高砂地区景観ガイドラインについて

高砂地区の景観を活かしながら、歴史的なまちと周辺の新しいまちが調和したまちづくりを進めていくために、景観の特性に併せて地区を3つに区分し、それぞれの地区ごとに建物の形や壁の色など一定のルールを設ける景観形成基準を定め、住民や事業者の方々のご協力を得ながら、その基準に沿った新築や増改築を進めて行きます。このガイドラインでは、高砂地区の景観まちづくりの基本的な考え方について解説し、その工夫の仕方について提案しています。