憲法学の権威、気骨の法学者

 

写真 美濃部達吉 明治6年(1873年)高砂町に生まれました。幼少のころより神童と呼ばれ、東京帝国大学法学部を卒業後、東大教授として憲法を講じています。その後、達吉の論じた「天皇機関説」が問題となり、著書「憲法撮要」などが発売中止となり、その後、公職を退かざるを得なくなりました。しかし、敗戦後、憲法改正の際には顧問として活躍し、新憲法の研究を重ね、次々と著書を執筆しました。

 

 

 

 

 

 

写真 文庫 現在、高砂公民館には、「美濃部親子文庫」が残され、達吉、亮吉の功績を知ることができます。