「夢工房たかさご」魅力ある元気なまちづくり

 高砂市は、まち・ひと・しごと創生法に基づき、本市の人口の減少を克服するとともに、魅力ある元気なまちづくりの創造をめざし、人口の現状と将来の方向を示した「高砂市人口ビジョン」と、これを実現するための目標と施策を提示した「たかさご未来総合戦略」を策定し、平成27年9月25日に決定しました。

 ○概要版はこちら⇒概要版(人口ビジョン・総合戦略)[1310KB pdfファイル]    

 策定に際しては、総合政策審議会、市議会パブリックコメント、市民意見交換会、市民会議などを通じ、多くの方々からのご意見ご提案をいただきました。 (パブリックコメントの結果はこちら

地方創生(まち・ひと・しごと創生法第1条抜粋)

 我が国における急速な少子高齢化の進展に的確に対応し、人口の減少に歯止めをかけるとともに、東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれの地域で住みよい環境を確保して、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくために、国民一人一人が夢や希望を持ち、潤いのある豊かな生活を安心して営むことができる地域社会の形成、地域社会を担う個性豊かで多様な人材の確保及び地域における魅力ある多様な就業の機会を一体的に推進すること。

高砂市人口ビジョン

 高砂市人口ビジョンは、本市における人口の現状を分析し、人口に関する市民の認識を共有するとともに、めざすべき将来の人口の将来展望を提示するもので、たかさご未来総合戦略策定の基礎資料とするものです。

 この人口ビジョンにおける人口の将来展望の期間は、国の長期ビジョンの期間と整合させ、2060年までとします。

 将来人口の展望

      2020年(平成32年)人口 91,000人

      2040年(平成52年)人口 84,000人

      2060年(平成72年)人口 78,000人

 ◎高砂市人口ビジョンはこちら高砂市人口ビジョン [2258KB pdfファイル]    

たかさご未来総合戦略

 たかさご未来総合戦略は、人口減少の克服に向けて、活力ある高砂市であり続けるための効果的な地方創生の施策を実行するために策定しました。

 この総合戦略は、高砂市人口ビジョンを踏まえ、今後5年間の基本目標、施策の基本的方向、具体的な施策と客観的な指標を定めています。

 基本的な視点

   1)いま 暮らしている人が幸福感をもてるまちづくり

   2)これから 来たい、住みたいと思えるまちづくり

   3)ずっと 未来に夢がもてるまちづくり

 政策目標

   「夢工房たかさご」魅力ある元気なまちづくり

*夢工房たかさご…市に夢と希望を興し、市民の皆様の幸福感あふれるまちを実現させていくため、未来を創る新たな課題に正面から取り組み、確実に成果を残しながら、市の未来を興し、市の発展に寄与する取組を本市に関係する皆様とつながりながら行うこと。

 基本目標

   1)「ひと」の定着・還流・移住の流れを創ります

   2) 結婚・出産・子育ての「きぼう」をかなえる環境を創ります

   3) 産業の振興を図り、「しごと」を創ります

   4) 将来にわたって元気な「まち」を創ります 

 ◎たかさご未来総合戦略(本編)はこちらたかさご未来総合戦略 [3996KB pdfファイル]