高砂市では、下水道事業を行うのに必要なお金を特別会計予算を組んで執行しています。

 

下水道の整備に必要な建設費と下水道管やきれいな水にするための浄化センターの維持管理費の二つに分かれます。

 下水道の整備には巨額の建設資金が必要です。国からの補助金、国等からの借入金(地方債)、下水道の整備により利益を受ける土地所有者からの受益者負担金、市税(市費)等からまかなわれています。また、雨水処理の経費は、税金(市税)等でまかなわれています。汚水処理の経費は、下水管をしようしている使用者からの使用料でまかなうべきですが、現状ではずべてをまかなえないため、税金(市費)等からもまかなわれています。