郷土に学び未来を拓く - 生活文化都市 高砂 - 

智慧・工夫・行動

『創』、『礎』、『拓』、『協』、『奏』、『展』、『興』、『悠』に続き、今年は『智』をテーマに

昨年は力強いご支援を賜り、三期目の市政を担わせていただくこととなりました。
8年間の延長ではなく、心機一転、新しい気持ちで取り組んでまいりました。そして「悠」をテーマに、まちに笑顔と活力があふれ、まちの姿を変える事業を進めてまいりました。

今年のキーワードは「智(ち)」としました。「智」は物事の核心を捉え、正しく知り理解することを表します。高砂の「智」を結集して、智慧と工夫を生み出し、行動してまいります。市民の皆様をはじめ、団体、事業者などあらゆる主体との協働を基盤とし、高砂市の福祉力、教育力、安全力、文化力、活力を総合的に高める施策を実施し、「市民満足度の高い 新しいたかさご」を創ってまいります。

平成29年1月 

 

氏名

 登 幸人(のぼり ゆきひと)

生年月日

 昭和25年12月20日

最終学歴

 神戸商科大学商経学部

略歴

 昭和48年4月 高砂市に奉職

 平成17年4月 健康市民部長

 平成18年4月 市民病院事務局長

 平成18年11月 企画総務部参事

 平成19年1月1日 高砂市助役

 平成19年4月1日 高砂市副市長

 平成20年4月13日より 現職(第16代高砂市長)

政治理念

 「公平公正を第一とし、市民目線、市民起点の運営」

信条 

 「何事にも正面から真心をもって」

趣味 

 読書 ・ 旅行