策定の背景と目的

大規模な災害が発生した際、地方公共団体は、災害応急対策活動及び災害からの復旧・復興活動の主体として重要な役割を担うことになることに加え、災害時であっても継続して行わなければならない通常業務を抱えています。しかしながら、過去の大規模な地震災害では、業務継続に支障を及ぼす庁舎の被災や停電等により、初動対応の遅れや継続しなければならない業務を中断せざるを得ないなどの事例が見受けられました。

高砂市では、このような状況においても市民の皆さんの生命、身体及び財産等を保護するとともに市民生活の安定を図るため、非常時優先業務の選定や必要な資源の配分、対応方針を定めた「高砂市業務継続計画」を策定しました。

高砂市業務継続計画 概要版 [421KB pdfファイル]  

高砂市業務継続計画 [1109KB pdfファイル]