地籍調査の概要

  地籍調査とは、1筆ごとの土地について、その所有者や地番、地目の調査並びに境界および面積に関する測量を行い、その結果を地図および簿冊に作成するものです(土地の数え方は、1筆、2筆・・と、「筆」という単位で数えます)。

 現在、法務局に備え付けられている地籍調査未実施地区の地図(古い公図(字限図))は、明治時代に作成されたもので、これらの地図は精度も低く、その上、長い年月の経過により、土地によっては、地図と現地の位置・形状が必ずしも一致しないものもあります(下の図1)。

 そのため、当該地区においては、土地・建物の売買などの不動産取引、あるいは不動産の表示に関する登記申請等に支障を生じています。

 そこで、これらの問題を解決するために、土地の1筆ごとの境界を確認し、正確な測量を行い、現地と一致する精度の高い地図を作成します(下の図2)。

明治時代に作成された古い公図(字限図) 

図1 明治時代に作成され、法務局に備え付けられている古い公図(字限図)

地籍調査で作成された精度の高い公図(地籍図)

図2 地籍調査で作成された、精度の高い公図(地籍図)

高砂市における地籍調査のあらまし 

  国土の開発および保全並びにその利用の高度化に資するとともに、あわせて地籍の明確化を図るため、国土の実態を科学的かつ総合的に調査することを目的とし、昭和26年に国土調査法が制定されました。

  高砂市でも、昭和39年から地籍調査を実施いたしました。

  • 昭和39年度  北浜町(北脇、西浜)
  • 昭和40年度  米田町(塩市、島、神爪)
  • 昭和41年度  米田町(米田、米田新、古新)
  • 昭和42年度 北浜町(牛谷)
  • 昭和43年度 曽根町
  • 昭和45年度 伊保町(今市、中島)
  • 昭和46年度 伊保町(伊保崎)
  • 昭和49年度 伊保町(梅井)
  • 昭和50年度 時光寺町、春日野町、中筋1丁目から5丁目
  • 昭和51年度 阿弥陀町(南池、生石、魚橋)
  • 昭和52年度 阿弥陀町(魚橋)
  • 昭和54年度 阿弥陀町(阿弥陀、北山、長尾、地徳)
  • 昭和56年度 阿弥陀町(阿弥陀、阿弥陀1丁目、北池)
  • 昭和57年度 荒井町(小松原1丁目から5丁目、若宮町、御旅2丁目、千鳥1丁目、3丁    目、新浜1丁目)
  • 昭和59年度 荒井町(新浜2丁目)
  • 昭和61年度 荒井町(千鳥2丁目、扇町、中町、紙町、御旅1丁目、日之出町、南栄町、東本町)
  • 昭和63年度 高砂町(相生町、沖浜町、宮前町)
  • 平成2年度   高砂町(向島町、藍屋町)
  • 平成7年度    西畑1丁目から4丁目
  • 平成9年度   高砂町(鍛冶屋町、北渡海町、細工町、次郎助町、東農人町、北本町、栄町、横町、農人町、朝日町2丁目から3丁目、浜田町1丁目から2丁目)
  • 平成11年度 高砂町(大工町、狩網町、釣舟町、南渡海町、魚町、鍵町、農人町、南本町、宮前町、横町)
  • 平成12年度 高砂町(南材木町、戎町、西宮町、東宮町、南浜町、宮前町)
  • 平成15年度 高砂町(今津町、材木町、田町、猟師町、魚町、戎町、北本町、船頭町、東宮町、南浜町、南本町、西宮町)
  • 平成18年度 高砂町(高瀬町、清水町、東浜町、藍屋町、北本町、栄町、船頭町、朝日町3丁目)
  • 平成20年度 高砂町(松波町)
  • 平成22年度 高砂町(浜田町2丁目)
  • 平成23年度 高砂町(浜田町2丁目、栄町、農人町)
  • 平成24年度 高砂町(鍵町、農人町、木曽町)
  • 平成25年度 高砂町(木曽町)

 上記の町名は地籍調査実施時点での町名ですので、現在の町名と異なる場合があります。同じ町であっても、場所によって調査実施年度が異なる場合もあります。また、地籍調査事業以外の土地に関する事業(土地区画整理事業や土地改良事業)の実施地区や、山林は、地籍調査の対象外です。

 地籍調査の実施地区について詳しくお知りになりたい方は、市まちづくり部管理課道路係までお問い合わせ下さい。

地籍調査が終わった後は?

  地籍調査が完了し、成果が法務局へ送られると、それぞれの土地の登記面積が、地籍調査における測量で求められた新しい面積に書き換えられます。

  また、土地の所有者の方の現住所と土地登記簿記載の住所が異なる場合、土地登記簿記載の住所も、新しい住所に書き換えることができます(但し、土地の境界確認の際か、閲覧の際に住所が変更になったことをお申し出いただくことが必要です)。

地籍調査の効果は?

    地籍調査を行うと主に次のような効果があります。

  • 土地の境界が明確になり、皆さんの財産(土地)が保全されるとともに、土地取引の円滑化に役立ちます。
  • 境界争いなど土地にかかるトラブルの未然防止に役立ちます。
  • 災害が起きた場合でも、境界を復元することができ、復旧作業を円滑に進めることができます。
  • 土地一筆ごとの状況が把握され、税の適正化に役立ちます。  

地籍図が見たい時や、地籍図のコピーが欲しい時は?

  地籍調査完了後の地籍図は、神戸地方法務局加古川支局で写しの交付を受けられます(有料)。

  詳しくは、神戸地方法務局加古川支局(079-424-3555)へお問い合わせ下さい。

     神戸地方法務局のホームページはこちら

土地の境界に関するトラブルが起こったら?

  土地の境界に関するトラブルでお困りの場合は、下記までお問い合わせ下さい。

  • 神戸地方法務局加古川支局(079-424-3555)
  • お近くの土地家屋調査士  

     兵庫県土地家屋調査士会のホームページはこちら

  • 境界問題相談センターひょうご(078-341-8280)

           境界問題相談センターひょうごのホームページはこちら