奨励金の概要

新婚・子育て世帯の住宅新築を奨励し、高砂市内への移住・定住を促進するため、市内に一戸建て住宅(新築マンションを含む)を新築(購入)する新婚または子育て世帯に向けて、新築住宅に対する固定資産税(家屋分)減額措置の相当額を1年分奨励金として交付します(税制措置による新築住宅に対する固定資産税減額措置を受けられる住宅であることが条件です)。

※固定資産税を免除するものではありません。

案内チラシはこちら→奨励金チラシ [1244KB pdfファイル] 

 

奨励金パンフレット

奨励金説明パンフレット [748KB pdfファイル] 

 

対象となる住宅 

次の(1)から(3)の全ての項目に当てはまる住宅が対象です。

(1)新婚・子育て世帯が住むために、平成28年1月2日から平成31年1月1日までの間に高砂市内に取得した住宅。

(2)新婚・子育て世帯自らもしくはその三親等以内の親族が高砂市内に取得した住宅。

(3)税制措置による新築住宅に対する固定資産税減額措置の対象となる住宅であること。

  税制措置による固定資産税減額措置・・・地方税法附則第15条の6第1項又は同条第2項に規定する新築住宅若しくは同法附則第15条の7第1項又は同条第2項に規定する認定長期優良住宅に対する固定資産税の減額

 

対象となる方

 次の(1)から(3)全ての項目に当てはまる方が対象です。

(1)新婚・子育て世帯もしくは新婚・子育て世帯と同じ住宅に住む三親等以内の親族

 ●新婚世帯・・・平成25年41日以降に婚姻届を提出し、住民票を同一とする夫婦で、かつ婚姻届の届出日における夫婦の年齢の合計が満80歳未満の世帯。

 ●子育て世帯・・・平成1642日以降に生まれた子どもと、住民票を同一とする世帯。

 ア 新婚世帯の場合は、夫婦が当該住宅地に居住し、かつ住民登録していること。

 イ 子育て世帯の場合は、子どもとその保護者が当該住宅地に居住し、かつ住民登録していること。

 ウ 2世帯住宅等において、所有者が新婚・子育て世帯の三親等以内の別世帯の親族である場合は、新婚・子育て世帯とその三親等以内の親族の双方が当該住宅地に居住し、かつ住民登録していること。

(2)市税(高砂市)の滞納がないこと。

(3)暴力団員または暴力団密接関係者に該当しないこと。

 

奨励金の額

 税制措置による初年度の家屋にかかる固定資産税新築軽減の額の相当額。なお、交付は1回限りです。

 ※あくまで税制措置による固定資産税(家屋)の適用対象部分に限りますので、土地にかかる固定資産税や都市計画税は対象外です。

奨励金の申請時期

 平成29年5月に固定資産税の納税通知書がお手元に届き、第1期分(納期平成29年5月31日)の固定資産税の納付をしていただいてからの申請となります。

 

奨励金要綱

高砂市新婚・子育て世帯新築住宅取得奨励金交付要綱 [168KB pdfファイル]  

 

必要書類

・高砂市新婚・子育て世帯新築住宅取得奨励金交付申請書(様式第1号)

・固定資産税・都市計画税納税通知書及び課税明細書の写し

・領収印が押印された第1期分の固定資産税・都市計画税の領収書の写し(口座振替の場合は、当該固定資産税・都市計画税の支払いが確認できる通帳の写し)

・住民票(世帯全員)

・登記簿謄本の写し

・世帯員全員の市税完納証明書(様式第2号・中学生以下は不要)

・誓約書(様式第3号)

 

申請書ダウンロード

奨励金交付申請書(様式第1号) [18KB docxファイル] 

市税完納証明書(様式第2号)※世帯の人数分必要(ただし中学生以下は不要) [47KB docファイル] 

誓約書(様式第3号) [24KB docxファイル] 

 

内容についてご不明な点がありましたら、お問合せください。