広報たかさご12月号 No.861 平成28(2016)年

 

人口

人口と世帯(11月1日現在、外国籍人口を含む)

人口/92,929(マイナス109) 世帯/39,391(マイナス26)

人口の内訳 男/45,480(マイナス63) 女/47,449(マイナス46)

 

表紙

トライやるウィーク

11月7日(月曜)から11日(金曜)

 

目次

平成27年度決算

美化センターからのお知らせ

広域ごみ処理施設建設推進室からのお知らせ

子育て支援室からのお知らせ

公民館の登録グループ紹介

マイタウン 10・11月のスナップ

 

平成27年度 決算
一般会計

 歳入総額は345億6,284万円、一方、歳出総額は341億242万円で、差額は4億6,042万円でしたが、ここから翌年度に繰り越した事業に充てられる財源1億2,019万円を差し引き、3億4,023万円の黒字となりました。また、財政調整基金取り崩し額などを反映した実質単年度収支は2億3,870万円の赤字となりました。市民1人あたりでは365,294円の支出です。(平成28年1月1日現在の人口で換算)

 

歳入 345億6,284万円

●市税 172億3,619万円

 構成比 49.9パーセント

 (内訳)

 固定資産税 86億3,274万円

 市民税 65億1,725万円

 都市計画税 13億507万円

 市たばこ税 6億1,990万円

 軽自動車税 1億6,123万円

●国・県支出金 67億9,319万円 

 構成比 19.6パーセント

●地方交付税、地方消費税交付金、配当割交付金など 37億4,673万円

 構成比 10.9パーセント

●市債 26億1,317万円 

 構成比 7.5パーセント

●財産収入、諸収入、繰入金、寄附金 17億3,025万円

 構成比 5.0パーセント

●繰越金 12億7,947万円

 構成比 3.7パーセント

●使用料および手数料 6億8,787万円

 構成比 2.0パーセント

●分担金および負担金 2億7,027万円

 構成比 0.8パーセント

●地方譲与税 2億570万円

 構成比 0.6パーセント

 

歳出 341億242万円

●民生費 119億7,038万円

 構成比 35.1パーセント

 高齢者や障がい者、子どものための福祉の費用

 市民1人あたり 128,223円

 乳幼児等医療費の助成(2億8‚671万円)など

●衛生費 44億6,059万円

 構成比 13.1パーセント

 ごみ、し尿処理や保健衛生などの費用

 市民1人あたり 47,780円

 し尿処理場の整備(1億1‚156万円)など

●総務費 41億4,413万円

 構成比 12.1パーセント

 財産管理や企画・税務事務などの費用

 市民1人あたり 44,391円

 個人番号カード等の交付(2‚902万円)など

●土木費・都市計画費 40億8,067万円

 構成比 12.0パーセント

 道路や公園などの整備の費用

 市民1人あたり 43,711円

 高砂西港周辺道路の整備(2億8‚912万円)など

●公債費 36億9,655万円

 構成比 10.8パーセント

 国や金融機関から借り入れたお金の返済

 市民1人あたり 39,596円

●教育費 30億2,334万円

  構成比 8.9パーセント

 小・中学校、幼稚園、生涯学習などの費用

 市民1人あたり 32,385円

 教育センター等の改修(1億8‚122万円)など

●消防費 9億5,442万円

 構成比 2.8パーセント

 消防活動や防災対策などの費用

 市民1人あたり 10,223円

 高砂分署旧庁舎の改修(4,528万円)など

●その他 17億7,234万円

 構成比 5.2パーセント

 商工費、労働費、議会費、農林水産業費など

 市民1人あたり 18,985円

 市内消費の活性化(8‚200万円)など

 

特別会計

一般会計のほかに特別な事業を行うための特別会計があり、平成27年度から広域ごみ処理事業特別会計が新たに加わり5会計となりました。

事業 国民健康保険事業

歳入 124億2,547万円(16.1パーセント増)

歳出 123億1,045万円(15.9パーセント増)

 

事業 下水道事業

歳入 62億4,464万円(2.3パーセント減)

歳出 61億4,072万円(3.5パーセント減)

 

事業 後期高齢者医療事業

歳入 10億2,629万円(1.3パーセント増)

歳出 10億392万円(1.4パーセント増)

 

事業 介護保険事業

歳入 65億4,561万円(4.0パーセント増)

歳出 63億4,548万円(1.6パーセント増)

 

事業 広域ごみ処理事業

歳入 1億6,007万円

歳出 1億6,007万円

 

事業 合計

歳入 264億208万円(8.2パーセント増)

歳出 259億6,064万円(7.2パーセント増)

 

※ ( )は対前年度比

 

企業会計

地方公営企業法の全部または一部の適用を受ける企業会計が3会計あります。

事業 水道事業

収益的収入 16億7,171万円

収益的支出 15億734万円

資本的収入 3億9,738万円

資本的支出 9億8,344万円

 

事業 工業用水道事業

収益的収入 2億2,485万円

収益的支出 2億2,485万円

資本的収入 0円

資本的支出 0円

 

事業 病院事業

収益的収入 60億5,231万円

収益的支出 56億4,272万円

資本的収入 5億9,402万円

資本的支出 11億8,511万円

 

財政健全化の指標

 健全化判断比率は市の財政の健全性を表しています。それぞれの項目を標準財政規模と比較して指標化しています。いずれかの早期健全化基準を超えると自主的な改善が義務付けられる「財政健全化団体」に、それより悪い財政再生基準を超えると、国の管理のもと確実な再生が求められる「財政再生団体」となります。

 

高砂市はいずれの指標も基準を下回っています。

実質赤字比率

財政運営の深刻度 福祉、教育、まちづくりなどの一般会計の赤字

赤字なし

早期健全化基準 12.47

財政再生基準 20.00

 

連結実質赤字比率

全体の運営の深刻度 すべての会計の赤字や黒字を合算し、市全体としての赤字

赤字なし

早期健全化基準 17.47

財政再生基準 30.00

 

実質公債費比率

資金繰りの危険度 借入金の返済およびこれに準じる額の大きさ

10.6

早期健全化基準 25.0

財政再生基準 35.00

 

将来負担比率

将来財政を圧迫する可能性 借入金(地方債)や将来支払っていく可能性のある負担など

63.0

早期健全化基準 350.0

財政再生基準 設定なし

 

資金不足比率

公営企業の経営状況の深刻度 公営企業の資金不足額が事業規模に占める割合

不足なし

早期健全化基準 20.0(経営健全化基準)

財政再生基準 設定なし

 

たかさご未来寄附金

平成27年度 1,094件 17,265,000円

ありがとうございました。

 高砂市に興味を持っていただいている人や、将来高砂市に住みたいとお考えの人、高砂市で過ごされたことがある人、高砂市で結婚式を挙げられた人など、さまざまな人のご支援ご助力をお願いしています。

 市外でお住まいのご家族、ご親戚、ご友人にも声をかけていただき、ふるさと「高砂」の応援をよろしくお願いします。

 

<目次へ戻る>

 

美化センターからのお知らせ 
 ごみの分別変更パンフレットを全戸配布します 
 計画管理課 電話448-5260

 平成29年2月1日から、ごみの分け方・出し方が変わります。新しいごみの分け方・出し方がわかる「分別変更パンフレット」を12月にごみ減量推進員、協力員より全戸配布します。

 パンフレットには、平成29年2月、3月分の『燃えないごみ』『粗大ごみ』の収集日と『変更点の詳細』を記載しています。平成29年2月1日以降にごみを出すときには、必ず分別変更パンフレットをご確認ください。

【変更する理由】

 平成29年2月から、広域ごみ処理施設建設のために現美化センターを解体撤去します。広域ごみ処理施設完成までの期間(から平成34年3月を予定)は、家庭ごみを加古川市で処理します。高砂市と加古川市で「ごみの分別等」に一部違いがあるため、処理依頼先に合わせて分別を変更する必要があります。

 

ごみの分け方・出し方などの出前講座を募集しています

計画管理課 電話448-5260

出前講座は、市民の皆さんの要望に応じて職員が出向き、行政サービスや施策などを説明する制度です。

とき 10時から21時までの間の2時間以内

※ 祝日、年末年始を除く

対象 市内在住または在勤・在学のおおむね10人以上で構成する団体など

※ 会場の手配、使用料、当日の進行は申し込み団体でお願いします。

講師料 無料

しめ切り 講座希望日の20日前

申込方法 申込書に必要事項を記入の上、秘書広報広聴室広報広聴担当まで

※ 申込書は、秘書広報広聴室広報広聴担当、各市民サービスコーナー・市民コーナー、中央公民館兼伊保公民館、図書館にあります。市ホームページからでも取り出せます。

 

リサイクル啓発講座廃食用油と空きびんで作るエコキャンドル教室

計画管理課 電話448-5260

とき 12月17日(土曜) 9時30分から11時30分、13時30分から15時30分

※ 開始30分前までにご来場ください。

ところ 美化センター4階木工室

内容

◇廃食用油と空きびんで作るエコキャンドル

◇ガラス絵具で空きびんに絵を描く

対象 市内在住・在学・在勤または加古川市・稲美町・播磨町の小学5年生以上の人

※ 保護者と同時受講の場合は小学1から4年生可、その場合、受講料は人数分必要となります。

定員 各10人

受講料 300円

持ち物 家庭で不要になったジャムなどの空きびん

受付日 12月1日(木曜)から

申込方法 電話で計画管理課まで

 

ごみステーションで早朝啓発活動を行っています

 計画管理課 電話448-5260

燃えないごみ・粗大ごみ収集日に合わせて朝7から8時に「ごみの分け方・出し方」の変更パンフレットを配布しています。

※ 1日8から10箇所のごみステーションで10月から平成29年2月まで実施

※ ごみの分け方・出し方の変更点について、ご不明な点などは計画管理課までお問い合わせください。

 

市長賞作品がハイブリッドごみ収集車にプリントされました

 業務施設課 電話448-5220

 市内の小学生を対象に、夏休み期間中に募集した「ごみ減量化・再資源化ポスターコンクール」で 阿弥陀小学校6年 松下みのりさんの作品が最優秀作品に選ばれました。

 皆さんに愛着の湧くごみ収集車となるように、9月から導入している環境にやさしいハイブリッドごみ収集車にプリントしました。

 ごみ問題を身近なものとして理解を深めていただき、引き続き、ごみ減量化・再資源化、分別収集にご協力をよろしくお願いします。

※ 入賞作品は、市ホームページで公開しています。

 

戸別収集「ふれあい収集」を開始します

 業務施設課 電話448-5220

 平成29年4月から実施する「ふれあい収集」は、ごみ出しの協力を得ることが困難な世帯に対して、玄関先まで市の作業員がごみの収集に伺うサービスです。

 戸別に訪問して、ごみの収集と補助的に安否の確認を行う事で、高齢者や障がいのある人の身体的な負担の軽減と安心で暮らしやすい在宅生活を支援していきます。

対象 市内在住で次の要件に該当する人

◇65歳以上のひとり暮らしで、介護保険のホームヘルプサービスを利用している(要介護2以上)

◇障がいのあるひとり暮らしで、障害福祉サービスのホームヘルプサービスを利用している(障害支援区分3以上)

※ 家族や身近な人などの協力がある人を除く

受付 平成29年1月から

申込方法 ふれあい収集利用申請書に必要事項を記入の上、直接または郵送(郵便番号676-0074 梅井6丁目1-1)で美化センターまで

※ 申請書は、美化センター、各市民サービスコーナー・市民コーナー、高年介護課、障がい・地域福祉課にあります。市ホームページからでも取り出せます。

※ 代理人による申請可

※ 受け付け後、審査を行い、ケアマネジャー・民生委員と一緒に収集方法などを確認します。

※ 詳しくは、業務施設課までお問い合わせください。

 

<目次へ戻る>

 

広域ごみ処理施設建設推進室からのお知らせ 広域ごみ処理施設建設推進室 電話448-8766
広域ごみ処理施設設置に係る生活環境影響調査

 市では、生活環境影響調査(広域ごみ処理施設設置後の生活環境に与える影響)を実施しました。調査結果の主な内容は、次のとおりです。

名称 東播臨海広域市町村圏における広域ごみ処理施設生活環境影響調査

調査期間 平成27年6月から平成28年11月

調査項目

◇一般環境(施設設置による影響) 大気質、騒音、振動、悪臭、水質

◇沿道環境(ごみ処理広域化による車両増加の影響) 大気質、騒音、振動、交通量

調査結果 広報たかさご12月号と同時に配布される「東播臨海広域市町村圏における広域ごみ処理施設生活環境影響調査結果の概要についてお知らせします」をご覧ください。

※ 平成34年4月の施設稼働に向け、ご理解とご協力をお願いします。

 

【訂正とお詫び】

 広報たかさご11月号に誤りがありました。次のとおり訂正し、お詫びします。

◇生活環境調査書の告示・縦覧に係る意見書の提出期間

(誤) 12月15日(木曜)から28日(水曜)

(正) 11月15日(火曜)から12月28日(水曜)

 

<目次へ戻る>

 

子育て支援室からのお知らせ のびのびすこやか 
平成29年度公立認定こども園の3歳児(1号認定こども)募集は、広報たかさご1月号に掲載します。
子育て支援室 電話443-9025
 
子育て支援センターからのお知らせ 電話442-2242

申込方法 電話で子育て支援センターまで

○つどいの広場

●12月の親子遊び

 とき 月曜日・火曜日・木曜日 10時から11時30分

 ところ 子育て支援センター

 対象 就園前の親子

 定員 各15組

 ◇月曜日

 5日 お話し遊びをしよう

 12日 集まれ!1歳児

 19日 子育てホットタイム

 ◇火曜日

 6日 赤ちゃんわらべうた

 13日 マットで遊ぼう

 20日 新聞紙で遊ぼう

 ◇木曜日

 1日 親子で運動遊び

 8日 2歳からの集い

 15日 お話し大好き

 22日 クリスマスで遊ぼう

●きらきら☆クリスマス

 とき 12月7日(水曜) 10時から11時30分

 ところ 生石研修センター

 内容 サンタと一緒にクリスマス会を楽しもう

 対象 就園前の親子

 定員 80組

 持ち物 上靴・下靴入れ、お茶など

 受付期間 12月1日(木曜)から5日(月曜)

●父親講座

 とき 12月17日(土曜) 10時から11時30分

 ところ 北部子育て支援センター

 内容 親子遊び(凧作り)と寄せ植えを楽しもう(お正月用)

 対象 就園前の親子

 定員 15組

 ※ ファミリー参加歓迎

 持ち物 お茶など

 受付期間 12月8日(木曜)から11日(日曜)

●赤ちゃんの日

 0から1歳3カ月の赤ちゃん専用オープンルームを開催します。

 ネンネ、ハイハイ、ヨチヨチのお友だち集まれ!

 とき 12月14日(水曜) 9時30分から16時30分

 ところ ユーアイ帆っとセンター

 ※ 時間内は自由に遊べます。

 ※ 10時30分と14時に、30分程度の親子遊びを行います。

●12月生まれの誕生会

 とき 12月21日(水曜) 10時から11時30分

 ところ ユーアイ帆っとセンター

 対象 12月生まれの就園前の親子

 定員 15組

 持ち物 お茶、タオルなど

 受付日 12月8日(木曜)・9日(金曜)

 

北部子育て支援センターからのお知らせ 北部子育て支援センター 電話433-8866

申込方法 電話で北部子育て支援センターまで

○つどいの広場

●12月の親子遊び

 とき 水曜日・金曜日 10時から11時30分、13時30分から15時

 ところ 北部子育て支援センター

 対象 就園前の親子

 定員 各15組

 ◇水曜日

 21日 リズムで遊ぼう

 ◇金曜日

 2日 赤ちゃんわらべうた

 9日 子育てホットタイム

 16日 楽器で遊ぼう

 ●わくわくパーク8

 とき 12月12日(月曜) 10時から11時30分

 ところ 北部子育て支援センター

 内容 作って遊ぼう

 対象 就園前の親子

 定員 15組

 持ち物 お茶など

 受付日 12月1日(木曜)・2日(金曜)

●12月のおはなしルーム

 ◇読み聞かせ

 8日(木曜) 10時から11時

 ◇おはなし会

 19日(月曜) 10時から11時

 ※ いずれも定員15組

 

ファミリーサポートセンター電話442-0555

 とき 12月16日(金曜)

 ところ ユーアイ帆っとセンター

 ◇クリスマス交流会

 10時から11時

 内容 人形劇あんてぃ

 対象 ファミリーサポートセンター登録会員、子育て中の人

 定員 30組

 ◇第3回入会説明会

 11時から12時

 対象 子育ての援助を受けたい人(市内在住または在勤の人で、おおむね生後6カ月から小学6年生までの子どもがいる人)

 定員 20人

 一時保育 5人(生後6カ月以上の子ども)

 ※ 要予約

 しめ切り 12月14日(水曜)

 申込方法 電話でファミリーサポートセンターまで

 

<目次へ戻る>

 

公民館の登録グループを紹介します
第5回 曽根公民館 曽根公民館 電話448-4798

 曽根公民館では、19グループ225人がそれぞれ楽しく活動しています。

 地域の人たちに日ごろの成果を発表する「曽根公民館まつり」を、今年は11月19日・20日に開催しました。来場した人には、芸能発表会や展示会、おいしい飲み物で楽しいひと時を過ごしてもらいました。

 次は「他のグループの人たちとも楽しい時間を共有したい」という思いから、公民館の外での親睦交流として、バス旅行などを計画していきたいと思っています。

 「今までと違う分野に挑戦してみたい!」「たくさんの人たちと知り合いになりたい!」という人は、一度グループ見学をしてみませんか。グループの新設も大歓迎です。

 皆さんからのお問い合わせを心よりお待ちしています。

曽根公民館

登録グループ連絡会

会長 安藤 悦子

 

曽根公民館登録グループ一覧表

学習分野 英会話

グループ名 ピース

活動日 1・3火曜日 19時から20時30分

会費(円) 月2,000

 

学習分野 オカリナ

グループ名 わかば・オカリナ

活動日 週 2・4月曜日 9時から12時

会費(円) 月100

 

学習分野 歌謡

グループ名 カッコー

活動日 1・2・4火曜日 10時から12時

会費(円) 月3,000

 

学習分野 歌謡

グループ名 ビューティフル・エコー

活動日 1・2・3・4金曜日 13時30分から15時30分

会費(円) 月2,000

 

学習分野 着物着付け

グループ名 装道(そうどう)

活動日 2・4水曜日 13時から15時

会費(円) 月500

 

学習分野 健康体操

グループ名 はまゆう

活動日 1・2・3・4月曜日 13時30分から15時30分

会費(円) 月0

 

学習分野 子育てサークル

グループ名 くれよんクラブ

活動日 1・3火曜日 10時から12時

会費(円) 月300

 

学習分野 書道

グループ名 墨滴会(ぼくてきかい)

活動日 1・2・4土曜日 9時から12時

会費(円) 月3,000

 

学習分野 ストリートダンス

グループ名 ぴよんこダンス

活動日 1・2・3・4火曜日 19時から22時

会費(円) 月3,000

 

学習分野 太極拳

グループ名 若葉

活動日 1・2・3・4土曜日 13時30分から15時

会費(円) 月2,000

 

学習分野 卓球

グループ名 シクラメン

活動日 1・2・3・4水曜日 9時30分から12時

会費(円) 年3,000

 

学習分野 卓球

グループ名 すばる

活動日 1・2・3・4水曜日 13時から17時

会費(円) 年2,000

 

学習分野 ちぎり絵

グループ名 にじの会

活動日 3木曜日 9時から12時

会費(円) 月500

 

学習分野 日本画

グループ名 花筏(はないかだ)

活動日 1・3土曜日 9時から12時

会費(円) 月2,000

 

学習分野 民舞

グループ名 勝布美会(かつふみかい)

活動日 1・2・3・4水曜日 9時30分から12時

会費(円) 月2,000

 

学習分野 民舞

グループ名 藤乃会(ふじのかい)

活動日 1・2・3・4火曜日 13時から16時30分

会費(円) 月2,500

 

学習分野 民舞

グループ名 第一藤美会(だいいちふじみかい)

活動日 1・2・3・4金曜日 13時から16時

会費(円) 月2,500

 

学習分野 ヨガ

グループ名 コスモス

活動日

週 1・2・3・4金曜日 10時から11時30分

会費(円) 月1,800

 

学習分野 ヨガ

グループ名 スマイル

活動日 1・2・3・4木曜日 10時から11時30分

会費(円) 月2,100

 

<目次へ戻る>

 

マイタウン10・11月のスナップ
稲刈り

▼10月20日(木曜)、市内の保育園・こども園の園児たちが阿弥陀町の楽笑村で稲刈りを体験しました。地元の皆さんに手伝ってもらって、自分たちで稲を刈り取りました。

 

親子うんどう会

▼11月10日(木曜)、総合体育館で行われました。422人の親子が集い、力を合わせて頑張る子どもたちの姿に、会場は大きな声援と暖かい拍手に包まれました。

 

かい掘り体験

▼10月21日(金曜)、北浜町のひょうたん池で北浜小学校2・6年生91人が、かい掘りを体験しました。泥だらけになりながら、カメやブラックバスなど生き物の生態を楽しく学びました。

 

スケアード・ストレイト交通安全教室

▼10月27日(木曜)、県立高砂南高校で行われました。スタントマンによる疑似交通事故から交通ルールを守る大切さを学びました。

 

総合防災訓練

▼11月13日(日曜)、伊保小学校で総合防災訓練(兵庫県南海トラフ地震津波一斉避難訓練)を実施しました。地域住民と各関係機関が連携して、防災・減災意識と災害対応能力の向上を図りました。

 

 

企画総務部 秘書広報広聴室 広報広聴担当

郵便番号:676-8501

住所:兵庫県高砂市荒井町千鳥1丁目1番1号

電話442-2101(代表) FAX442-3193

http://www.city.takasago.lg.jp/

 

広報たかさごは再生紙を使用しています。

 

<目次へ戻る>