高砂市議会だより 第180号 平成27年新年号

2015年(平成27年)1月

表紙

平成26年10月6日付で文部科学大臣は「石の宝殿及び竜山石採石遺跡」を国の史跡に指定しました。 

目次

議長 新春あいさつ

会派別議員名簿

議会活動状況  

本会議開催状況

意見書と決議

委員会開催状況

寄附の禁止等に関する申合せ

 

発行

高砂市議会 高砂市荒井町千鳥1-1-1 Tel 079-443-9061

編集●市議会だより編集委員会

  

議長 新春あいさつ

 新年明けましておめでとうございます。
 市民の皆様には、ご健勝で希望に満ちた初春をお迎えのこととお喜び申し上げます。
 日頃より市議会に対しまして、深いご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 ご承知のとおり、昨年9月の改選により市民の信託を受けた3人の新人、1人の元職議員を含む21人の議員が誕生し、新たな体制の下に市議会がスタートしました。
 私ども市議会といたしましては、国の地方創生方針の中、地方の時代を先取りし、少子高齢化に見合った教育、福祉、医療等の充実した政策をより積極的に推し進め、市民が安全で安心な生活のできる魅力ある街づくりの実現に向けて取り組んでまいります。
 また、市民に開かれた議会を目指し、議会の機能強化と充実、運営の改善等を推進してまいります。
 今後とも市民の皆様にはより一層のご支援とご協力をお願い申し上げますとともに、本年も、市民の皆様にとって素晴らしい年になりますよう心からお祈り申し上げ、新年のごあいさつといたします。

 平成27年 元旦

高砂市議会議長 生嶋 洋一

 <目次にもどる> 

  

会派別議員名簿

 高砂市議会では公職選挙法の精神に基づき、自筆の答礼の場合を除き、年賀状を自粛しておりますので、本号をもってかえさせていただきます。

 高砂市議会の会派について、その名称と所属議員の氏名をお知らせします。

 ◎印は会派の代表者(幹事長)となっています。

新政会

◎今竹 大祐

 池本 晃

 北畑 徹也

 川端 宏明

 入江 正人

 藤森 誠

 生嶋 洋一

公明党

◎砂川 辰義

 迫川 高行

 森  秀樹

未来ネット

◎鈴木 利信

 木谷 勝郎

 北野 誠一郎

明風会

◎鷹尾 治久

 石﨑 徹

 島津 明香

日本共産党

◎大塚 好子

 坂辺 勝彦

民主クラブ

◎横山 義夫

 福元 昇

緑の党 グリーンズジャパン

 井奥 雅樹

 <目次にもどる>

 

議会活動状況

平成26年(1月1日から11月30日まで)

高砂市議会では、本会議、常任委員会及び各種機関が設けられ、活発に活動しています。
ここでは、昨年の市議会各機関の活動状況を簡単に表にまとめてみました。

 

本会議開催状況

会期と本会議日数を記載しています。

第1回臨時市議会

会期3日間
本会議日数2日

3月定例市議会 

会期28日間
本会議日数13日

6月定例市議会

会期10日間
本会議日数6日

第2回臨時市議会

会期3日間
本会議日数2日

第3回臨時市議会

会期1日間
本会議日数1日

9月定例市議会 

会期16日間
本会議日数8日

※12月定例市議会は12月8日から22日までの15日間開催予定(平成26年12月12日現在)

 <目次に戻る> 

 

意見書と決議

議決月日及び名称を記載しています。

6月19日

 海洋環境整備事業の充実と体制拡充を求める意見書

10月2日

 「手話言語法」制定を求める意見書

10月2日

 軽度外傷性脳損傷に関わる周知及び労災認定基準の改正などを要請する意見書

10月2日

 少人数学級の推進など定数改善、義務教育費国庫負担制度2分の1復元を求める意見書

 <目次に戻る>

 

各委員会等開催状況

名称、所管事項及び開催回数を記載しています。

※については所期の目的を達成したため廃止しました。 

総務常任委員会

 企画総務部、財務部、消防本部、監査委員、公平委員会、選挙管理委員会、会計室、工事検査
室及び市議会の所管に関する事項並びに他の所管に属さない事項を扱います。

 26回開催

文教厚生常任委員会

 健康文化部、福祉部、教育委員会及び市民病院の所管に関する事項を扱います。

 18回開催

建設環境経済常任委員会

 生活環境部、まちづくり部、治水対策室、下水道部、水道事業所及び農業委員会の所管に関する事項を扱います。

 24回開催

議会運営委員会

 議会の公正で円滑な運営のために、会期日程、議案などを協議します。 

 31回開催

広域ごみ処理施設対策特別委員会

 ごみ処理施設設置についての施設建設、広域化に係る周辺整備、その他諸課題について調査・研究を行います。

 13回開催

決算特別委員会

 一般会計、特別会計、企業会計について適切な予算執行が行われたかどうかを審査します。

 10回開催

※議会改革検討特別委員会 

 市民に開かれた議会、議会基本条例、議員定数及び議員報酬等、議会の機能強化、その他議会改革に係る諸課題について調査・研究を行います。

 8回開催

市議会だより編集委員会 

 「高砂市議会だより」を編集し、市民の皆様に市議会の活動をお知らせします。

 10回開催

会派代表者会議 

 正副議長を通じて、各会派の連絡、調整を行います。

 39回開催

 <目次に戻る>

  

寄附の禁止等に関する申合せ 

高砂市議会は、議会権威の高揚を図り、もって市民の信頼と負託に応えるため、寄附の禁止等について次のとおり申合せを行う。

1 議員は、改正公職選挙法の精神に基づき、清潔な議員活動の一層の徹底を図るため下記事項を遵守する。
(1) 各種団体等が行う会合等各種行事に対するお祝い、寸志、粗品、記念品、賛助金等の提供は行わない。
ただし、議員の出席に伴う実費相当額の負担はこの限りではない。
(2) 冠婚葬祭等各種慶弔行事に対する祝儀、香典、樒、供花、花輪、供物、盛物等の提供は行わない。
ただし、議員の出席に伴う実費相当額の負担はこの限りではない。
(3) 虚礼にわたる年賀状、暑中見舞状などによる時候のあいさつは行わない。
ただし、答礼のための自筆によるものを除く。
(4) 新聞、雑誌等への年賀・暑中見舞広告、賛助広告等及びこれに類するポスター類の掲示は行わない。
(5) 各種行事及び慶弔等にかかる電報及び電子郵便、メッセージ等は送らない。
ただし、政党、団体名は除く。
2 前項各号の事項は議員後援会及び関係団体の名において行う場合も同様とする。
3 本申合せの実効を期するため、積極的な広報活動を行い、市民の理解と協力を求める。
4 本申合せの実施の状況及び申合せの趣旨に反する行為について、議長は会派代表者会議で必要に応じ報告を聴取するとともに、協議の上必要な措置を講ずる。

平成2年2月8日 高砂市議会

 <目次に戻る>