多様化する住民ニーズに、より効果的・効率的に対応するため、公の施設の管理に民間の能力を活用しつつ、住民サービスの向上を図ることなどを目的に平成15年6月に地方自治法が改正され、公の施設(文教施設、基盤施設、レクリエーション・スポーツ施設、社会福祉施設、産業施設等住民の利用に供するために市が設けた施設)の管理が、従来の管理委託制度から指定管理者制度へ移行しました。

 本市では、平成18年4月から、順次公の施設を指定管理者制度に移行しています。指定管理者制度に移行した施設は以下のとおりです。

    指定管理者制度導入施設の経緯.pdf [114KB pdfファイル] 

   

文教施設
高砂市文化会館及び高砂市文化保健センター

  指定管理者  たかさご文化創造プロジェクト

  担当課  文化スポーツ課

  

高砂市青年の家

  指定管理者  シンコースポーツ株式会社

  担当課  生涯学習課

 

高砂市立図書館

  指定管理者  TRC高砂

  担当課  図書館 

 

基盤施設
高砂市都市公園及び高砂市市ノ池公園キャンプ場

  指定管理者  公益財団法人高砂市施設利用振興財団

  担当課  建設課

 

高砂市立斎場

  指定管理者  株式会社五輪

  担当課  環境政策課

 

高砂市駐車場

  指定管理者  株式会社ホープ

  担当課  管理課

 

レクリエーション・スポーツ施設
高砂市向島多目的球場

  指定管理者  シンコースポーツ株式会社

  担当課  文化スポーツ課

 

高砂市民プール

  指定管理者  シンコースポーツ株式会社

  担当課  文化スポーツ課

 

高砂市総合運動公園体育施設及び高砂市生石体育センター

  指定管理者  公益財団法人高砂市施設利用振興財団

  担当課  文化スポーツ課

 

社会福祉施設
高砂市ユーアイ福祉交流センター

  指定管理者  国際ライフパートナー株式会社

  担当課  障がい・地域福祉課

 

 

産業施設
高砂市勤労者総合福祉センター

  指定管理者  財団法人高砂市勤労福祉財団

  担当課  産業振興課