※ 手続き、操作方法に関するお問い合わせは、eLTAXヘルプデスク(電話0570-081459)まで

 

【eLTAXで利用できる申告手続きなど】

税目 法人市民税

申告 中間申告 確定申告 修正申告

申請・届出 法人設立・設置 届出書 異動届

 

税目 個人住民税

申告 給与支払報告 給与所得者異動届出 普通徴収から特別徴収への切替申請

申請・届出 特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書

 

税目 固定資産税(償却資産)

申告 全資産申告 増加資産・減少資産申告 修正申告

 

資産税課からのお知らせ 資産税課 電話443-9016

平成28年度償却資産(固定資産税)の申告

 平成28年1月1日現在、市内に償却資産(土地、家屋以外の事業用の固定資産)を所有している法人事業者、個人事業者の皆さんには、お持ちの償却資産について申告書を提出していただくことになっています。

 申告期限は2月1日(月曜)ですが、事務処理の都合上、1月15日(金曜)までの申告にご協力をお願いします。

※ 償却資産を所有している法人・個人事業者で申告書類が届いていない場合は、資産税課までご連絡ください。

 

<目次にもどる>

 

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)Vol.8
平成28年1月から社会保障税災害対策で個人番号(マイナンバー)の利用がはじまります。

  平成28年1月から市役所で行う手続きによっては、個人番号(マイナンバー)を記入していただくことがあります。個人番号が確認できる通知カードと、本人確認ができる書類(運転免許証など)を持参してください。

 

◯通知カードは、お手元に届いていますか?

◯届いていない場合は、高砂市総合ナビダイヤルにお問い合わせください。

◯市に返戻されている人にはハガキで連絡しています。

◯届いた通知カードは大切に保管してください。

 

◎個人番号カードの交付を希望する人は、次の方法で申請してください。

【カードの申請】

通知カードと一緒に届いた『個人番号カード交付申請書』で、

(1) 郵送による申請

(2) スマートフォン・パソコンによるWEB申請

※ 記載方法など詳しくは、同封のパンフレットを参照してください。

 

国で作製されたカードが、市へ送付されてきます。

 

交付準備ができ次第、交付通知書を送付します。

 

【来庁日の予約】

交付にあたっては予約が必要ですので、交付通知書に同封している案内をご覧ください。

 

【カードの受け取り】

交付は、高砂市役所で行います。

予約日時に原則本人が来庁してください。

申請者と個人番号カードの顔写真を照合し、免許証などで本人確認のうえ交付します。

※ 交付の際に、暗証番号を設定していただきます。

※ 交付までには相当の日数がかかりますので、あらかじめご了承ください。

 

【マイナンバー制度・カードに関するお問い合わせ】

◇高砂市

 総合ナビダイヤル 電話0570-02-2178 (受付時間) 9時から17時

 ※ 土曜日・日曜日、祝日、年末年始を除く

 

◇国

 マイナンバー総合フリーダイヤル 電話0120-95-0178(無料)

 (受付時間) 平日9時30分から22時 土曜日・日曜日、祝日9時30分から17時30分

 ※ 年末年始を除く

 

<目次にもどる>

 

子育て支援室からのお知らせ のびのびすこやか 
子育て支援センター 電話442-2242

申込方法 電話で子育て支援センターまで

※ お茶・タオルなどを各自ご持参ください。

 つどいの広場

1月の親子遊び 

とき (月曜)・(木曜) 10時から11時30分

ところ 子育て支援センター

対象 就園前の親子

定員 各15組

◇月曜日

18日 フープで遊ぼう

25日 子育てホットタイム

◇木曜日

7日 かきぞめ遊びをしよう

14日 作って遊ぼう

21日 赤ちゃんわらべうた

28日 お話し大好き

 

 ベビーマッサージ

とき 1月19日(火曜) 10時から11時30分

ところ ユーアイ帆っとセンター 交流スペース3

対象 3から12カ月の親子

定員 10組

※ 初めての親子

持ち物 バスタオルなど

受付日 1月12日(火曜)

 

レッツゴー♪つどい

とき 1月27日(水曜) 10時から11時30分

ところ 中筋公民館

内容 楽器体操

対象 就園前の親子

定員 15組

受付日 1月20日(水曜)から22日(金曜)

 

リトミック遊び

とき 1月20日(水曜) 10時から11時30分

ところ ユーアイ帆っとセンター 交流スペース1・2・3

内容 音楽に合わせて体を動かす

対象 就園前の親子

定員 15組

持ち物 履きなれた靴

受付日 1月13日(水曜)・14日(木曜)

 

1月生まれの誕生会

とき 1月27日(水曜) 10時から11時30分

ところ ユーアイ帆っとセンター 交流スペース4

対象 1月生まれの就園前の親子

定員 15組

受付日 1月12日(火曜)・13日(水曜)

 

北部子育て支援センター 電話433-8866

申込方法 電話で北部子育て支援センターまで

※ お茶・タオルなどを各自ご持参ください。

 

つどいの広場

1月の親子遊び

とき 火曜日・水曜日・金曜日  10時から11時30分 13時30分から15時

ところ 北部子育て支援センター

対象 就園前の親子

定員 各15組

◇火曜日

12日 赤ちゃんわらべうた

19日 集まれ!1歳児

26日 作って遊ぼう

◇水曜日

13日 2歳からの集い

20日 子育てホットタイム

◇金曜日

8日 お正月遊び

15日 運動遊び

22日 リズムで遊ぼう

29日 わらべうたで遊ぼう

 

1月のおはなしルーム

◇読み聞かせ 14日(木曜) 10時から11時

◇おはなし会 25日(月曜) 10時から11時

※ いずれも定員15組

 

保育所臨時職員に登録を! 保育所担当 電話443-9025

【共通】

対象 保育士資格を有する人、調理師免許を有する人

勤務場所 市内公立保育所または児童学園

通勤手当 通勤距離、定期券料金などにより支給

有給休暇 雇用期間および勤務日数により付与

社会保険 厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険

※ 申込書は保育所担当にあります。市ホームページからでも取り出せます。

常勤保育士

(クラス配置・障がい児加配)

年休代替保育士

勤務時間

◇クラス配置

月曜日から土曜日 8時30分から17時

◇障がい児加配

月曜日から金曜日 8時30分から17時

◇年休代替

8時30分から17時

※ 1カ月に8から11日程度

賃金

◇3歳以上児クラス配置 日額9,240円

◇3歳未満児クラス配置・障がい児加配 日額8,400円

◇年休代替保育士 日額8,000円

時間パート保育士

勤務時間 7時15分から12時15分

※ 勤務時間は相談に応じます。

賃金

◇7時15分から9時15分 時給1,200円

◇右記以外 時給1,030円

臨時調理員・パート調理員

勤務時間

◇臨時調理員

月曜日から土曜日 8時30分から17時

◇パート調理員

月曜日から金曜日 9時から15時45分

賃金

◇臨時調理員 日額7,595円

◇パート調理員 時給980円

清掃作業員

勤務時間 月曜日から土曜日 8時から10時

賃金 時給830円

 

<目次にもどる>

 

あけぼの 第158号 問い合わせ先 高砂市人権教育協議会事務局 電話443-9060
 第19回人権フェスティバル 共に生きるまちづくり

 「人権週間」にちなんで12月3日(木曜)、文化会館じょうとんばホールで第19回人権フェスティバルが開催されました。

 高砂市人権啓発ポスター・標語入賞者表彰に続き、第35回全国中学生人権作文コンテスト兵庫県大会地区予選において優秀賞を受賞された、松陽中学校3年・塩谷文武さんが「差別について」と題した作文を朗読しました。

 人権講演会では「心変われば、人生変わる」と題して、歌手の叶麗子さんの講演がありました。自らの下積み時代や障がいをもって生まれた幼少のころの体験をもとに、歌をはさみながら人権の大切さを語られました。

 

平成27年度 高砂市人権啓発ポスター・標語入賞者

【優 秀 賞】<ポスターの部>

鹿島中学校2年 丸山 結貴弥

中筋小学校6年 馬場 巴香

 

<標語の部>

曽根小学校5年 山寺 偲月 「ありがとう」 「いいよ」で笑顔 二つ咲く

松陽中学校3年 宮下 永遠 明るい未来 作っていくのは 僕達だ

 

【優良賞】<ポスターの部>

曽根小学校4年 菅原 麻央

荒井小学校5年 大慈 ひより

伊保南小学校6年 松川 ほのか

宝殿中学校1年 大勝 亮汰

松陽中学校2年 武藤 桃果

荒井中学校3年 松本 千咲

 

<標語の部>

伊保南小学校4年 芳川 勇槻

曽根小学校5年 横山 文人

伊保小学校6年 要 香凜

宝殿中学校1年 北野 裕人

鹿島中学校2年 藤井 柾光

高砂中学校3年 京塚 麻衣

 

読み聞かせを通して育む豊かな心 阿弥陀小学校

 本校は、地域の読み聞かせボランティア『あ♪ミーダ』さんに、毎月1回、低学年の日と高学年の日に分け、読み聞かせをしていただいています。大人の声で本を読んでもらう時間は、子どもたちに安心感や幸福感を与えます。

 一冊の絵本を通じて、地域の人と子どもたちとのコミュニケーションの輪も広がります。友達のお母さんだったり、近所のおばちゃんだったり、顔見知りのおばあちゃんだったり…。いろいろな人がいろいろな声で語り聞かせてくれます。子どもたちは「今日は、どんな人が来てくれるかな」「どんな本かな」とワクワクしながら読み聞かせの時間を待っています。

 特に、年に一度、衣装や大道具・小道具を用意して披露する絵本ライブ(劇)はすばらしく、いつまでも子どもたちの心に残っています。

 

あ♪ミーダさんの感想

◇子どもたちのキラキラした眼差しに、いつも私たちが元気をもらっています。

◇本から得た「想像力」が、友達の気持ちを“想像できる”ような大きな力となってくれたらうれしいなと思います。

 

子どもの感想

◇あ♪ミーダさんの劇ではたくさん元気をもらいました。落ち込んでいても、劇が始まると全校生が盛り上がるので明るくなれました。

◇自分で本を読むのも楽しいけれど、あ♪ミーダさんや先生が読んでくれると、またちがった楽しみがあります。自分が思っていた登場人物の声や性格などが変わってくるからです。

◇本を読んでもらっているとき、自分がまるで本の中に入りこんでいるようになって、自分でもふしぎだなと思います。

 

バケツ稲が育ったよ 農会のおじさんとの稲刈り 梅井保育園

 7年程前から、地域の梅井農会のみなさんにお手伝いいただきながら、米作りやいろいろな野菜の栽培に取り組んでいます。

 6月におじさんたちと田植えをしたバケツ稲(品種:ヒノヒカリ)がぐんぐん育ち、黄金色の稲穂が垂れてきたので稲刈りをしました。まず、約100個のバケツ稲をおじさんと一緒に広い場所へ運びました。とても重いので「ヨーイヤサー」とかけ声をかけて運ぶ子どももいました。おじさんに「稲は根元の方を切るんや、上の方を切ったら、掛けて干されへんからな」と刈り方の見本を見せてもらい、子どもたちが実際にハサミで切っていきました。一度に切ろうとして「固いなぁ」と苦戦していると、おじさんが「慌てんでもええ、一本ずつでもええから下から切ろう」と教えてくれました。上手く切れると「やった!切れた!」と満足顔の子どもたちでした。刈り終えた稲は、おじさんが藁で束ねて稲木に掛けて干していきます。その様子を見た子どもが「明日もう食べれる?」と尋ねると「まだまだ、もうちょっとここに干して、お米がおいしくなるのを待つんや」と教えてもらいました。

 米や野菜は、お店で買う物と思っている子どもが多い中、自分たちで育て生長する過程を見たり、収穫する喜びを経験したりすることは、食べ物への関心を深め、偏食や好き嫌いの改善にも繋がる良い機会となっています。これからも地域のみなさんとの交流を通して、食の大切さを伝えていきたいと思います。

 

北浜大好き!みんな大好き! ふるさと学習を通して豊かな心を育む 北浜小学校

 「指で根をほぐして、やさしく植えるといいよ」

 「ひょうたん池をきれいなのじぎくで、いっぱいにしたいな」

 5月に行われたひょうたん池(北浜町西浜)での3年生による「のじぎく植栽」の様子です。たくさんの地域の人に愛情を注がれ、笑顔の花があちこちで咲きました。「ふるさと北浜」を愛する地域の人の思いが子どもたちに伝わり、自分たちが大切に育てられていることを実感しています。

 6月には総合学習のフィールドワークで「一本松」と呼ばれる里山に登りました。ゲストティーチャーや保護者に励まされ、山道を一歩一歩進んでいきます。

 「北浜小学校の先輩達が植えたのじぎくが育っている」

 「コナラの森で自分たちの木を見つけたよ」

 子どもたちは、ふるさとの良さ、大切さをさらに実感しました。

 このようなふるさと学習を通して、地域や仲間を大切にしようとする気持ちが育まれています。

 

子どもたちの感想

◇初めて植えるのじぎくだけど、いろんな人に教わったのできれいに植えることができました。うれしかったです。

◇おじさんたちから「(自分たちがいないときも)のじぎくの世話をしている」と聞いて「ありがとうございます」という気持ちになりました。

◇一本松には自然がいっぱいあって「天国」みたいな存在だと思いました。私たちももっと自然を増やしていきたいと思います。

 

<目次にもどる>

 

美化センターからのお知らせ 計画管理課 電話448-5260
水切りでごみも減らして臭いもスッキリ!

生ごみの約50から80パーセントは水分です。

水切りを十分に行うことで、約10パーセントの生ごみの減量につながると言われています。

また、生ごみの水分は、腐敗や悪臭の主な原因です。

 

水切りすると…

 

◇生ごみの減量!

◇悪臭の防止!

◇軽くなってごみ出しラクラク♪

 

ごみを出す前にひと工夫

 

食材は無駄なく使い切る

 

搾って乾かす

※ お茶がらやティーバッグは、水気が多いので搾って、乾かしましょう。

 

食べる量で調理する

 

野菜の皮などは乾かしてから

調理中に出る生ごみを三角コーナーや排水口に入れると、たくさんの水分を吸ってしまいます。水に濡らさないようにしましょう。

 

ぎゅぎゅっと?もうひとしぼり?

 

生ごみの水切りグッズ(水切りダイエット・水切りポリ袋)を無料配布します。

配布場所 市役所受付、美化センター3階事務所

配布数 各500個

※ 1人につき各1つ(無くなり次第終了します。)

※ 水切りダイエットをすでにお持ちの人は、水切りポリ袋のみを配付します。

 

水切り器具の使用モニター調査結果

 モニターにご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

 広報たかさご8月号で募集した(3種類の水切り器具の)使用モニターの調査結果をお知らせします。

モニター数 37人

計量期間 7回程度かける3種類の器具を使用

削減割合 平均8.3パーセントの削減(最大48.2パーセント)

 

 水切り器具によって効果にバラつきはありますが、平均すると8.3パーセントの効果が得られました。使用して良かった器具をひとつ選んでいただいたところ、水切りダイエットが一番使いやすいという結果でした。

 また、今後も「生ごみの水切りを実施しますか?」との質問に、37人中30人(81パーセント)の人が実施するという回答でした。

 高砂市の家庭から年間約5,600トンの生ごみが排出されており、仮に81パーセントの世帯で水切りを実施すると、年間約370トンの減量になります。

※ 高砂市の一般家庭

 (ごみステーション採取分)における可燃ごみの組成割合(平成26年調査)と家庭系可燃ごみ量(平成25年実績)から重量を算出しています。

 

使用して良かった器具(モニター37人)

水切りダイエット 44パーセント

A社製 16パーセント

B社製 31パーセント

その他 9パーセント

 

生ごみ水切り器具を使ってみて意識が変わりましたか?

思う(81パーセント)

◇使ったほうが水切りが良くできる

◇考えていた以上に生ごみに水分が含まれていると思った

◇袋の中に水がたまらなくなった

◇重さを量ることで改めて水切りの効果がよく分かった

◇水切りすることが当り前になった

◇ごみの量が減る(軽くなる)

 

思わないほか(19パーセント)

◇普段から水切りをしているので

◇毎日するのは大変だと思った

◇水切りネットで十分だと思った

 

その他のアイデアやご意見を紹介します

◇カラフルでスマートな水切り器具は置いているだけで楽しく、少しでも水分を減らす工夫をするきっかけになると思う

◇私一人が減量してもと思わず、しっかりと水切りを続ける

◇土に埋めて堆肥化する

◇高砂市はごみの分別がゆるいので、各家庭で生ごみを減らす努力ぐらいはするべき

◇水切りネットだけでも十分だと思った

◇使用済み食用油の拠点回収を行ってほしい

 

ごみ処理広域化vol.30 広域ごみ処理施設建設推進室 電話448-8766

生活環境影響調査にかかる現況調査を実施しています

 現在、高砂市では、広域ごみ処理施設の建設に関する事業を進めており、法律で定められている生活環境影響調査(※)に係る現況調査を実施しています。

 現況調査は、大気質などの調査項目のバックグラウンド濃度(本事業に由来するもの以外の影響による濃度のこと)を把握することを目的に行う調査のことで、これに本事業による環境影響を加えて、広域ごみ処理施設による環境影響を予測、評価することとしています。

 下記の写真は、上層気象観測の様子です。この観測は、高度による風向、風速の変化と、気温差による上昇傾向を把握することを目的とし、ここで得られた気象条件を活用し、煙突排ガスからの影響を予測、評価することとしています。

 平成34年4月の施設稼働に向け、今後ともご理解とご協力をお願いします。

※ 生活環境影響調査…廃棄物処理施設を設置するにあたり、周辺地域の生活環境に及ぼす影響をあらかじめ調査し、その結果に基づき、地域ごとの生活環境に配慮した対策を検討するために行う調査のことです。

 

年末年始の美化センター業務 業務施設課 電話448-5220

 年末年始のごみ収集、ごみの自己搬入、し尿の収集日程は広報たかさご12月号に掲載しています。

※ 市ホームページからでもご覧になれます。

 

<目次にもどる>

 

高砂市消費生活センターだより 第24号 編集・問い合わせ先 高砂市消費生活センター 電話443-9078 FAX443-0009
【重要】マイナンバー情報流出詐欺が高砂市で発生!!

 「マイナンバーが漏れている恐れがあり、個人情報を守る手続きをしてください」というメールを受け、返信すると「個人情報の削除料を支払うように」と言われた。数回にわたり計50万円を電子マネーで支払ったが、もうこれ以上払えないという相談が当センターに寄せられました。(20歳代・男性)

 

《アドバイス》

 マイナンバーの通知や利用、個人番号カードの交付などの手続きで、以下の情報を聞いたり、現金などを要求したりすることはありません。

◇口座番号や暗証番号

◇所得情報や資産情報

◇家族構成 など

 少しでも『おかしい』と思ったら、消費生活センターまでご相談ください。

 

【高齢者のトラブル】「安くなる!」の一言に惑わされ、光回線電話やプロバイダの勧誘に関する相談が急増!!

 〈事例(1)〉

 「光回線が無料になる」という勧誘電話があった。「光回線電話に変更すると電話料金が安くなり、遠くに住む親せきに電話をしても全国一律料金でかけられる。今までのように電話代を気にせずゆっくり話すことができる」と言われ承諾した。その後、息子に今回の件を相談すると「無料というのは工事代金のことではないのか。インターネットを使わないのに基本料金が今よりも高くなっている」と言われた。自分には必要ないと思ったので解約したい。(70歳代・男性)

 

〈事例(2)〉

 大手電話会社を名乗る業者から電話勧誘を受けた。「台風がきて壊れると危ないので、アンテナを取る。通話料も安くなり、遠距離通話も利用しやすい」と言われ承諾したが、電話を切って安易に契約したことを後悔した。解約したい。

(80歳代・女性)

 

〈事例(3)〉

 大手電話会社を名乗り「インターネットに接続するためのプロバイダ契約を変更したら料金が安くなる」と言われ承諾した。プロバイダの乗換作業は「“遠隔操作”で行う」と言われ、約束の日に電話で指示されるままにパソコン操作をしたところ接続は完了した。今までより安くなると言われた料金は、セキュリティサービスなどのオプションがつけられていたため高くなっていることがわかった。解約したい。業者からは「高額な違約金がかかる」と言われた。(60歳代・女性)

 

《アドバイス》

◇事業者からの勧誘にすぐに返事をせず、ご家族などと一緒に契約内容を確認しましょう。

◇料金だけではなく、自分の利用環境に応じて目的や必要性を十分に検討しましょう。

◇プロバイダ契約に、法律上はクーリング・オフ制度がありません。曖昧な返事をせず、必要がなければきっぱりと断りましょう。

 

<目次にもどる>

 

高砂市文化連盟

 昭和52年4月1日に設立され、現在は市内の古典芸能、合唱、吹奏楽、美術などの各種文化団体の16団体が加盟。各種団体間の密接な連絡協調を図り、文化を育て豊かな郷土をつくることを目的として活動しています。

※ 各団体では、随時会員を募集しています。興味のある人は直接、各団体にお問い合わせください。

 

高砂市美術協会 問い合わせ先 会長 天野 富美男 電話442-4358

 【主な活動紹介】

 高砂市美術協会は会員相互の親睦と技術修練を図るとともに、文化の振興に寄与することを目的に活動しています。

 各会員は、絵画、書道、写真、彫塑・工芸・デザインと各部門に分かれ、日ごろは、さまざまな場所で感性を磨き、創作活動に励んでいます。その成果は年一回の協会展で発表し、優秀な作品には賞を授与しています。

 また、会員同士の交流のため、人物や風景の写生会、基礎から学べる書道会、デジタルカメラのテクニック指導、美術館・博物館での作品鑑賞会などいろいろな研修も行っています。

【第39回高砂市美術協会展】

 春の暖かな休日に、美しい美術作品を鑑賞してみませんか。皆さんのご来場をお待ちしています。

とき 4月22日(金曜)から24日(日曜)

ところ 文化保健センター2階中ホール・文化会館

入場料 無料

 

 

高砂盆栽協会 問い合わせ先 会長 名和 三伸 電話447-4554

 盆栽協会は昭和32年に「鹿島盆栽愛好会」として心惹かれる有志が集まり発足した会です。また、平成9年3月には「日本盆栽協会高砂支部」を認証されました。この播磨の地域では歴史有る盆栽会です。日本の伝統芸能の「盆栽」も今日では「BONSAI」として世界に羽ばたいています。

 【主な活動紹介】

 日ごろは、各会員それぞれが、技能を向上させるため、自宅などで活動しているとともに、会員の技能や感性などを磨くため、芽摘み、葉刈、剪定や針金掛けなどの研修会を年間4から5回、展示会を市ノ池公園で5月と11月に行っています。

 また、日ごろから交流のある近隣支部の展示会見学なども行い、会員同士の親睦を深めています。

 【華の会】

 あなたも盆栽に癒されてみませんか。展示会でお待ちしています。

とき 3月25日(金曜)・26日(土曜) 9時から17時

※ 26日(土曜)は16時まで

ところ 曽根天満宮

 

<目次にもどる>

 

 マイタウン11・12月のスナップ
第29回高砂マラソン

▼12月6日(日曜)、1‚034人のランナーが、自然を感じながら加古川河川敷マラソンコースを駆け抜けました。

 

お餅つき

▼12月2日(水曜)、梅井保育園の園児たちが地域の皆さんと一緒にお餅をつき、伝統行事に親しみました。

 

おやこ★うんどうかい(子育て支援センター)

▼11月20日(金曜)、総合体育館で行われました。

就園前の親子が、ハイハイ競争、大玉ころがしなどの競技やバルーンの演技を楽しみました。

 

高砂市農林漁業祭、環境フェア

▼11月29日(日曜)、総合運動公園サブグランドで行われました。市内で生産された農産物の展示や即売を行い、農産物品評会を開催しました。同時に環境フェアを開催し、サンドブラスト体験や高砂市の干潟に関する展示を行いました。

 

表敬訪問

▼11月18日(水曜)、小学生がまちづくりや仕事について考え、体験するイベント「こどものまち高砂」の市長に選ばれた高野そらさん、副市長の井上楓菜さんが登市長に「道路舗装を」「横断歩道を新しく」などの提案をしました。

 

贈呈式

▼12月3日(木曜)、県立高砂海浜公園砂浜で行われました。三菱重工業・三菱日立パワーシステムズ株式会社が高砂の海で環境活動を続けている「高砂海浜公園海辺の保全集いの会」へ、清掃活動用の4WDトラック1台を社会貢献活動の一環として寄贈しました。

 

表敬訪問

▼11月17日(火曜)、高砂市スポーツ推進委員会会長の藤原良文さんが平成27年度スポーツ推進委員功労者文部科学大臣表彰受賞の報告に訪れました。

 

寄付

▼11月25日(水曜)、電源開発(株)高砂火力発電所が、わくわく感謝DAY収益金を高砂市社会福祉協議会に寄付しました。

 

企画総務部 秘書広報広聴室 広報広聴担当

郵便番号:676-8501

住所:兵庫県高砂市荒井町千鳥1丁目1番1号

電話442-2101(代表) FAX442-3193

http://www.city.tAkAsAgo.hyogo.jp/

 

広報たかさごは再生紙を使用しています。

 

<目次にもどる>