広報たかさご 6月号 No.867 平成29(2017)年

 

人口と世帯(9月1日現在、外国籍人口を含む)

人口/92,444 (マイナス4) 世帯/39,472 (プラス103)

人口の内訳 男/45,221 (マイナス41) 女/47,223 (プラス45)

 

目次

兵庫県知事選挙・・・2から5

第2次高砂市食育推進計画・・・6

公民館登録グループの紹介・・・7

子育て支援室からのお知らせ・・・8・9

国保医療課からのお知らせ ・・・10から13

美化センターからのお知らせ ・・・14

楓香荘・・・26

4・5月のスナップ ・・・27

 

 

 

選挙のお知らせ 兵庫県知事選挙

選挙管理委員会 電話443-9057

 

投票

とき 7月2日(日曜日) 7時から20時

ところ 各投票所

 

開票

とき 7月2日(日曜日) 21時から

ところ 総合体育館

 

投票できる人

次の要件をすべて満たす人(選挙人名簿に登録されている人)

◇平成11年7月3日までに生まれた人

◇平成29年3月14日までに高砂市に転入(住民登録)した人

◇引き続き3カ月以上市内に住んでいる人

※平成29年3月15日以降に転入した人は、旧住所地の選挙管理委員会にお問い合わせください。

 

投票所お知らせ券(入場券)

◇投票所お知らせ券(入場券)は個人ごとに作成し、1世帯6人分までをまとめて1枚の封書で郵送します。

◇投票の際は、各自の券を受付係にお渡しください。

◇券は、投票の日時や場所をお知らせするもので、券がなくても、本人の確認ができれば、投票できます。

◇券裏面の宣誓書は、期日前投票をしない場合は記入する必要がありません。

 

選挙公報

自治会から各世帯に配布します。

各市民サービスコーナー・市民コーナーにもあります。

 

選挙に関するホームページ

兵庫県知事選挙に関する情報は市ホームページまたは兵庫県選挙管理委員会ホームページをご覧ください。

 

期日前投票

仕事や旅行などのため、投票日に投票できない人は期日前投票ができます。 

とき 6月16日(金曜日)から7月1日(土曜日) 8時30分から20時

ところ 西庁舎2階期日前投票所

※期日前投票の際は、投票所お知らせ券(入場券)裏面の「宣誓書」に必要事項を記入の上、持参してください。(印鑑不要)

※期日前投票の際に満18歳未満の人は不在者投票になります。(ところ 南庁舎4階選挙管理委員会)

 

不在者投票

仕事や旅行などで遠方に滞在しているため、6月16日(金曜日)から7月2日(日曜日)に高砂市で投票できない人は、滞在地の選挙管理委員会で不在者投票ができます。

「投票用紙請求書兼宣誓書」に必要事項を記入の上、早めに高砂市選挙管理委員会まで投票用紙を請求してください。

※「投票用紙請求書兼宣誓書」は市ホームページからでも取り出せます。

※不在者投票ができる病院や施設などに入っている人はその施設内で不在者投票ができます。

 

●投票用紙等の請求に係るオンライン請求(本人のみ、代理人は不可)

市ホームページから電子申請システム画面を開き、不在者投票の投票用紙等の請求メニューを選択し、必要事項を入力することで請求できます。

※請求にはパソコン、カードリーダーとマイナンバーカードなどの電子証明書が必要です。詳しくは、市ホームページをご覧ください。

 

郵便等による不在者投票

表1に該当する人は自宅や療養先などから郵便等による不在者投票ができます。この場合、あらかじめ「郵便等投票証明書」が必要です。請求期限は、6月28日(水曜日)です。早めに選挙管理委員会までお問い合わせください。 

●代理記載制度

郵便等による不在者投票ができる人で、表2に該当する人は代理人(選挙権がある人に限る)が記載し、郵便等による不在者投票ができます。

この場合、あらかじめ、該当者であることを証明する手続きや代理記載人の届け出が必要です。

※詳しくは、選挙管理委員会までお問い合わせください。

 

【表1】

種類 身体障害者手帳

障害などの種類 両下肢·体幹·移動機能の障害

等級など 1・2級

 

種類 身体障害者手帳

障害などの種類 心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸の障害

等級など 1・3級

 

種類 身体障害者手帳

障害などの種類 免疫・肝臓の障害

等級など 1から3級

 

種類 介護保険被保険者証

障害などの種類 要介護状態

等級など 要介護認定5

 

種類 戦傷病者手帳

障害などの種類 両下肢・体幹の障害

等級など 特別から第2項症

 

種類 戦傷病者手帳

障害などの種類 心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・肝臓の障害

等級など 特別から第3項症

 

【表2】

種類 身体障害者手帳

障害などの種類 上肢・視覚の障害

等級など 1級

 

種類 戦傷病者手帳

障害などの種類 上肢・視覚の障害

等級など 特別から第2項症

 

投票所(全29投票所)

投票所お知らせ券(入場券)に記載されている投票所をご確認ください。

 

ご注意ください

今回の選挙から「三菱製紙体育館(第3投票所)」、「市営松波住宅集会所(第4投票所)」「旧雇用促進住宅集会所(第10投票所)」を廃止し、新たに「ユーアイ帆っとセンター(新第3投票所)」と「竜山中学校体育館(新第9投票所)」を投票所として指定しました。

【変更された投票区】

●第1投票所 高砂地区 コミュニティセンター

高砂町農人町、高砂町栄町

※表記していない町は変更ありません。

 

●第3投票所 ユーアイ帆っとセンター

高砂町松波町、高砂町木曽町、高砂町朝日町1丁目、高砂町朝日町2丁目、高砂町朝日町3丁目、高砂町浜田町、高砂町浜田町1丁目、高砂町浜田町2丁目、荒井町新浜2丁目

 

●第9投票所 竜山中学校体育館

伊保崎3丁目の一部、伊保崎5丁目、伊保崎6丁目、竜山1丁目、竜山2丁目、松陽2丁目、松陽3丁目、松陽4丁目

 

(1)高砂地区コミュニティセンター(高砂町北本町1110番地の1)

(2)高砂小学校体育館(高砂町大工町810番地の1)

(3)ユーアイ帆っとセンター(高砂町松波町440番地の35)

(4)荒井小学校体育館(荒井町東本町10番1号)

(5)白兎愛育園(荒井町千鳥2丁目23番12号)

(6)みどり丘こども園(緑丘1丁目1番14号)

(7)伊保小学校体育館(伊保東1丁目18番1号)

(8)美保里こども園(美保里13番1号)

(9)竜山中学校体育館(松陽3丁目1番地)

(10)伊保南小学校体育館(梅井2丁目4番1号)

(11)梅井保育園(梅井4丁目3番6号)

(12)中筋公民館(中筋3丁目5番24号)

(13)曽根小学校体育館(曽根町2500番地)

(14)東之町自治会館(曽根町728番地の1)

(15)北之町北本町自治会館(曽根町942番地の4)

(16)米田小学校体育館(米田町米田451番地)

(17)米田団地第1集会所(米田団地185番地の2)

(18)米田新公会堂(米田町米田新202番地の4)

(19)米田西小学校体育館(米田町塩市17番地の1)

(20)神爪公会堂(神爪5丁目13番6号)

(21)阿弥陀小学校体育館(阿弥陀町阿弥陀1153番地の1)

(22)北山自治会館(阿弥陀町北山22番地の1)

(23)魚橋自治会館(阿弥陀町魚橋1688番地)

(24)魚橋南集会所(阿弥陀町魚橋1020番地の1)

(25)中筋小学校体育館(中筋1丁目2番1号)

(26)地徳公会堂(阿弥陀町地徳90番地)

(27)鹿島中学校体育館(阿弥陀町阿弥陀1979番地の3)

(28)浜小学校体育館(北浜町北脇34番地の5)

(29)牛谷会館(北浜町牛谷414番地の3)

 

< 目次へもどる>

 

第2次高砂市食育推進計画がスタートします

保健センター 電話443-3936

 

 たくましい「からだとこころ」を食を通して育て

 感謝の気持ちをいつも心に抱き

 山海の恵を大切に

 ご飯を主食に毎日元気

 

「食育」とは

・生きる上での基本であって、知育、徳育、体育の基礎となるべきもの

・様々な経験を通じて食に関する知識及び食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること

(食育基本法前文より引用)

 

毎月19日は「食育の日」

毎年6月は「食育月間」

10月は「ひょうご食育月間」

 

第2次高砂市食育推進計画(平成29から33年度)

基本方針

(1)食に親しみ、健全なからだとこころの育成

(2)人と自然に対する感謝の気持ちの育成

(3)食文化の継承

(4)食品の安全性の確保と災害対策の情報の提供

(5)「食」に関する情報発信と推進体制の拡充

 

市民一人ひとりが心身ともに健康で、安全・安心の食生活を実現するためには、食に関する正しい知識と食を選択する力を習得し、生きていく力を身に付ける必要があります。それと共に、自然の恵みや人に対する感謝の気持ちを伝え、共に食べて、食べることの楽しみや喜びを共有することで、豊かな人間性が形成されます。

計画の基本方針を念頭に、市民、地域、食に関わる組織団体が協働することで「絆」が結ばれます。その結ばれた「絆」を最重要観点として取り組みを進めます。

 

遊びを通じて楽しく食材と健康との関係を学ぶ

親子や仲間で取り組む料理体験で料理の楽しさを知る

地域でのふれあい体験を通じて食と人に対する感謝の気持ちを育成

 

< 目次へもどる> 

 

平成29年度各公民館登録グループの学習分野紹介

祝日を除く、毎月第1・3日曜日(9時から17時)も開館しています。

現在、市内8公民館で『210グループ』が登録し、活動しています。

活動に参加したい人、新たにグループを登録したい人は、各公民館までお問い合わせください。

 

集う・学ぶ・楽しむ

“生きがいづくり・仲間づくり”

 

高砂公民館 電話443-5439

音楽療法

歌謡

木彫

郷土史研究

コーラス

憲法の学習

3B体操

詩吟

大正琴

太極拳

卓球

俳句

パッチワーク

ヨガ

 

荒井公民館 電話442-0490

生花

英会話

歌謡

ギター

健康体操

剣舞・詩舞

3B体操

詩吟

将棋

書道

銭太鼓

太極拳

大正琴

卓球

俳句

腹話術

盆栽

フラダンス

民舞

民謡

謡曲

洋裁

 

中央公民館兼伊保公民館 電話447-2247

囲碁

英会話

絵画

歌謡

木彫

郷土史研究

健康体操

コーラス

茶道

3B体操

詩吟

社交ダンス

写真

書道

太極拳

太極柔力球

大正琴

卓球

陶芸

津軽三味線

俳句

フラダンス

民舞

民謡

謡曲

洋裁

ヨガ

料理

 

中筋公民館 電話448-4821

足もみ

絵手紙

歌謡

健康音楽体操

三線

3B体操

詩吟

スポーツ吹矢

銭太鼓

大正琴

太極拳

卓球

童謡・唱歌

日本式気功養生術

洋裁

フラダンス

ヨガ

和裁

 

曽根公民館 電話448-4798

オカリナ

英会話

歌謡

着物着付け

健康体操

書道

子育てサークル

ストリートダンス

太極拳

卓球

ちぎり絵

日本画

民舞

フラダンス

ヨガ

 

米田公民館 電話432-6784

いけ花

囲碁

音楽体操

歌謡

クラシックギター

3B体操

詩吟

三味線

社交ダンス

書道

水彩画

銭太鼓

太極拳

大正琴

卓球

陶芸

はがき絵

民舞

パッチワーク

ペン習字・小筆字

民謡

ボランティア

洋裁

料理

 

阿弥陀公民館 電話448-4642

編物

生花

囲碁

絵画

歌謡

ギター

コーラス

三絃

3B体操

将棋

書道

新舞踊

太極拳

卓球

陶芸

民舞

フラダンス

ヨガ

 

北浜公民館 電話079-254−5212

囲碁

絵手紙

歌謡

空手

コーラス

3B体操

詩吟

社交ダンス

書道

食生活改善

新舞踊

銭太鼓・傘踊

大正琴

卓球

ダンスエクササイズ

民謡

フラダンス

ヨガ

 

 < 目次へもどる>

 

のびのびすこやか  子育て支援室からのお知らせ

 

保育所・幼稚園臨時職員に登録を!  幼児保育課 電話443-9025

公立保育所、こども園、幼稚園、児童学園の臨時職員(保育士・教諭、調理員など)を募集しています。

職種

◇常勤保育士・教諭(クラス配置・障がい児加配)

◇年休代替保育士・教諭(1カ月に8から11日程度)

(保育所・こども園は次の職種も募集中です)

◇早朝時間パート保育士(7時15分から12時15分、うち2から3時間程度可)

◇時間パート保育士(9時から15時、うち4から5時間程度可)

◇調理員(常勤、パート)

◇清掃業務作業員

対象 保育士資格・幼稚園教諭免許を有する人、調理師免許を有する人

申込方法 任用申込書に必要事項を記入し写真を貼り付け、資格(免許)証の写しを添えて幼児保育課まで

※申込書は、幼児保育課にあります。詳しくは、市ホームページをご覧ください。

 

 

児童手当現況届の提出を!  子育て支援課 電話443-9024

現在、児童手当を受給している人に現況届を郵送します(6月初旬)。

6月1日現在の子どもの養育状況などを確認するために必要ですので、必要事項を記入し、押印の上、各巡回受付場所または、子育て支援課まで提出してください。

 

とき 6月6日(火曜日) 9時30分から12時

ところ みのり会館

とき 6月8日(木曜日) 9時30分から12時

ところ 北浜公民館

とき 6月12日(月曜日) 9時30分から12時

ところ 中筋公民館

とき 6月5日(月曜日)から30日(金曜日) 9時30分から16時(12時から13時を除く)

ところ 南庁舎2階会議室1

 

しめ切り 6月30日(金曜日)

※郵送でも受け付けます。

※上記以外の公民館では受け付けません。

※現況届の提出がない場合は、6月分以降の児童手当の支給ができませんのでご注意ください。

 

今月は、児童手当6月期(2月から5月分)の支払い月です。6月15日(木曜)に振り込みます。

 

 

ファミリーサポートセンターからのお知らせ  ファミリーサポートセンター 電話442-0555

申込方法 電話でファミリーサポートセンターまで

 

子育て応援講座 第1回提供・両方会員フォローアップ講座&情報交換会

【にこにこポイント対象事業】

とき・テーマ 6月26日(月曜日)

◇9時30分から10時30分 子どもとのかかわりと遊び

◇10時40分から11時30分 提供・両方会員情報交換会~実際の援助活動を通して~こんなときどうするの?

ところ ユーアイ帆っとセンター 

対象 ファミリーサポートセンター提供・両方会員、子育て支援に関心のある人

定員 20人

一時保育 5人(1歳6カ月以上の子ども)

※要予約

しめ切り 6月22日(木曜日)

 

ファミサポミニミニ運動会(第1回交流会)

【にこにこポイント対象事業】

とき 6月10日(土曜日) 10時から11時30分

ところ ユーアイ帆っとセンター

対象 ファミリーサポートセンター登録会員、子育て中の人

定員 30組

しめ切り 6月8日(木曜日)

 

 

子育て支援センターからのお知らせ  子育て支援センター 電話442-2242

申込方法 電話で子育て支援センターまで

 

つどいの広場 6月の親子遊び

とき 月曜日・火曜日・木曜日 10時から11時30分

ところ 子育て支援センター

対象 就園前の親子

定員 各15組

 

◇月曜日

5日 子育てホットタイム

12日 集まれ!1歳児

19日 冒険ごっこをしよう

26日 新聞紙で遊ぼう

◇火曜日

6日 エプロンで遊ぼう

13日 赤ちゃんわらべうた

◇木曜日

1日 ボールで遊ぼう

15日 2歳からのつどい

22日 お話し大好き

29日 食べるの大好き

 

赤ちゃんの日

ネンネ、ハイハイ、ヨチヨチの赤ちゃん専用オープンルーム

とき 6月7日(水曜日) 9時30分から16時30分

ところ ユーアイ帆っとセンター

対象 0から1歳3カ月までの親子

※ 時間内は自由に遊べます。

※ 10時30分と14時に、30分程度の親子遊びをします。

 

レッツゴー♪つどい

とき 6月8日(木曜日) 10時から11時30分

ところ 阿弥陀公民館

内容 パフリングで遊ぼう

対象 就園前の親子

定員 15組

持ち物 お茶、汗拭きタオル

受付期間 6月1日(木曜)から3日(土曜)

 

6月生まれの誕生会

とき 6月21日(水曜日) 10時から11時

ところ ユーアイ帆っとセンター

対象 6月生まれの就園前の親子

定員 15組

持ち物 お茶

受付日 6月14日(水曜日)・15日(木曜日)

 

ベビーヨガ

とき 6月27日(火曜日) 10時から11時30分

ところ ユーアイ帆っとセンター

内容 体を動かしてリフレッシュ

対象 就園前の親子

定員 15組

持ち物 お茶、汗拭きタオル

受付日 6月20日(火曜日)

 

父親講座

とき 7月1日(土曜日) 10時から11時30分

ところ 北部子育て支援センター

内容 お父さんの手づくり縁日ごっこ

対象 就園前の子どもとお父さん

定員 15組

持ち物 お茶、帽子、タオル、上靴、着替えなど

受付期間 6月19日(月曜日)から23日(金曜日)

 

 

北部子育て支援センターからのお知らせ 北部子育て支援センター 電話433-8866

申込方法 電話で北部子育て支援センターまで

 

つどいの広場 6月の親子遊び

とき 水曜日・金曜日 10時から11時30分

ところ 北部子育て支援センター

対象 就園前の親子

定員 各15組

 

◇水曜日

14日 親子体操

21日 赤ちゃんわらべうた

28日 リズムで遊ぼう

◇金曜日

2日 集まれ!1歳児

9日 サーキットで遊ぼう

16日 エプロンシアター

23日 ダンボールで遊ぼう

30日 2歳からの集い

 

6月のおはなしルーム

◇読み聞かせ

15日(木曜) 10時から11時

◇おはなし会

19日(月曜) 10時から11時

※ いずれも定員15組

 

わくわくパーク

とき 6月26日(月曜日) 10時から11時30分

ところ 北部子育て支援センター

内容 作って遊ぼう

対象 就園前の親子

定員 15組

持ち物 お茶など

受付日 6月19日(月曜日)・20日(火曜日)

 

 < 目次へもどる>

 

国保医療課からのお知らせ

国民健康保険料  国保医療課賦課収納係 電話443-9072

平成29年度の納付通知書は、7月中旬に送付します。

 

平成29年度国民健康保険料の料率が決まりました。

国民健康保険の財源は、国、県の補助金、市の繰入金と皆さんが納める保険料でまかなわれています。

平成29年度の保険料を、医療分は医療費の増加、後期高齢者支援金等分は支援金の増加、介護分は納付金の増加により改定しました。

年間の保険料は、医療分、後期高齢者支援金等分、介護分(40から64歳)の合計額となります。

 

国民健康保険料の料率

医療分(0から74歳)

平成28年度

所得割 7.7パーセント

均等割 24,000円

平等割 22,500円

限度額 54万円

 

平成29年度

所得割 7.8パーセント

均等割 25,200円

平等割 24,600円

限度額 54万円

 

後期高齢者支援金等分(0から74歳)

平成28年度

所得割 2.3パーセント

均等割 7,800円

平等割 7,200円

限度額 19万円

 

平成29年度

所得割 2.3パーセント

均等割 7,800円

平等割 7,500円

限度額 19万円

 

介護分(40から64歳)

平成28年度

所得割 2.3パーセント

均等割 8,400円

平等割 6,000円

限度額 16万円

 

平成29年度

所得割 2.4パーセント

均等割 9,000円

平等割 7,800円

限度額 16万円

 

5割および2割軽減の対象を拡大

同一世帯内の被保険者および世帯主の総所得金額等の合計額が基準額以下の場合、均等割額と平等割額を軽減します。

※5割軽減の基準は被保険者数に乗じる金額が26.5万円から27万円に、2割軽減の基準は被保険者数に乗じる金額が48万円から49万円に変更。

※65歳以上の公的年金受給者は、総所得金額等から年金所得の範囲内で最大15万円を控除し、軽減判定します。

※所得未申告の世帯は、軽減が適用されません。必ず申告をしてください。

 

保険料の軽減制度

軽減割合 7割

平成28年度基準額(※1) 33万円   

平成29年度基準額(※1) 33万円

軽減割合 5割

平成28年度基準額(※1) 33万円プラス26.5万円かける世帯に属する被保険者数(※2)

平成29年度基準額(※1) 33万円プラス27万円かける世帯に属する被保険者数(※2)

軽減割合 3割

平成28年度基準額(※1) 33万円ブラス48万円かける世帯に属する被保険者数(※2)

平成29年度基準額(※1) 33万円プラス49万円かける世帯に属する被保険者数(※2)

 

※1 前年中の世帯の総所得金額等

※2 国保加入者と国保から後期高齢者医療制度へ移行した人の合計人数

 

 

後期高齢者医療制度の創設に伴う国民健康保険料の緩和措置

世帯割への保険料の軽減

国保から後期高齢者医療制度への移行者が生じ、単身となる国保世帯に対して、保険料のうち医療分と後期高齢者支援金等分の平等割を5年間半額とし、6から8年目は1/4を軽減します。

※介護分の平等割は対象になりません。

 

被扶養者であった人の減免

会社の健康保険などの被用者保険の被保険者本人が後期高齢者医療制度へ移行し、その人の被扶養者が国保加入となる場合、新たに保険料を負担することになるため、当該被扶養者で65歳以上の人は、申請により保険料の所得割の全額を免除します。また、7割・5割軽減に該当しない世帯は均等割を半額に、被扶養者のみの世帯は平等割を半額に減免します。

※2年目以降の申請は必要ありません。

 

保険料の納付方法

普通徴収(納付書・口座振替)

1年間の保険料を、9回に分けて納付。

ペイジー口座振替受付サービス

賦課収納係に設置の端末機で口座振替の申込手続きがその場でできます。詳しくは、賦課収納係まで

 

特別徴収(年金からの天引き)

年金支払月に年金からの天引きにより、年6回で納付。

口座振替に変更できます

変更を希望する人は、賦課収納係で手続きしてください(口座振替の手続きが別途必要)。

※申し出から切り替えに2から3カ月かかります。

 

保険料の減免

前年中の所得が600万円以下で、退職または失業などにより所得が著しく減少した人は、保険料を減免できる場合があります。保険料の納付通知書の到達後、納期限までにご相談ください。

※納期限を過ぎた保険料は、減免の対象になりません。

 

失業軽減

倒産や解雇などにより国民健康保険に加入した場合、保険料などを軽減する制度があります。申請方法など詳しくは、賦課収納係まで

 

 

後期高齢者医療制度   

国保医療課賦課収納係 電話443-9072 兵庫県後期高齢者医療広域連合事務局 電話078-326-2021

平成29年度の保険料額決定通知書は、7月中旬に送付します。

 

保険料の計算方法

年間の保険料は一人ひとりが等しく負担する「均等割額」と前年の所得に応じて負担する「所得割額」の合計となります。

保険料額(年額)(上限57万円)イコール均等割額/48,297円プラス所得割額/(※総所得金額等マイナス33万円)かける所得割率10.17パーセント

※総所得金額等とは、収入額から控除額を引いた金額です。(控除額とは、公的年金等控除額・給与所得控除額・必要経費で、社会保険料控除・扶養控除などは含みません。)

 

保険料の軽減措置

被扶養者であった人の軽減

加入する前日に、会社の健康保険などの被用者保険の被扶養者だった人は、所得割額はかからず、特例措置により9割軽減されていた均等割額が、平成29年度は7割軽減となります。

※均等割額は、平成30年度に5割軽減、平成31年度には廃止されます。ただし、資格取得後2年に限り5割軽減となり、所得に応じた軽減(9割軽減、8.5割軽減など)を受けることができる場合は、軽減率が高い方(保険料が安い方)が適用されます。

 

所得の低い人の軽減

次の人は、平成28年中の所得に応じて平成29年度の保険料が軽減されます。

平成29年度から5割および2割の軽減対象が拡大されました。被保険者数に乗じる金額が、5割軽減の基準について26.5万円から27万円に、2割軽減の基準について48万円から49万円に変更されました。

※所得未申告の人は、軽減が適用されません。必ず申告をしてください。

 

均等割額

平成28年中の世帯(世帯主と世帯内の被保険者)の総所得金額等が一定の金額以下の人

軽減割合(軽減後均等割額の年額) 9割(4,829円)

総所得金額等(被保険者プラス世帯主)が33万円以下の世帯で、被保険者全員が年金収入80万円以下(その他各種所得がない)の場合

軽減割合(軽減後均等割額の年額) 8.5割(7,244円)

 総所得金額等(被保険者プラス世帯主)が33万円以下の世帯で、上記以外の場合

軽減割合(軽減後均等割額の年額) 5割(24,148円)

 総所得金額等(被保険者プラス世帯主)が「33万円プラス27万円かける被保険者の数」以下の世帯

軽減割合(軽減後均等割額の年額) 2割(38,637円)

 総所得金額等(被保険者プラス世帯主)が「33万円プラス49万円かける被保険者の数」以下の世帯

 

所得割額

所得割額算定にかかる所得(総所得金額等ひく基礎控除33万円)が58万円(年金収入のみの場合は211万円)以下の人は、特例措置により平成28年度は5割軽減されていましたが、平成29年度は2割軽減となります。

 

保険料の納付方法

普通徴収(納付書・口座振替)

 1年間の保険料を、7月から翌年3月までの9回に分けて納付。

※保険料の納付は、便利で納め忘れのない口座振替をご利用ください。

 

特別徴収(年金から天引き)

 年金支給月に年金からの天引きにより、年6回で納付。

 

口座振替に変更できます

 変更を希望する人は、賦課収納係で手続きしてください(口座振替の手続きが別途必要)。

※申し出から切り替えに2から3カ月かかります。

 

保険料の減免

災害などで大きな損害を受けたり、前年中所得が600万円以下で所得が著しく減少した人は、保険料を減額できる場合があります。

 

 

後期高齢者医療の健康診査  国保医療課医療係 電話443-9021

糖尿病などの生活習慣病を早期発見し、適切に医療につなげて重症化を予防するため、後期高齢者健康診査を実施しています。

 

受診期間 6月1日(木曜日)から平成30年2月28日(水曜日)

対象 兵庫県後期高齢者医療の被保険者および平成29年12月までに被保険者になる人

※ただし次の人は対象外

◇介護保険施設(特別養護老人ホーム、老人保健施設など)に入所中の人

◇入院中の人

◇今年度に同様の健診を受ける人

受診費用 無料

受診方法 受診券が届き次第、市内指定医療機関にお申し込みください。

※受診券は6月上旬に送付します。(昭和17年5月1日から12月31日生まれの人は7月以降)

 

 

特定健診  国保医療課国保給付係 電話443-9020

 特定健診の「基本項目」は無料! 病気の予防、早期発見のために年に1回、特定健診を!

特定健診では、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)やその予備群に該当する人を見つけ、一人ひとりにあった特定保健指導を行うことにより、生活習慣を改善するための支援を行っています。

※市では国民健康保険の加入者に対して実施しています。他の医療保険に加入している人は、それぞれの医療保険者に確認してください。

 

対象

◇4月1日現在の国民健康保険加入者

◇40から74歳の人(平成29年度中に40歳になる人を含む)

※平成29年度中に75歳になる人は、誕生日の前日まで受診可

※妊産婦、刑務所入所中、海外在住、長期入院、施設に入所や入居しているなどの場合は対象になりません。

健診内容

【基本項目】問診、身体計測(身長・体重・腹囲・体格指数)、血圧測定、尿・血液検査(血糖値・コレステロール・中性脂肪・肝機能・腎機能)

受診券 6月上旬に送付します。

※年度途中に加入し希望する人には、随時発行します。

 

●人間ドックや会社などの健診(事業主健診)を受診する人へ

特定健診の項目が含まれていますので健診結果の写しを提出してください。返信用封筒を送付しますので、国保給付係まで連絡してください。

※国保の助成を受けて人間ドックを受診する人は、提出の必要はありません。

 

●特定保健指導(対象者のみ)

特定健診を受けた後に医師、保健師、管理栄養士などによる生活習慣改善のための保健指導を受けることができます。

 

個別健診

とき 6月1日(木曜日)から平成30年2月28日(水曜日)

ところ 市内指定医療機関

健診料金 無料

※医療機関によって、有料で各種がん検診等を追加受診できます。

持ち物 特定健康診査受診券(オレンジ色)、国民健康保険被保険者証、問診票

申込方法 電話で市内指定医療機関まで

※受診券に同封の実施医療機関一覧表をご覧ください。

※健診結果は、受診した医療機関からお渡しします。

 

集団健診

集団A ※午前のみ

7月13日(木曜日)

8月7日(月曜日)

★8月30日(水曜日)

9月22日(金曜日)

10月19日(木曜日)

11月7日(火曜日)

12月19日(火曜日)

平成30年1月23日(火曜日)

平成30年2月28日(水曜日)

 

集団B

7月11日(火曜日)

8月5日(土曜日)

8月28日(月曜日)

◎9月19日(火曜日)

☆10月25日(水曜日)

11月26日(日曜日)

◎12月11日(月曜日)

◎平成30年1月18日(木曜日)

平成30年2月8日(木曜日)

☆平成30年2月23日(金曜日)

 

ところ 文化保健センター

※★は教育センター、☆は生石研修センター

無料託児 ◎の午前中

※要予約。6カ月から就学前の27人まで

健診料金

●集団A 無料 ※有料で貧血検査、心電図、眼底検査、各種がん検診等を追加受診できます。

●集団B 「基本項目」プラス「詳細項目(心電図、眼底検査、血液検査)」セット 2,000円

※有料で各種がん検診等を追加受診できます。

持ち物 特定健康診査受診券(オレンジ色)

申込方法 電話で保健センター(電話443-3936)まで

※健診結果は、健診機関からお渡しします。

 

胃がんリスク・子宮がん・大腸がん・乳がん検診受診費用の助成

国保医療課国保給付係 電話443-9020

受診前に国保医療課で助成券の申請をしてください。

 

受診期間 6月1日(木曜日)から平成30年3月31日(土曜日)

対象 次の要件を満たす人

◇申請日現在、高砂市国民健康保険に6カ月以上継続加入し、胃がんリスク検診(ABC検診)・大腸がん検診・乳がん検診は40歳以上、子宮がん検診は20歳以上(75歳になる人は誕生日の前日までに受診)

◇国民健康保険料の完納世帯

※集団A・Bの受診者と受診予定者を除く。

※平成26から28年度に胃がんリスク検診を受診した人と、過去にピロリ菌の除菌をした人を除く。

※平成28年度に子宮がん検診・乳がん検診を受診した人を除く。

申込方法 国民健康保険被保険者証と健康お守りカードを持参し、国保給付係まで

受診方法 助成券申請後、指定医療機関へ直接電話で申し込み、検診日当日は保険証と助成券を持参してください。

検診場所 指定医療機関は「保健センターだより」をご覧ください。

※助成券は集団検診(集団A・B)では使用できません。

 

●胃がんリスク検診(ABC検診)

検査内容 血液検査(ピロリ菌検査、ペプシノゲン検査)

定員 300人

検査料 1,500円(全額助成)

 

●子宮がん検診

検査内容 細胞診

定員 330人

検査料

◇頚部細胞診 1,700円(全額助成)

◇頚部・体部細胞診 2,500円(全額助成)

※ 体部細胞診は、6カ月以内に不正出血があったなど、医師が認める人

 

●大腸がん検診

検査内容 便潜血反応検査(2日法)

定員 300人

検査料 700円(全額助成)

 

●乳がん検診

検査内容 視触診・マンモグラフィ併用

定員 200人

検査料 3,400円(全額助成)

 

福祉医療費助成制度の改正

国保医療課医療係 電話443-9021

7月から県の制度見直しにより、現行の老人医療費助成事業を廃止し、高齢期移行助成事業を創設します。

※現行の老人医療費助成事業の対象者は、70歳になるまで現行の負担割合・負担限度額になります。

※障害者医療・高齢重度障害者医療・乳幼児等医療・母子家庭等医療の制度改正はありません。

 

老人医療費助成事業から高齢期移行助成事業へ

事業名 高齢期移行

対象年齢 昭和27年7月1日以降生まれの65歳以上70歳未満

区分Ⅰ

要件 市民税非課税世帯で、本人の年金収入80万円以下かつ所得なし

一部負担金 2割

負担限度額 外来 8,000円  外来たす入院 15,000円

 

区分Ⅱ

要件 ・市民税非課税世帯で、本人の年金収入たすその他の所得が80万円以下

・要介護度2以上

一部負担金 2割

負担限度額 外来 12,000円  外来たす入院 35,400円

 

※昭和22年7月2日から昭和27年6月30日生まれで現行の老人医療費助成事業の対象者は、70歳になるまで要件・一部負担金・負担限度額が継続されます。

 

 < 目次へもどる>

 

美化センターからのお知らせ

生活環境影響調査の告示・縦覧 業務施設課 電話447-1760

「高砂市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続に関する条例(平成10年条例第27号)」に基づき、調査書の告示・縦覧を実施します。

縦覧期間 6月26日(月曜日)から7月25日(火曜日)

縦覧内容 高砂市一般廃棄物最終処分場変更に係る生活環境影響調査書

縦覧場所 美化センター、環境政策課、情報公開コーナー、各市民サービスコーナー・市民コーナー

 

意見書の提出

期間 7月26日(水曜日)から8月8日(火曜日)

提出先 業務施設課

※生活環境影響調査は、廃棄物処理法で実施することが義務付けられています。最終処分場の変更工事を実施するにあたり、周辺地域の生活環境に及ぼす影響をあらかじめ調査し、その結果に基づいて地域ごとの生活環境に配慮した対策を検討するために行う調査です。

 

電動式生ごみ処理機の購入費助成  計画管理課 電話448-5260

電動式生ごみ処理機を使用すれば、『生ごみの減量』と『リサイクル(生ごみの堆肥化で、家庭菜園などの有機質肥料)』に大変有効です。

また、ごみ出しの手間が減るなど、次のような効果もあります。

(1)キッチンがいつも清潔

(2)生ごみの臭いが抑制できる

(3)ごみ汁が垂れる心配がない

(4)ごみの日までの生ごみの置き場所に困らない

(5)ごみ置き場に持っていくのが楽

 

対象者 市内在住で市税を滞納していない人 ※事業者は対象外

対象機器

◇家庭用として市販されている電動式生ごみ処理機 ※ディスポーザは対象外

◇平成28年4月以降に購入したもの

助成金額 購入金額の半額 ※税抜き・千円未満の端数切捨て・上限3万円

助成台数 30台 ※平成28年度実績11台

申請期間 5月1日(月曜日)から平成30年3月30日(金曜日)

受付場所 計画管理課

必要書類 申請書兼請求書、領収書、保証書、住民票、市税の完納証明書

※申請書は、計画管理課、本庁舎正面受付、各市民サービスコーナー・市民コーナーにあります。

 

雑がみリサイクル袋を無料配布 計画管理課 電話448-5260

対象者 市内在住の人 ※事業者は対象外

配布場所 計画管理課、本庁舎正面受付、各市民サービスコーナー・市民コーナー

※配布枚数に限りがあります。(1世帯2枚程度)

 

 

広域ごみ処理施設建設推進室からのお知らせ 広域ごみ処理施設建設推進室 電話448-8766

都市計画(ごみ焼却場・処理場)の変更に係る説明会

広域ごみ処理施設の設置に係る都市計画変更案の作成にあたり説明会を開催します。説明会で都市計画変更案に対しての意見や質問ができます。

とき 7月12日(水曜) 18時30分から20時

ところ 南庁舎5階大会議室

対象 2市2町(高砂市、加古川市、稲美町、播磨町)に在住または在勤の人

変更対象

◇梅井6丁目815番地

◇梅井6丁目821番地

 

 

加古郡リサイクルプラザ体験教室 加古郡リサイクルプラザ 電話437-7671

美化センター解体工事に伴い、リサイクル啓発講座が開催できません。加古郡リサイクルプラザで開催している体験教室に高砂市民も参加できます。

ところ 加古郡リサイクルプラザ(加古郡播磨町新島60番地)

申込方法 電話で加古郡リサイクルプラザまで(受付9から16時)

※各教室の開催時間は、いずれも9時30分から12時、13時30分から16時

 

トンボ玉教室

とき 6月3日(土曜日)、4日(日曜日)

内容 ガラス棒をバーナーで溶かしてトンボ玉作り

対象 小学4年生以上

定員 各4人

参加費 600円(2個分) ※模様玉と金具類に、別途実費が必要です。

 

ガラスのリメイク教室

とき 6月10日(土曜日)、11日(日曜日)

内容 熱で柔らかくしたガラスびんでコップ作り ※作品は後日引き渡し

対象 小学4年生以上

定員 各4人

参加費 600円

 

ガラスの写真立て作り

とき 6月17日(土曜日)、18日(日曜日)

内容 板ガラスの上に色ガラスを使って模様づけ ※作品は後日引き渡し

対象 小学生以上 ※低学年は保護者同伴

定員 各8人

参加費 1,200円

 

 < 目次へもどる>

 

6月の相談

市民相談

内容 市民の日常生活の諸問題に関する相談

とき 月曜日から金曜日 8時30分から12時、13時から17時

ところ 本庁舎1階 市民相談室:市民活動推進課

問い合わせ先 市民活動推進課 電話443-9002

 

法律相談

内容 法律的な解釈が必要な生活上の問題についての相談

とき 6月5日(月曜日)・14日(水曜日)・26日(月曜日) 13時から16時 ※当日に電話受付8時30分から12時(定員8人)

ところ 本庁舎1階 市民相談室

問い合わせ先 市民活動推進課 電話443-9002

 

行政相談

内容 国・県に対する要望、苦情などの相談

とき 6月20日(火曜日) 13時から15時

ところ 本庁舎1階 市民相談室

問い合わせ先 市民活動推進課 電話443-9002

 

行政書士相談

内容 遺言書、契約書、許認可申請などの書き方や相続手続きなどの相談

とき 6月12日(月曜日) 13時から15時

ところ 本庁舎1階 市民相談室

問い合わせ先 市民活動推進課 電話443-9002

 

税務相談

内容 税理士が税務の入り口をアドバイス

とき 6月6日(火曜日)・13日(火曜日)・20日(火曜日)・27日(火曜日)

13時30分から16時30分 ※要予約

ところ 加古川税理士会館

問い合わせ先 近畿税理士会加古川支部 電話421-1144

 

夜間納付相談

内容 国民健康保険料、後期高齢者医療保険料の納付相談

とき 6月8日(木曜日)・22日(木曜日) から19時

ところ 本庁舎1階 国保医療課(9番)

問い合わせ先 国保医療課 電話443-9072

 

消費生活相談

内容 消費生活に関する相談

とき 月曜日から金曜日 9時から12時、13時から16時

ところ 本庁舎3階 消費生活センター

問い合わせ先 消費生活センター 電話443-9078

 

多重債務相談

内容 消費者金融やクレジットなどの多重債務に関する相談

とき 月曜日から金曜日 9時から12時、13時から16時

ところ 本庁舎3階 消費生活センター

問い合わせ先 消費生活センター 電話443-9078

 

ひとり親家庭相談

内容 仕事や資格、生活のさまざまな悩みごとの相談

とき 月曜日から金曜日 9時から17時 ※ 夜間相談(要予約) 17時から19時

ところ 西庁舎2階 子育て支援課

問い合わせ先 子育て支援課 電話443-9024

 

こどもホットライン

内容 家庭環境や、子育てについての相談

とき 月曜日から金曜日 9時から17時

ところ 西庁舎2階 子育て支援課

問い合わせ先 子育て支援課 電話442-2260

 

子育て相談

内容 臨床心理士による個別相談

とき 6月16日(金曜日)・23日(金曜日) 13時から15時30分 ※要予約(定員3人)

ところ 西庁舎2階 子育て支援課

問い合わせ先 子育て支援課 電話442-2260

 

保育施設利用者支援相談

内容 保育施設利用に関する相談や一時預かりなどの情報提供

とき 月曜日から金曜日 9時から12時、13時から17時

ところ 西庁舎2階 幼児保育課

問い合わせ先 幼児保育課 電話443-9025

 

少年相談

内容 非行、いじめ、虐待などの問題行動に関する相談

とき 月曜日から金曜日 9時から12時、13時から16時

ところ 西庁舎4階 青少年センター

問い合わせ先 青少年センター 電話443-6246

 

教育相談

内容 不登校、友人関係、親子関係などに関する相談

とき 月曜日から金曜日 9時から16時 ※面談(要予約)は13時から16時

ところ 教育センター

問い合わせ先 のびのび教室 電話490-4001

 

人権相談

内容 名誉、差別、私的制裁、嫌がらせ、いじめなど人権に関わる相談

とき 6月1日(木曜日)・26日(月曜日) 13時から15時

ところ 中央公民館

問い合わせ先 人権推進室 電話443-9060

 

身体障がい者相談

内容 当事者・家族による障がい者(児)の日常生活における相談

とき 6月4日(日曜日) 13時から15時

ところ ユーアイ帆っとセンター

問い合わせ先 障がい・地域福祉課 電話443-9027

 

知的障がい者相談

内容 当事者・家族による障がい者(児)の日常生活における相談

とき 6月6日(火曜日) 10時から12時

ところ 高砂育成寮

問い合わせ先 障がい・地域福祉課 電話443-9027

 

こころのサポート相談(精神障がい者相談)

内容 県委嘱相談員による障がい者(児)の日常生活における相談

とき 6月12日(月曜日) 14時から16時

ところ ユーアイ帆っとセンター

問い合わせ先 障がい・地域福祉課 電話443-9027

 

障がい者相談事業

内容 身体・知的・精神障がい者に関する専門員による相談

とき (身体)水曜日 (知的)木曜日 (精神)月曜日 ※いずれも10時から12時 要予約

ところ 西庁舎1階 相談室

問い合わせ先 障がい・地域福祉課 電話443-9027

 

生活困窮者相談

内容 仕事や健康、暮らしの困りごとに関する相談

とき 月曜日から金曜日 8時30分から12時、13時から17時

ところ 西庁舎1階 障がい・地域福祉課

問い合わせ先 障がい・地域福祉課 電話443-9027

 

高齢者の介護と福祉の相談

内容 高齢者やその家族の介護や生活などに関する相談

とき 月曜日から金曜日 9時から17時

ところ ユーアイ帆っとセンター

問い合わせ先 地域包括支援センター 電話443-3723

 

あたまの健康チェック

内容 対話形式の記憶力チェック(市内在住の65歳以上の人)

とき 6月20日(火曜日) 10時から、11時から、13時から、14時から、15時から ※各1人

ところ ユーアイ帆っとセンター

問い合わせ先 地域包括支援センター 電話443-3723

 

女性のためのこころの相談

内容 女性が抱えるさまざまな問題についての相談

とき 月曜日から金曜日 9時30分から12時、13時から16時 ※電話相談・面接相談(要予約)

ところ 西庁舎4階 相談室

問い合わせ先 男女共同参画センター 電話443-9134

 

女性のための法律相談

内容 女性の弁護士による法律相談(事前にこころの相談を受けた人)

とき 6月26日(月曜日) 13時から16時 ※要予約(定員6人)

ところ 西庁舎4階 相談室

問い合わせ先 男女共同参画センター 電話443-9134

 

市民福祉相談

内容 福祉全般に関する相談

とき 月曜日から金曜日 9時から16時

ところ ユーアイ帆っとセンター

問い合わせ先 社会福祉協議会 電話443-3720

 

若者しごと相談

内容 おおむね39歳以下の人の仕事探しに関する相談

とき 第2・4水曜日 13時から17時

ところ 生石研修センター

問い合わせ先 若者しごと相談室 電話447-8280

 

中小企業相談

内容 税務・労務・創業などの経営相談

とき 月曜日から金曜日 9時から17時 ※要予約

ところ 高砂商工会議所

問い合わせ先 中小企業振興部 電話443-0500

 

中小企業特別融資相談

内容 中小企業融資についての相談

とき 月曜日から金曜日 8時30分から17時

ところ 本庁舎3階 産業振興課

問い合わせ先 産業振興課 電話443-9030

 

成人健康相談

内容 保健師、栄養士による健康相談

とき 月曜日から金曜日 8時30分から17時

ところ 文化保健センター

問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

 

専門栄養相談

内容 管理栄養士による専門的な栄養相談

とき 6月21日(水曜日) 9時30分から11時30分

ところ 加古川健康福祉事務所

問い合わせ先 健康管理課 電話422-0002

 

エイズ・肝炎ウイルス検査相談

内容 無料、匿名で行う血液検査(一部有料)

とき 6月14日(水曜日)・28日(水曜日) 9時10分から10時35分 ※要予約

ところ 加古川健康福祉事務所

問い合わせ先 健康管理課 電話422-0002

 

こころのケア相談

内容 精神科医師による個別相談

とき 6月12日(月曜日)・26日(月曜日) 13時から14時 ※要予約

ところ 加古川健康福祉事務所

問い合わせ先 地域保健課 電話422-0003

 

 

6月の健診・相談

ひだまりサロン

内容 妊産婦、1歳未満の乳児と保護者を対象にした相談 テーマ「おくちの中をのぞいてみよう」

とき 6月29日(木曜日) 10時から11時30分 ※受付9時30分から

ところ 文化保健センター

問合先 保健センター 電話443-3936

 

乳児保健相談

内容 平成29年2月生まれの乳児を対象にした健診・相談 ※個別通知しています。

とき 6月16日(金曜日) 12時30分から ※受付12時30分から13時30分

ところ 文化保健センター

問合先 保健センター 電話443-3936

 

10カ月児健診

内容 平成28年9月生まれの乳児に個別通知します。 ※要予約

とき 満10カ月時に健診

ところ 市内実施医療機関

問合先 保健センター 電話443-3936

 

1歳6カ月児健診

内容 平成27年11月生まれの幼児を対象にした健診・相談 ※個別通知しています。

とき 6月2日(金曜日) 12時30分から ※受付12時30分から13時30分

ところ 文化保健センター

問合先 保健センター 電話443-3936

 

3歳児健診

内容 平成26年3月生まれの幼児を対象にした健診・相談 ※個別通知しています。

とき 6月9日(金曜日) 12時30分から ※受付12時30分から13時30分

ところ 文化保健センター

問合先 保健センター 電話443-3936

 

 

6月の救急医

内科・小児科・外科・耳鼻咽喉科 

4日

松本医院

科目 内科

住所 伊保3丁目

電話番号 447-0341

 

伴内科医院

科目 内科

住所 加古川市米田町平津

電話番号 434-6711

 

中村整形外科

科目 外科

住所 北浜町西浜

電話番号 079-254-5533

 

やぎ整形外科クリニック

科目 外科

住所 加古川市加古川町寺家町

電話番号 427-8008

 

あだちこども診療所

科目 小児科

住所 加古川市加古川町美乃利

電話番号 423-2567

 

浜本整形外科耳鼻咽喉科

科目 耳鼻咽喉科

住所 明石市大久保町大久保町

電話番号 078-935-5011

 

11日

秋山内科医院

科目 内科

住所 末広町

電話番号 444-0770

 

河合医院

科目 内科

住所 播磨町野添城3丁目

電話番号 078-941-2255

 

かとうクリニック

科目 外科

住所 米田町島

電話番号 433-2203

 

後藤整形外科

科目 外科

住所 加古川市神野町石守

電話番号 426-2880

 

伴小児科クリニック

科目 小児科

住所 加古川市米田町平津

電話番号 432-2558

 

山根耳鼻咽喉科医院

科目 耳鼻咽喉科

住所 加古川市神野町石守

電話番号 456-6000

 

18日

飯尾医院

科目 内科

住所 米田町島

電話番号 431-0770

 

まつもとクリニック

科目 内科

住所 播磨町北本荘7丁目

電話番号 437-5152

 

高砂西部病院

科目 外科

住所 中筋1丁目

電話番号 447-0100

 

あきもとクリニック

科目 外科

住所 加古川市野口町北野

電話番号 426-2252

 

みなとがわこどもクリニック

科目 小児科

住所 加古川市平岡町新在家

電話番号 456-0530

 

丹家医院

科目 耳鼻咽喉科

住所 明石市大明石町2丁目

電話番号 078-911-5125

 

25日

おおた内科クリニック

科目 内科

住所 播磨町北野添2丁目

電話番号 078-942-3355

 

ノザキクリニック

科目 内科

住所 加古川市別府町別府

電話番号 437-7161

 

市民病院

科目 外科

住所 荒井町紙町

電話番号 442-3981

 

河合外科胃腸科

科目 外科

住所 加古川市平岡町中野

電話番号 435-8800

 

市民病院

科目 小児科

住所 井町紙町

電話番号 442-3981

 

山村耳鼻咽喉科医院

科目 耳鼻咽喉科

住所 加古川市加古川町溝之口

電話番号 422-2829

 

診療時間

【内科・外科】9時から18時

【耳鼻咽喉科】◇高砂市・加古川市・稲美町・播磨町 9時から18時

       ◇明石市 9時から17時

※変更される場合がありますので、事前に各医療機関までお問い合わせください。

 

 

歯科・眼科(日曜日・祝日・休日・年末年始)

加古川歯科保健センター

科目 歯科

住所 加古川市米田町船頭5−1

電話番号 431-6060

 

姫路市休日・夜間急病センター

科目 眼科

住所 姫路市西今宿3丁目7−21

電話番号 079-298-0119

 

診療時間

【歯科】9時から12時(受付11時30分まで) 13時から17時(受付16時まで)

【眼科】9時から18時(受付8時30分から17時30分)

※受付時間内に来院して下さい。

 

内科・小児科(夜間)

加古川夜間急病センター

科目 内科

住所 加古川市米田町船頭5-1

電話番号 431-8051

 

加古川夜間急病センター

科目 小児科

住所 加古川市米田町船頭5-1

電話番号 431-8051

 

診療時間

【内科】 21時から6時

【小児科】21時から24時

※詳しくは、新聞・高砂市医師会ホームページをご覧ください。

 

 < 目次へもどる>

 

波賀不動滝公園 楓香荘

夏は魚のつかみ取り、川遊び、バーベキュー、秋は登山、紅葉狩り、冬はスキーなど一年中楽しみがいっぱい

さあ、自然との触れ合いを求めて、気の合った友人やご家族でお越しください

 

問合先

波賀不動滝公園 楓香荘 本館サイクリングターミナル 別館高砂の家

宍粟市波賀町原625

電話0790-75-2355 FAX0790-75-2356

 

利用案内

利用時間 

◇休憩 11時から15時

◇宿泊 15時から翌日10時

休館日 不定休

食事代(税込)

◇朝食 大人900円 子ども700円

◇夕食 2,200円から

※ご予算によって会席料理・バーベキュー・鍋料理(冬季限定)もご用意します。

予約 利用日の3カ月前から受け付けします。

無料送迎バスが利用できます

◇5人以上の宿泊団体

◇10人以上で4,500円以上のコースご予約の日帰り団体

※道の駅に立ち寄ります。

 

日帰りプラン

お食事、温泉、カラオケ、部屋代、配膳料がセットになったお得なプラン

“9月・10月限定”お得な日帰り「シルバープラン」

60歳以上の高齢者を含む10人以上の団体でお申し込みの場合1人3,500円コース、1人4,800円コースでお楽しみいただけます。

※土曜日・日曜日、祝前日は、右記料金より500円増となります。

うれしい特典

◇温泉入浴券付

◇カラオケ無料

◇部屋代、配膳料無料

◇ミニケーキセット付

 

宿泊

宿泊料金(税込)

◇特別室 大人5,700円 子ども4,700円

◇和室 大人4,700円 子ども3,700円

※土曜日、祝日前日は、右記宿泊料金より1,000円増となります。

※お盆期間、お正月期間は特別料金となります。

宿泊特典

◇売店商品5パーセント割引券

◇コーヒー、紅茶、ソフトクリームいずれか100円引券

※高砂市民は、宿泊料金500円引(運転免許証、健康保険証などが必要)

  

宿泊料金の助成

助成金額 1泊につき1,000円

対象

◇65歳以上の人

◇65歳未満で老人クラブに加入している人

◇身体障害者手帳1から4級、療育手帳A・B1、精神障害者保健福祉手帳1・2級所持者

申込方法 宿泊当日に運転免許証、健康保険証、身体障害者手帳、療育手帳など確認できるものを持参してください。

問合先 高年介護課 電話443-9026 障がい・地域福祉課 電話443-9027

 

 < 目次へもどる>

 

マイタウン4・5月のスナップ

交通安全教室

▼5月1日(月曜日)、米田幼稚園で交通安全教室が開催されました。信号の見方や横断歩道の安全な渡り方などを学び、交通安全への意識を高めました。

 

「看護の日」のイベント

▼5月12日(金曜日)、「看護の心をみんなの心に」をテーマに市民病院で開催しました。血圧や体脂肪の測定、健康相談、介護用品の展示などを行いました。

 

高砂こども狂言ワークショップ

▼5月16日(火曜日)、阿弥陀こども園・正蓮寺こども園・聖パウロこども園の5歳児が狂言について学びました。言葉やしぐさによって表現する狂言は、子どもたちにもわかりやすく、楽しく古典芸能に触れる機会となりました。

 

第1回新庁舎市民ミーティング開催

▼4月22日(土曜日)、「集いたくなる庁舎」をテーマに開催しました。

こんな庁舎になったら人が集まるのではということを「市民として」「団体として」「個人として」という3つの視点で考え、アイディアを色とりどりの付箋に書いて模造紙に貼り、議論を深めました。最後は、各グループでアイディアをまとめ、代表して若手職員が他のグループを回り発表。初めは、皆さん硬い表情でしたが、話し合いが進むにつれて、会話が弾み笑顔が増え、有意義なミーティングとなりました。

 

 < 目次へもどる>

 

企画総務部 秘書広報広聴室 広報広聴担当

郵便番号:676-8501

住所:兵庫県高砂市荒井町千鳥1丁目1番1号

電話442-2101(代表) FAX442-3193

http://www.city.takasago.lg.jp

 

広報たかさごは再生紙を使用しています。