平成29年度に高砂市が行う基幹統計調査は次のとおりです。

この調査は全て国の行う基幹統計調査に関わるもので、調査結果は政策決定や各種計画立案の基礎資料として活用されます。

調査員が各種調査のため、訪問させていただくこともあるかと存じますが、御協力くださいますようお願い致します。 

工業統計調査

  工業統計調査は、工業の実態を明らかにし、工業に関する施策の基礎資料を得ることを目的にしています。

 

      経済産業省 工業統計調査

 

港湾統計調査 

  港湾の実態を明らかにし、港湾の開発、利用及び管理に資することを目的としています。

  港湾法に基づく重要港湾及び地方港湾の中から、港湾調査規則において甲種港湾又は乙種港湾に規定する港湾を対象に、入港船舶、船舶降人員及び海上出入貨物などに関連する事項を調査します。

  調査の集計結果は港湾計画の基礎資料や臨海道路建設の基礎資料に活用されています。

 

就業構造基本調査

  国民の就業および不就業の状態を調査し、全国及び地域別の就業構造に関する基礎資料を得ることを目的としています。

 

  総務省統計局 就業構造基本調査

 

住宅・土地統計調査単位区設定

  平成30年度の住宅・土地統計調査の実施に先立ち、平成30年2月1日現在で、平成27年度国勢調査の調査区から抽出した調査区において、本調査の対象となる単位区を設定することを目的としています。